昨日から参加している「第1回地域共生社会推進全国サミット」2日目

分科会A「介護保険から地域共生社会へ」

特別講演「あなたがつくる地域共生社会」講師:山崎亮氏

分科会Aでは、地域包括ケアシステムをどのように現場に落としていくのかがとても参考になりました。

制度による支援だけでなく、年齢も能力も多様な地域が持つ力を生かした共生が、安心して暮らすことになるとのお話でした。

昼食時間はモリコロパーク地球市民交流センターで長久手の市民活動発表やお土産の販売が行われました。

絵手紙ブースで一文字作品を一つ、作らせていただきました。

午後、特別公演はモリコロパーク体育館で行われました。

特別公演の中で、長久手のように平均年齢の若い街で、「まざって暮らす」を目指すことが目新しく、楽しみだというお話がありました。

前からここに住む人にとっては、新しい人がどんどん増えて、田んぼや池や山の見慣れた風景に家が建ったけれど、誰が住んでいるのか知り合いでない危機感から生まれた政策だろうなぁと改めて思いました。

特別公演でメモした一言。

・デザインは楽しい!機能的でオシャレで使いやすものがデザイン。

・行政職員のできることは、職員がすれば良い。職員ができないことを市民のアイデア、実行力で進めていく必要が出てきた。そこから生まれたことに、職員は「すごい!」と言って応援すれば良い。

・空きスペースのシェア(部屋のシェア、車のシェア)怖がる人がいるが、ネットのいいね!でつながった人たちの評判は「いいねの数」で保証されている。

・20歳以上年下の友達がいる人は若い!若い人は20歳以上年上の友達を作るだけで社会貢献になる。年の差フレンズを増やす!

(会場が体育館だったせいか、講師の声が聞き取りにくかったです。)

ボランティアの方が「準備8割、本番2割!」の言葉もズシッとしました。

他から参加される人が、長久手を褒めてくれる2日間で、ちょっと嬉しい不思議な気持ちになりました。

北海道音更町さん、長崎県時津町さんなど遠くの方と交流させていただく機会になりました。

次の開催地は「秋田県湯沢市」、来年の開催になります!

コメントをして足跡を残す

長久手市で「第1回地域共生社会推進全国サミット」が開かれています。


「地方創生と地域共生社会」についてお話しいただいた徳之島の伊仙町の大久保明町長のお話はとっても刺激的で面白かったです。

[クイズ]2.81 なんの数字でしょう?


健康・長寿・子育ての町として、集落を残すことを大切に考え、学校を統廃合せず残すことも集落の拠り所を残すため。


町の紹介に子宝空港が出てきました。

向こうに見える山は「妊婦さん」に見えませんか。

先ほどのクイズ。

[答え]徳之島伊仙町の合計特殊出生率が2.81


講演会の後に伊仙町長とお話ししました。

写真は、長久手市大島市議、長久手市吉田市長、徳之島伊仙町大久保町長、私なかじま和代です。

誇り高い文明国家としてのお話は、地域活性化センター長 椎川忍氏がお話でした。



教育のあり方がカギを握ると言うお話、講演会の後の時間に質問しました。スッキリ!


写真は私と椎川忍氏。

ボランティアの方、市役所の職員さん、会場セットから案内までありがとうございました😊

コメントをして足跡を残す

昨日は、政治評論家の森田実氏をお招きして開かれた政経セミナーでした。

政経セミナーは1年に1回開かれ、女性局が諸々のお手伝いをすることになっています。


受付をしました。
写真は私なかじま、大府市鷹羽琴美市議、刈谷市渡邊妙美市議。


瀬戸市の伊藤けんじ市議に写真をとっていただきました。
写真、真ん中は大府市日高市議。今回、県議選公認候補予定者として紹介されました。


会場内の様子はこんな感じです。

閉会後に、自民党青年局に籍をおく大学4年生の方とお話ししました。

コメントをして足跡を残す

「金沢の自転車道整備は一見の価値あり!」と会派の佐野議員に何度も言われていたので、今回は日本女性会議プログラムの空き時間に、レンタサイクルを体験しました。

自転車の走行可を示すピクトグラムはこんな感じです。

車1台ほどの広さの道路に、自転車マークに続き「左側通行」がしっかり書かれています。

レンタサイクル「まちのり」の利用時間は7:30→22:30。

朝7:30、ポートにクレジットカードを登録し、利用開始。

タッチパネルを選択し、クレジットカードを登録します。

「まちのり」1日貸し出しは、基本料金200円に30分利用ごとに利用料金200円がかかります。

でも、30分以内に一旦返却すると利用料金はかかりません。市内20箇所のポートを利用し、30分以内で乗り継いだ場合には基本料金の200円で借りられるということがウリになっています。

今回、1日貸し出しでパスワードを発行しましたが、一旦返却ごとに8桁のパスワードをポートで入力する必要がありました。

マナカなどのICカード登録では、パスワード入力の手間はなくなります。

借りたい自転車の左側にあるタッチパネルにICカードをかざすだけで、貸し出し処理ができ断然便利に使え、おススメです!

