「児童虐待かも・・・」と思ったら☎189
11月は「児童虐待防止推進月間」
令和2年標語「189(いちはやく)知らせて守る こどもの未来」

子どもの虐待防止推進全国フォーラム(オンライン開催)

体罰等によらない子育てのために 〜みんなで育児を支える社会に〜

基調講演1人目の大日向雅美氏(おおひなたまさみ:恵泉女学園大学 学長)虐待対応相談処理件数速報値19万3,780件(前年比33,942)に対して、コロナ禍での一斉休校、一斉休業によるストレス、テレワークの一斉実施は狭い日本の住宅事情の中大変なことだなどいろいろな気づきをいただきました。
「虐待を親がすることは、暴力をコミュニケーションの手段として教えていることになる。愛されて生きていけるように。」

基調講演2人目のサヘル・ローズ氏(女優/タレント)さんのお話は、日本のおばちゃんパワーに涙が出た。


サヘル・ローズさんはイラン・イラク戦争で家族を失い、4歳から孤児院(児童養護施設)で生活をしていた。7歳に出会った母フローラに10月21日の誕生日、名前サヘル(生まれたときの名前、本当の生年月日はわかない)をつけてもらった。
テレビで日本の「おしん」を見て育っていたから、イランから日本へ行くことになり、おしんに会えると思って嬉しかった。
日本に来たら、天井を見てもメッカの方向(矢印)がわかない、男の子と教室が同じ、学校の給食がハラール(調理法)じゃないことにとまどいがあったが、校長先生が1対1で言葉を教えてくれ、3ヶ月後には「なわとび」という作文が書け片言話せるようになっていた。友だちもできた。
養父の暴力がエスカレートし、母フローラさんと公園に逃げ2週間暮らした。昼間は学校へ行き給食を食べ、夜はスーパーの試食コーナー、その後8時まで図書館、そして公園で夜を過ごした。
試食コーナーのおばちゃんに声をかけられ、何も買わないのに毎日来るから怒られるのかと思ったら紙袋を渡された。中身は食べ物に洋服。
2週間同じ洋服でお風呂にも入れず学校へ行っていたら下校の際に給食のおばちゃん「だいじょうぶ?」と声をかけられ、SOSを出せた。
そのおばちゃんが家に住まわせてくれて、食べ物も洋服もビザも取れるよう支援してくれた。
「人が救えすのは人の心だと思う」

<<<パネルディスカッションの中でメモした言葉>>>

「一人の子どもを育てるのに村人全員が必要」アフリカのことわざ


「愛情はシャンパンタワーのように注ぎましょう」
周囲の愛情を受けたパパ・ママがママへパパへその溢れる愛情が上の子へそして上の子から下の子へと。

「家族って大事なもの、大事なものに手間ひまかけて行こう」

「体罰や怒るんじゃなくてどうしたらお互いこの瞬間を切り抜けられるか親子でポジティブに手間(経験)を一緒に共有する。」
「謙遜から入る日本の文化。でも一昔前のように子どもたちは大家族の中で無償の愛情をたっぷり受ける環境にない、褒めることは大切。」

厚生労働省のYoutubeチャンネルでアーカイブで見れるようになるそうなので、お時間ある方はぜひ。

コメントをして足跡を残す

夕方のニュースでは、コロナ禍「新しい生活様式」に対応した新たなニーズについて
スポーツ自転車の売り上げ増(前年比約2倍!)
総務省の家計調査では、自転車の消費が4〜8月前年を大きく上回り、8月では約7割増加!
がニュースになっていました。
”通勤時の電車・バス車内の「密」を避けるために自転車を利用する人が増え、年末商戦にかけ需要はまだ高まるのではないかとのことでした。

先週参加した政二塾では、「自転車活用方法に伴う社会問題」と題して、
サイクルライフプランナー 伊藤透 先生のお話をお聞きしました。

伊藤先生は、31歳と政二塾で登壇される中ではお若い方で、会の始めに。
「質問や意見は個別でなく、全体の前で。きっと全体の気づきなどにつながるので。」と指導があったので、いつも以上に受講している仲間の意見を聞くことができました。





大学時代に自転車競技に目覚め、オセアニア、ヨーロッパ地方で競技活動をしていた経験を生かし、現在は、名古屋市中区錦3丁目で自転車専門のトレーニングジム 一般社団法人サイクルライフマネジメントの代表をしていらっしゃいます。

内容は。
1 自転車の種類
2 自転車の問題
3 自転車で行える町づくり


Q 自転車は全部で何種類くらいあるでしょう?




