昨日は政二塾第5期修了式でした。


最後の講義は、岡崎市の野本あつし市議より「ふたつの罪」と題して、10月の「全市民への5万円給付」がニュースや紙面を賑わせた岡崎市長選挙とその後についてお話を伺いました。

最後に「公約を守れた政治家はどれくらいいるだろうか?」との問いがありました。

「嘘も方便と選挙に勝たなければ何一つできないから…」と、明らかな嘘を見て見ぬ振りで応援に入る様子に憤ったことも思い出されて、いろんなバランスの中で表に出てくる結果が決して正義じゃないなと改めて思いました。
自分の行動や発言が嘘にならないよう頑張ろうと思います。

今年の政二塾はコロナ禍でオンライン授業も試みました。密を避けるだけでなく、長久手からは片道1時間ほどの道のり(往復で2時間分)カットできるのがとても助かるときもありました。

今期は同じ会派の冨田議員も政二塾にお誘いし入っていただいたので、乗り合わせて向かう道中も意見交換の場となりました。


『尽くされて忘れず』

第6期は春頃募集のようです。
政二先生の思慮深さや問題解決に笑顔いっぱいで望む姿が間近で学べ感謝しています。

コメントをして足跡を残す

長久手市社会福祉協議会で「ひきこもり・不登校勉強会No2」が開催されました。

講師はサポートネットゆっかの代表理事井上朋子氏

ひきこもりは、様々な要因の結果として社会的参加を回避し、6ヶ月以上に渡って概ね家庭にとどまり続けている状態を指す現象概念。他者と関わらない、夜中のコンビニや公園への外出は社会的参加には含まない。内閣府の2015年調査で115万4千人が推定されている。

引きこもり問題の分類
①精神科的病気が絡むタイプ
②発達障害の2次障害として…ADHA,ADDに服薬効果が期待できる
③パーソナリティの偏りがベースに感じられるタイプ

ひきこもりについては、何らかのきっかけで自信をなくした状態で後悔や不安、恐怖で家から出られないと捉え、自身を取り戻し今よりより良い方向へ気持ちが向くような関係作りが大切。



自室から出てこない、家族と顔を合わせないなどの「ひとりこもり」から家の中に出て家族とコミュニケーション取れるようになるまでに多くの時間を要することもあり、親は本人の命や生きる意欲をつないでいる。適度な小遣いが外出のきっかけになるなど具体的な接し方を数多く紹介いただきました。

ひきこもりや不登校のきっかけが気になりますが、それがわかることが現在の状態を良くすることにあまり役にはならないこと。
ひきこもりの状態は脳の機能も体力も血流量が落ち下がっているそうです。ダメだったのは私のせいだからと支援に徹することで本人を否定せず、どこまでも優しい心で向き合う必要があります。

休憩を入れて、当事者とその母の役にわかれて台本を読みました。
参加者の感想を聞き、同じものを読んでも感じ方はいろいろだなと思いました。

生活困窮者支援法に基づき、ひきこもりの支援、就労準備支援などを行う市が出てきているそうです。
長久手市社会福祉協議会でも相談を受ける体制があります。

コメントをして足跡を残す

第42回椙山フォーラムはオンディマンド視聴しました。オンデマンド配信は初の取り組みだそうです。

内容は永遠のテーマ?「ダイエット」

第1部 基調講演「痩せたい気持ちの文化人類学」 磯野 真穂 氏(文化人類学・医療人類学博士)

第2部 総合討論「ダイエットを歴史と文化から再考する」
コメンテーター 湯澤 規子 氏(法政大学人間環境学部教授)
磯野 真穂 氏(文化人類学・医療人類学博士)
杉藤 重信 氏(椙山女学園大学人間関係学部教授)

(年度末には内容が年誌として椙山人間学研究センターホームページに公開されるそうです)

若い女性の痩せすぎ(BMIが18.5以下)データからお話が始まりました。

BMI=体重kg ÷ (身長m)2
BMI22が適正体重と言われていますが、シンデレラ体重はBMI18。

日本女性の平均身長155センチでは
・BMI22の体重は52.855kg
・BMI18の体重は43.245kg

「はじめて痩せたいと思ったのはいつか?」
「なぜ痩せたいと思ったのか?」
とアンケートしたものをもとにみえてきたのは。

ありのままの自分の姿ではなく、「女の子は痩せていないと危険」だと思っていて、大人になるための痛み、美しさのための痛み(纏足、ハイヒール)は、社会的にきちんとしていると認められるために健康を犠牲にしても手に入れたいもの。
これがストーリーマーケティングの手法のCMではダイエットの前→後(人生成功のストーリー)で、痩せることでいかに素敵な人生を送っているか、蘇って生き生きしているかをみせている。
※痩せていないと危険とは、貧しい人でも太れる時代になり、太っていることは病気の象徴+自己管理ができていない証拠とみられる危険。
※ボードリヤールの「差異化の欲望」隣の人より優れていたいという欲望は、肉体をマーケットにすると無限にある。老いにより不完全なところはいくらでも見つけられる。