金沢駅前でパシャ!

朝の尾山神社までサイクリングしました。

尾山神社にはサイクルポートがあります。



返却しようとするとポートが満車でした。

そんな場合には、満車時返却の手続きを取ります。

(鍵をかけ、鍵を指定の場所に投函します。)

自転車には前かごがあり、鍵と地図が入っています。

閉会式後は金沢歌劇座のお隣、21世紀美術館にポートがあり、金沢駅まで自転車で移動しました。

「お弁当忘れても傘忘れるな!」という金沢でお天気に恵まれました。

途中、紅葉を愛で、金沢城の石垣を周り、商工会議所の素敵な建物を見たりしながら、移動しました。自転車の移動にいい季節です。

コメントをして足跡を残す

日本女性会議2018in金沢に参加。

再来年開催の愛知県刈谷市からバスで金沢に移動しました。

日本女性会議は、国連婦人の10年を契機に、1984年に第1回大会が名古屋市で開催されました。

それ以降、全国各地で講演やシンポジウム、分科会をとおして、平等社会実現のため開催されています。金沢大会は石川県内では初めて、全国では35回目の開催となります。

このような大きな大会を誘致するとはどんなことなのか?

何をこの大会から学ばなければならないか?

刈谷市から参加されたメンバーの強い思いをバスの中で聞き、講演内容だけでなく運営者の役目にも目が行く視察となりました。

秋の雲が綺麗でした。鯖雲かなぁ?

来年の開催地、栃木県佐野市の「さのまる」が金沢入りしていました。

龍馬プロジェクトメンバー金沢市の小間井市議に会場前で偶然お会いしました。

会場は「金沢歌劇座」、金沢駅から車で15分ほどです。

緞帳が素敵です。

開会前には金沢素囃子の演奏でした。加賀百万石が誇る伝統芸能で、金沢市の無形文化財です。

開会式は舞台の左手に、司会者、手話通訳者、要約筆記モニターが配置され、舞台下にパソコン要約筆記の方々が座っています。

男女共同参画のに関する基調講演のあと、9つの分科会は場所を移動しました。

市内各所に日本女性会議のボランティアさんがたくさんいらっしゃいました。

ボランティアに若い女性が多くを占めていました‼️

スタッフジャンバー

スタッフ法被

会場は「北國新聞赤羽ホール」です。移動はシャトルバスで5分強でした。

分科会テーマ【医療における性差】

健康寿命延伸における性差を考える~ 男 女 の プ レ コ ン セ プ シ ョ ン ケ ア( 妊 娠 前 ケ ア )か ら 医療介護力まで~

4名の方が登壇されました。

・テストスレロンと男性性について(堀江重郎医師)

・人生100年時代の女性の健康を考える(対馬ルリ子医師)

・血管(赤澤純代医師)

・介護人生の40年(久藤妙子氏)

久藤氏のお話で、5つのゼロ(おむつ、転倒骨折、拘束、褥瘡、胃ろう)、4つの支援(認知症ケア、リハビリ、口腔ケア、看取りケア)の内容に続き、実践への強い思いをお話でした。

「介護の原点は、人の心、人のぬくもり、人の共感力、人の支え、人が幸せであることが一番大切である。

心を込めて寄り添うことである。

このご老人の希望をかなえてあげる もしかしたらこの方には明日はないかもしれない…と思う気持ちでできる限り一生懸命 愛即実践 和顔愛語にて」

5時で1日目が終了。

会場のすぐそばに「尾山神社」があり、参拝させていただきました。

尾山神社は加賀藩主前田利家公とその奥方のまつを祀っています。

ステンドグラスが使われ、屋根には日本初の避雷針が立っています。

ステンドグラスはライトアップされていました。

昔は、7キロ先の金沢港からこの光が灯台としての役目を果たしていたそうです。

あちらこちらに前田家の剣梅鉢のご紋があります。

手水場にも!

なんだか細身で鍛えた感じの狛犬さん。

前田利家公の像、背中にある丸いものは「母衣」(ほろ)、絹の布を風で膨らませ矢などからの防御の役目などがあったそうです。

今回の女性会議参加は、政務活動費を使わない自費参加です。

コメントをして足跡を残す