A 20種類くらい(幼児用、クロスバイク、ロードバイク、ママチャリ、マウンテンバイク・・・)

全国の自転車保有台数調査では全体数を見ると年々低下しているが、スポーツタイプの保有台数は平成24年から平成30年までの6年間に1,904,752台と全体の4.8%から8%へ増加しています。
愛知県内の自転車数4,098,000台のうち、スポーツ車は327,840台。

自転車活用推進計画などでは一体どの自転車を想定した計画をしているのか。

「スポーツとしての自転車の問題」
自転車にはたくさんの種類があり、足としてだけでな、スポーツとしても楽しまれています。
他のスポーツがコートの中やプールの中など閉ざされた空間で楽しまれるのと違い、公道を使うことで自動車事故をはじめとする問題が起きてしまうのではないか。

公道を使うためには自転車は車両だとの認識のもと、ルールとマナーを学ぶ必要があります。
ところが、自動車免許は座学に加え、閉鎖した空間での実技練習ののち公道で練習して免許取得へとなるが、自転車は・・・。学びの機会がない。

伊藤先生からは学校、企業、自転車販売店の役割への提案をいただきました。

ちょうど9月議会に長久手市の自転車条例にある自転車利用者の保険加入について質問したところだったので、お話の中、近隣市の条例制定への動きやそれに伴う計画の在り方など学ぶ良い機会になりました。




コメントをして足跡を残す

コロナ禍でオンラインでの受講が続いていた名古屋綜學院の11月講座は面授での受講ができました。

題目:立ち位置を日本に置こう!~『大國民讀本』と戦前の真実

大國民讀本は明治16年生まれの林平馬(はやしへいま)氏によって、昭和2年に書かれた文部省認定で出版されたものです。



昭和2年の内容はすでに使い慣れない漢字や単語があり難しい内容もありましたが、子育てや仲間づくりに大切なことが言葉になって本になっています。
本の始め緒言には、

林先生が本の紹介をするうちに意訳本『大國民讀本』を読むを出版されています。


購入は林英臣先生のホームページから1冊1000円で購入できます。

昭和2年発行の大國民讀本 復刻版についても手元に一冊欲しくて版元に連絡しました。

また、CGSチャンネルでは林英臣先生が神谷宗幣さんとの掛け合いの中で『大國民讀本』を読むを15回シリーズで見ることができます。
ちなみに。私は講座の復讐を兼ねて1話を見たところです。

名古屋綜學院では、来年1月に始まる第3期の受講生を募集しています。
(京都綜學院は2期生、東京綜學院1期生を募集中)
11月26日19:00から無料の『綜學院・三院合同オンラインイベント』が開催され、林英臣先生のミニ講義が30分と、名古屋・京都・東京の各綜學院代表者から挨拶と講座の説明があります。
20:00終了の1時間、お試しで講義を受けてみませんか。

<ご案内>
日時 11月26日(木)夜7時~8時
場所 オンラインZOOM
費用 無料
申込 https://forms.gle/qz5K8mVqRXJyCyzV6
リンクよりお申込みください。こちらにご記入いただいたメールアドレスにZOOMのIDをお送りいたします。

コメントをして足跡を残す

昨晩ば、議員錬成舎「政二塾」で2回目のオンライン講座。ZOOMを使って行いました。

講師は加納靖子氏「老人介護について」お話いただきました。

介護保険制度については、教育福祉委員会の所管事務調査で詳しく案内いただいて理解しているつもりでしたが、介護保険制度の認可施設(市からの助成がある)、認可外施設(女性はない)についてなど施設選びの参考になるお話でした。

「そもそも、法律に老人ホームという名称はないが。」

実態として、

介護保険制度を使わないホームで、2000万の敷金に月々50万円といったところの中には、マンション形態でケアする人は無資格というものもある。ところが、施設が介護保険の認可施設で介護保険を使えれば、同等のサービスが敷金無し月々16万となる。

