今日も日帰り千代田区立麹町中学校へ。


現在アマゾンでもベストセラーにランクインしている「学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革」
工藤勇一校長先生のお話をうかがいに日帰りです。

今回は脳科学者 DAncing Einsteinの青砥瑞人さんの講義がありました。


「脳についてはわからないこともたくさんありますが、仕組みがわかってきた部分もたくさんあるんですよ。」と。
科学的立場から脳の働き方の仕組みについて教えていただきました。

ざっくり言うと、


普段は、おでこの内側が司令塔としてからだに信号を送っている。けれど、極度のストレスを受けるとここの部分が機能しなくなり、信号を出さなくなる。これは太古の昔から人間が自己防衛のために身につけた能力で、端的に言うと頭が真っ白の状態。

真っ白になったら、正常な判断ができない。

問いに答えられず、頭が真っ白になる経験。
仕事が山盛りで、頭が真っ白になる経験。
怒鳴り声に、頭が真っ白になる経験。
・・・
確かにあります。

それを回避するのに必要な力が「メタ認知」。

客観的にみて、整理する力。

良いストレス、適度なストレスによる脳のパフォーマンスアップ効果の話も面白かった!

ストレスを子どもに与えることが否定されているような時風がありますが、その子に必要な良い具合のストレスなら、ストレスがあったほうがいいってこともある。


脳の仕組みを聞いて、現実の体験の中にその仕組みを実感した体験をグループワーク。

一つの話を一緒に聞いても、受け止める部分がそれぞれの体験に基づくので違っていて学びが深まります。



木村泰子先生、工藤勇一先生からも発表があり、お腹いっぱいな気持ちです。

1月26日に西尾市での出会いもふくらみ、大人の本気は面白い!を実感しています。

ご縁に感謝です💕

コメントをして足跡を残す

西尾市まで「麹町中学校工藤校長先生講演会」に参加しました。


学校の持つ本来の目的をゼロベースで考え、チーム医療のように子どもが社会の中でよりよく生きて行ける力をつける学校づくり

「5年前にトップダウンではじめた学校改革、今は職員も生徒も当事者意識を持っている。」

と言い切っていました。

学校の目的を見失い、手段が目的化した例として。

目的「自立した生徒を育成する」

手段「つまづいた所を繰り返させる(自ら繰り返すのではない)」

アフタースクールの多様な取り組みも、正に生徒のため。

購買部では、EYJAPANの支援を受け生徒20人がスタッフ採用から発注、販売、経理まで経営しているそうです。

麹町中学校の目的は「すべての子どもが、世の中ってまんざらでもない。大人ってけっこう素敵だ。」と思える学校にしたい。

本当に楽しそうにお話されている工藤先生のワクワク感が伝わってきました。


後半のワールドカフェでたくさんの方の本音が聞け、またまた刺激的でした。


幸せなことに今週、学校を訪問させていただきます。しっかり学んできます。

コメントをして足跡を残す

昨日は、朝9時から、参議院議員 和田政宗先生の「和田政宗政経セミナー第3回」に参加しました。


国際情勢、安倍政権の今後などについて、わかりやすくお話しいただきました。




次回のCGSシェア会の広報をビデオ撮影をしました。
和田先生は元NHKアナウンサー、流石です!

CGSは「毎日10分おもしろく!!日本人に真の教養を!!チャンネルグランドストラテジー(CGS)」と日本の歴史や信仰、国際情勢や地政学などを識者を招くインタビュー形式で神谷宗幣(龍馬プロジェクト会長)が無料で番組を作っています。
1話あたり10分程度です。

和田政宗先生はシーズン3(6回)に登場されています。

コメントをして足跡を残す

ウーマンハピネス研究所 浅井ちはる さん
龍馬プロジェクト会長 神谷宗幣 さんの掛け合いも楽しい歴史、政治、教育、お金のお話。


参加者の6割が子育て中のお母さんでした。

「子育ては未来をつくるお仕事」と浅井ちはる さんからエールをいただきました。
経験値=失敗の数、我が子のこともよそさまのお子様も巣立つまでにたくさん失敗を見守りたいです✨


「これって本当かな?」と感心を持ち知ろうとすること。

まさに、扉を開けると、またまた扉。

学び続けることが大切だと実感します。


少しでも良い世の中に変えて行けるように頑張りたいです!

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

小児科医の自見はなこ先生✨素敵でした!


健康、介護、子育て、食育などをテーマにした会だとお友達に誘われ、過日、名古屋でお話をうかがいました。

12月8日の参議院本会議において成育基本法が全会一致で可決成立しました。

その内容、超党派の議員連盟で提出できたことなどをお話しいただきました。

自見先生を応援していらっしゃる丹羽真清 デザイナーフーズ代表の取り組みにも驚きました。

デザイナーズフードさんは、初めて日本でカット野菜販売を始められた会社だそうです。
1日350gの野菜。食べてもらうための工夫として食べやすい状態にしたのが始まりです。

そして、今の取り組みは、野菜の効果を数値化し表示したい!

水耕栽培か、土作りから丁寧に作った野菜かがお店では表示されず、「〇〇県産 トマト」のようになっていることに何かできないのかなぁと思っていたので、土の状態、野菜の状態を数値化してたくさんデータを集めているというお話には単純に面白そうだと思いました。


写真左から高浜市議神谷直子さん、なかじま和代、自見はなこ先生、大府市議鷹羽ことみさん、デザイナーズフード丹羽真清代表。

アンガーマネジメント講師の濱崎明子さんともお知り合いになりました。
アンガーマネジメント、「怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒る、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになること」へのプログラムを伝えていらっしゃいます。
相手の気分の浮き沈みが、ストレスになる場合にも、自分自身アンガーマネジメントできていれば、相手の浮き沈みを客観的に見ることができるそうで、興味津々です。

コメントをして足跡を残す