メンタルヘルスセミナーに参加しました。

ストレスチェックの制度(制度については⬇️に記載)が始まり、市役所でもストレスチェックを実施しています。
今回のお話は、ストレスチェック実施後に必要な対応とポイントについて学びました。
講師は、芦原 睦先生、中部労災病院心療内科部長・勤労者メンタルヘルスセンター長。

講義
「今、求められるメンタルヘルス対策」
「セルフケアに役立つ自律訓練法入門(AT)」

丸一日のセミナーで、午後は自律訓練法を学びました。
「自律訓練は少し怪しいですよ〜」と言いながらも、豊富な実測値を示していただきました。
詳しくは自律訓練学会のページへ「自律訓練法とは」
公式と呼ばれる言葉があり、そのまま使うこと、自律訓練法が禁忌の方がいることも確認しました。
何と言っても自分でいつでもできるというので、これから続けてみようと思います。



「ストレスチェック」とは、ストレスに関する質問票(選択回答) に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレス がどのような状態にあるのかを調べる簡単な検査です。
「労働安全衛生法」という法律が改正されて、労働者が 50 人以 上いる事業所では、2015 年 12 月から、毎年1回、この検査を全 ての労働者に対して実施することが義務付けられました。

コメントをして足跡を残す

消費税の勉強会に参加しました。


消費税3%が登場した時、1989年4月高校生でした。
1997年に5%、2014年に8%。

そして、来年2019年10月に10%に引き上げられる予定です。





移動し、和田政宗政経セミナー2回目に参加しました。

「我が国が豊かで平和で誇りある国であるために 〜経済再生と安全保障を考える」という内容でした。

「平和は空気のように、いつでもどこでもあるのか?」という問いにドキッとしました。

平和を維持するために、何が必要か。

決して、ほったらかしにすることではないと思います。

解散後に、次回12月議会に取り上げるオムツの問題(なぜ使用済みを持ち帰るのか?)についてお話ししました。

コメントをして足跡を残す

11/18(日) 産-SAN-フェスin名古屋

長久手市内の助産院「ふくろうの家(鈴木さん)」で知り合った安川さんが、主催です。





『息子の先天性脳障がいを、一晩で受け入れた話』~障がい児育児について~のミニブースを主人と聞くことができました。
勝ち負けや損得じゃない子育てをそのままに受け入れることを改めて考えさせられました。

コメントをして足跡を残す

「全国子育てひろば実践交流セミナーin岐阜」

母親自身が育った市区町村以外で子育てすることを「アウェイ育児」というそうです。

アウェイ育児する母親は72.1%。


子育てする母親の孤立にどのようにつながっていくか、どんな場なら出てきてもらえるのか?

すでにある拠点の課題もお聞きすることができました。

基調講演「地域共生社会の実現を目指して、地域子育て拠点に期待すること」では、


社会保障制度の「自立」というキーワードは、

身体的・経済的自立→社会的・精神的自立→「自立とは依存先を増やすこと(SOSが言える)」

と時代とともに意味が変わってきた。

そして、

「地縁が持つ負の部分の課題に目を背けない」


福祉は、0歳から亡くなるまでの誰もが「ふだんの くらしが しあわせ」な生活ができるための取り組みである。

たっぷり資料をいただきました。勉強します。

長良川国際会議場の周辺は、サッカーユニホームを着た人たちがたくさんでした。FC岐阜かな。

コメントをして足跡を残す

おはようございます。今日も秋晴れのいいお天気です。

昨日は、

政二塾で「日本がめざす未来社会〜Society5.0かっこについて学び意見交換をしました。


講師は、刈谷市議会議員 渡邊 妙美 先生

Society5.0って何かご存知ですか?


Society5.0は、Societyは社会という意味の単語です。
続く5.0はバージョン、型番号の数字です。

社会がバージョン1「狩猟社会」から、2「農耕社会」、3「工業社会」、4「情報社会」に続く、人類史上5番目の新しい社会
がSociety5.0です。

政府広報のSociety5.0に動画で紹介されています。

意見交換では、少子高齢化に対応し、持続的な経済成長を成し遂げるための生産性革命(人工知能、ロボット、IoTなど)に備え基礎自治体で何ができるのか?

キャッシュレスが進み、RESAS(リーサス)がもっと利用しやすく実用的になるだろうから・・・。
間接部門の簡略化。法整備。
色々な課題と意見が出ました。

夢が手に届きそうな手塚治虫が描いた未来、危険を感じるターミネーターのスカイネットに支配される世界、ちょっとオチがある星新一が描いた未来。

一人で生きていくことがもっともっと効率的になり、空いた時間、煩わしさがなくなっていく社会で、人と人の関係はどう変わっていくんでしょう。


政二塾は前参議院議員、元内閣官房副長官の 鈴木 政二 先生が開いています。
政二塾では議員を志す&現職議員が、地域課題についての解決方法を学びます。HPはこちら

コメントをして足跡を残す