ダイエット以外にも、筋肉が必要な世の中でもないのに、筋肉がつくことが人生成功と結びついたり。
脱毛することで素敵な笑顔のスタイル抜群な女性になったり(脱毛はなぜかビフォーと比べず)。

痩せ願望から逃れることは難しいけれど、程よい距離を取ったらいい。

身体変工の歴史と文化として、現代では髪は切った途端ゴミになり、ウンコは体から出たとたん不浄なものになる。たった100年ほど前はどうだったのか? →髪もウンコも肉体から離れても価値を持っていた。

コロナのリスクやSDGsの目標6「安全な水とトイレを世界中に」の問題など、複雑な問題を単純化することの危険性などへ話が膨らみました。

今回のフォーラムを見ての感想>>>
ダイエットして痩せることへのあこがれがあり、シンデレラ体重から程遠く実現できない自分は怠け者なのだと思っていたので、自分を開放してあげてもいいかなぁ。
日本語には「お通じがいい」「おなかがはる」などの排出につながるいろんな言葉があり、日常で当たり前に使っているけれど、文化の寛容さかなってお話があって、それは残したいなとおもいました。とにかく、猫ちゃんの乱入もあり、最後までとても面白かったです。
ダイエット幻想
ウンコはどこから来て、どこへ行くのか ――人糞地理学ことはじめ
本は2冊とも読んでみます。ありがとうございました。



コメントをして足跡を残す


今朝は外階段の掃除を一緒にしました。ほうきを持つ力がまだ弱いのですが、根気よく落ち葉を掃いてくれました。

名古屋綜學院 林ゼミ第2期12回目は「忠臣蔵」

忠臣蔵は吉良上野介(きらこうずけのすけ)が意地悪な悪役、若くして亡くなった浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の受けた仕打ちや江戸城本丸、松の廊下での事件での幕府の対応に赤穂武士たちが立ち上がり敵討ちした話という程度でしか知りませんでした。

今回は受講生の中に西尾市のかたがいて、吉良上野介は地元で名君として今も慕われているときき、物語は一方から見ては行けないなと思いました。

敵討ちに討ち入りという今では考えられない展開ですが、赤穂義士46人の切腹後12日後には江戸で 『曙曽我夜討』(あけぼのそがのようち) という芝居としてこの仇討の様子が公演されたそうです。(すぐ公演取りやめになったそうですが)
人形浄瑠璃『仮名手本忠臣蔵』や歌舞伎の人気演目として親しまれ、桃太郎の鬼退治のように善と悪のように定着してしまったんだろうと思うと、吉良上野介の地元は悔しい気持ちがあるだろうな。


桜花会館からの愛知縣護國神社
今朝は数検の親子がたくさんでした。


愛知縣護國神社

名古屋綜學院 林ゼミ第2期は今日が最終回。
次は第3期がスタートです。
受講生募集中「名古屋綜學院 林ゼミ第3期」

【第 1回】1/9㈯   人間は本来もっとすぐれたものである~松下幸之助と「新しい人間観」の提唱
【第 2回】2/6㈯   文明法則史学と約40年前に示された「今後の予想」とは?
【第 3回】3/6㈯   明治維新から1世紀半~日本に溜まった5つの歪みとは?
【第 4回】4/10㈯ 江戸時代が苦しかったというのは間違い⁈~江戸日本学と日本人が失ったもの
【第 5回】5/8㈯   武芸者の心得と勝負事のコツ~占部兼好と『徒然草』前編
【第 6回】6/5㈯   武芸者の心得と勝負事のコツ~占部兼好と『徒然草』後編
【第 7回】7/3㈯   すべての人に仏性があり、誰でも覚者になれる~最澄に学ぶ人間大肯定の精神
【第 8回】8/7㈯   道徳と経済は一体~天地人・二宮尊徳と報徳の教え
【第 9回】9/4㈯   大和言葉の霊魂観「ミタマ」~なぜ人間は崇高にして偉大な存在なのか
【第10回】10/2㈯ 合氣は愛氣!合氣道開祖・植芝盛平が教える魂の救いと和合世界
【第11回】11/6㈯ 出会い・学問鍛錬・自覚、そして仲間が自分を大きくする!~龍馬・海舟・西郷伝
【第12回】12/4㈯ 志の無い者は、魂の無い虫と同じ!~橋本左内15歳の書「啓発録」の衝撃

コメントをして足跡を残す

CybozuDays2020

| 公開講座 | コメントくださいね♪

CybozuDays2020大阪開催は全てオンラインとなり、自宅から視聴しました。


今回は市役所への導入事例の話も多かったです。
行かなくていい市役所を作っていく利便性の追求と安心して行ける市役所の2つの要素が必要。

「もちはもちや」信頼し任せ、お互いの強みを出し合う。

新しいものを怖がっちゃもったいないなを再確認。

コメントをして足跡を残す