▶︎介護保険制度の認定を受けていれば自己負担は1割、2割となるが、認定外だと全額負担になる。

▶︎認可施設には年1回の監査がある。その際に事故報告書の提出の義務があるが、認可外施設では監査はなく事故報告書提出の義務はない。

 

3年ごとに介護保険法の見直しがあり、2018年に地域包括ケアシステムができ、自治体レベルで施策が打てるようになったこと。国がモデルとして取り組んでいるのは、介護レベルが下がらないこと=現状維持。だが、老化はある現実。

「住み慣れた街で、住み慣れた家で」

在宅サービスへの移行を進めている・・・

「在宅サービスには介護、入浴、食事づくりのみ。このサービスだけで、家族が家を留守にして働くことができるのか?」という問題提起も。

要支援、要介護の判定には、歩行の状態、身嗜みがチェックされるということで、それぞれの区分での大まかな状態を教えていただきました。

質疑応答で質問が多くあり、丁寧に答えていただきました。

このご時世集まることがリスクになり、貸し会場が閉館していることも多くあります。ZOOMを使い2度目の講義はパソコンやスマホから20名が参加しましたが、加納先生に用意していただいた資料の共有などもスムーズな学びの時間になりました。

・自宅から

・洗濯を干しながら

・お菓子を食べながら

・出先の駐車場から

本当に便利です!

政二先生いつもありがとうございます!

 

コメントをして足跡を残す

「中高生のための社会学セミナー」に次男と参加しました。

今回のテーマはこちらの5つ、2日間に分けて学びました。


第1講「勉強と人生の目標設定」
第2講「お金、経済、働き方」
第3講「歴史の真実」
第4講「マスメディア・情報リテラシー」
第5講「政治と国際情勢」

日本という国を考える際の例え話に、
チームの一員として役割を考えているか?
という話がありました。

バスケのチームだったら、
一人ひとりがみんなの役に立ちたい、勝ちたい、足手まといにはなりたくないと思うはず。

日本というチームの一員という言葉が新鮮で、それでいてしっくりきました。

お金の話では入り口のところで、消費・浪費・投資などから話がありました。
お金の話を子どもとしっかりしたことがなかったなぁと反省しました。

中高生向けのセミナーで、子どもたちに人生100年時代50歳までとその後の100歳までをどう生きるか考えてみようという呼びかけには、私47歳。
ここから残り50年を半分ずつ南半球バージョンで春、夏だと思って計画してみようと思いました。


戦争=殺し合い
と学校教育で誘導しがちで、①②についての学びは必要だと思いました。

①情報戦・心理戦
②経済戦
③実践(殺し合い)

どれもに勝った側の言い分で歴史が作られるので、今までの事象を見返すには冷静に情報を集め俯瞰して見ることも大切ですね。
知らないことが多かったので、子どもと一緒に学ばせていただきました。
紹介された本をいくつか読んでみます。

5月6日までネット受講:25,000円ができます。

「中高生のための社会学講座」

語り手:神谷宗幣
イシキカイカク株式会社 代表取締役。
大学時代にはバイクで日本を1周した後、休学し1年かけて海外18か国を回る。
大学卒業後は高校で歴史と英語を教え、法科大学院で法律を学び、29歳で吹田市議会議員に当選。
平成21年、地方から日本を変えたいと政治団体「龍馬プロジェクト全国会」を発足。以来代表を務める。
平成25年にはインターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに番組を配信。
平成30年、「イシキカイカク大学」を開講し、世の中の仕組みやあり方を伝える活動をしている。
これまで訪問した国は80か国以上。現在1歳の男の子の子育て中。

聞き手:KAZUYA
1988年生まれ、北海道帯広市出身。YouTuber。
2012年、YouTube及びニコニコ動画に自身のチャンネル『KAZUYA CHANNEL』を開設。
以後、主に政治関連の時事問題、歴史など個人的に気になった話題をわかりやすく語り、動画で投稿している。
YouTubeのチャンネル登録者は若者を中心に68万人を突破する。
チャンネル開設後間もなくインターネット上で著名になり、著書の出版なども多数行っている。

コメントをして足跡を残す