「NTT GROUP COLLECTION 2019」名古屋の吹上ホールへ行ってきました。

お目当ては
①小中学校の学習用端末の導入事例
(愛知県は全国ワースト1の整備率、そして長久手はそれよりさらに遅れています)
②文字起こし

丁寧に説明を受けることができました。



今回見学に向かった背景としては、10月の一般質問で、まずタブレットの増台を進めるとの答弁をいただきました。
しかし、国の整備台数の目標は3クラスに1クラス程度整備です、長久手市は遠い遠いところにいます。

まず増台と言ったのも5年以内に各学校40台?!
(聞き間違えかと思うほどです)
1校あたりのクラス数が一番少ない長久手中学は13クラス、一番多い市が洞小学校では36クラスもある。
つまり国整備目標3クラスに1クラスに一番近い長久手中学でも13クラスに1クラスの整備😲


NTT GROUP COLLECTION 2019では、

①遠隔会議の需要からか、数年前に学校で見た電子黒板よりずいぶん進んでいました。
上部のカメラが手を上げた子を捉え、その子の声を拾うようマイクが働く。
小中学校の学習用端末は丈夫さがスタンダード、その上、紹介いただいたものは、個々人の情報をクラウドで管理しているので何の端末からでも個人のフォームにアクセスできる。
これは、遠隔授業にも生かせるし、入院や不登校などで学校に出てこれない場合はその部屋から、クラスでの学びを一緒の時間にうけることができる。
端末はタブレット型ではなく、ノート型でしたが、画面とキーボードの可動部が360度回転、丈夫だそうです。
ノート1台あたりは定価で5万ほど、納入実績では3〜4万?。

文部科学省の情報セキュリティポリシーガイドラインが改定予定、学校の環境整備に自治体の責任は益々重くなってきます。


②文字起こしは、20名近い会議では難しそうな印象でした。(今日の環境がなのかもしれませんが)
1:1の電話受付やオペレーション業務をリアルタイムで文字にし、共有できるので、電話を受けた人によって対応スキルがあることを可視化しにくかったものが見えるようになり、業務改善できそうです。かかってきた電話でどのようなやりとりが行われたのか文字で残すことができるので画期的です。

他にも
○顔認識では、性別、年代の判定に加え、興味の具合?感情?も分析できるようで、驚きです。
カウンターを右手に交通調査などが行われていますが、この顔認識カメラに任せた方が正確で休憩要らず?!

○長久手のN-タク(実証実験したタクシー型のドアトゥードアの市内移動支援)に似た、会津若松市の自宅にバスが寄ってくれるサービス。地域生活支援ポータルのサービス。

○セキュリティ対策・御用聞きのリモート化。

・・・

興味深かったです。

コメントをして足跡を残す

中部電力テクノフェア2019

今日は緑区の中部電力技術開発本部を見学させていただきました。



技術の進歩はすごい!

使える!安い!面白い!とたくさんのブースを見ました。

刈谷市議の渡邊たえみ議員、阿久比町議の大村文俊議員にお骨おりいただき、会派の冨田えいじ議員と出かけました。
ありがとうございます😊

ドローンの活用、Google マップを基礎に、レーザービームを回転させて、体重計からメールを送って…
どれもこれも、今あるものを道具に一歩進んだ使い方が新鮮でした。


VRの体験は衝撃的、スタートレックのホロデッキのような感じ・・・。
子どもの頃の未来が手に届くところに来てる感じでした。

丁寧にご案内いただいた中部電力の職員様ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す

今日は、冨田えいじ議員のご紹介で会派の伊藤真規子議員と3人、名東区に本社のあるLIZMERITさんを訪問させていただきました。

LIZMERITさんは、家事代行・ベビーシッターサービスなど事業をしています。
内容については、メリットのホームページに丁寧に記載されています。

痒いところに手の届くサービス内容です。
ベビーシッターといっても子どもの人数分出費となったり、子どもは見てくれるけれど、料理や洗濯などの家事は頼めないところが多くありますが、孤独で負担を背負いがちなお母さんの手が増える感じのサービスです。

需要は多く、働くスタッフは若い方から70歳を超える方までが活躍されているそうです。

近頃は伝説の家政婦さんが本を出版されたり、キッコーマンのページでレシピ紹介をしたり活躍されていますが、メリットさんにもかなり凄腕のスタッフさんがいらっしゃるそうです。

家を美しく保つこと、毎食栄養を考え家族の好き嫌いも考えて料理を作ることは大仕事です。
気軽に利用できる金額ではありませんが、大変な時に笑顔になれる、女性の再就職先として色々な可能性を感じました。

長久手市には産前・産後ヘルパー派遣事業があります。
事業はできて終わりではないなとも感じました。

ありがとうございました。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

パジャマタイム

| 視察 | コメントくださいね♪

6月22日(土)

愛知からの女子、5人に増えました!
龍馬プロジェクトの総会で作家の竹久友理子さんと合流し、5人!


「舞浜からそう遠く無いよ」と言われても土地勘のない私はとにかく迷子にならないようについてついて行き有明駅へ。

ホテル入り口のカサブランカ


部屋は神谷なおこ高浜市議!が見つけてくれたもの。
海も見えて心が穏やかになる素敵なお部屋でした。

5人が一緒の部屋に泊まれたので、楽しいパジャマタイムを満喫しました。


朝は「ゆりかもめ」に乗り、市ヶ谷へ。

今回の勉強会は自費です。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

麹町中学校 視察

| 視察 | コメントくださいね♪

麹町中学校を訪問させていただきました。

きっかけは、12月議会に「夏休みの宿題が多い!これが子どものためになるのか?」と一般質問を行った後、
千代田区立麹町中学校長 工藤勇一先生の著書「学校のあたりまえをやめた」を読み工藤先生の取り組みに共感したことからです。

先週土曜日には西尾市で開かれた講演会にも出かけてきました。


6時間目を見学させていただきました。

ラッキーなことに茶道体験のクラスがありました。
お茶の先生、ボランティアの大人がお着物を着てクラスに入り、茶せんを使った抹茶のたてかた、お菓子の食べ方、お抹茶の飲み方を体験していました。

お菓子(節分の生菓子「厄払い」鶴屋八幡)については実費を家庭が負担しているそうですが、伝統文化を学ぶために、年間計画を立て、区の当初予算編成に間に合うように講師代などを要望し、予算確保をしているそうです。

学校図書館は、夕方まで開いています。(4時まで司書の方、それ以降5時半まで非常勤職員のかた)


お正月をテーマにした「百人一首」「神社への初詣」のコーナー


図書委員のオススメの本紹介

生徒さんたちの様子を見せていただく前、工藤先生が「ぱっと見、うちの学校の子たちはだらしない雰囲気ですよ」と前置きされましたが、同時に「しつけより大事なことがある」と子どもたちの工夫を応援する、安心できる空間づくりに注力されていました。


対立が生まれるのは当たり前。でも、その先の選択はどちら?
・明日から平和に暮らす
・とことんまで戦う

殴り合うようなケンカについては、生徒に伝えることは2つ。
・あなたたちの体は、相手に一生取り返しのつかないダメージを与えることができること。
・傷やダメージが残った場合、相手も苦しむけれど、自分も苦しむこと。


今年、生徒さんが「大人になって校長になりたい」と言ったそうです。

一緒に視察に参加したメンバーとも今回の学びを噛み締めたいと思います。

コメントをして足跡を残す