「弱さを抱えた私たちがどうやったら幸せに生き延びられるだろう?」

湯川カナさんの問いかけではじまった講演会。

2007年生まれの今の中学1年生・・・寿命107歳

企業の平均寿命・・・23,2年

2011年に小学校に入学した子が、大学を卒業した時。
2011年に無かった職業に就く可能性は65%

つまり

これからの人は

企業の平均寿命より長生きするし、

まだ見たことの無い、名前も無い仕事につく可能性が65%!

そんな時代に

人がやることは「意思決定」

それ以外の「はやく、きちんと、ちゃんと」は機械の方が得意に決まっている。

そのため人には「自主性」が必要になる。

自主性は、自分が自分自身の主(あるじ)であること。

そんな自主性のある子どもを育むヒントを3つ

①Doを褒めず、Beを認める。

自己肯定感が大切というけれど、自己肯定感には2つのものがある。
一つは、第3者に認められるSelfEsteem
もう一つは、自分自身を認めるSelfRespece
褒めることは、現在の価値判断を押し付けることになる。
未来を生きる子どもに敬意をはらい、褒めるのではなく認める。

②トライ&エラーできる環境をつくる。

悩むくらいならやってみる、やってみて嫌いなら人生の選択肢から外す。
逃げる力も大切な力。
日本の仕事満足度は35カ国中最下位。

③あなた自身が自主的に生きる。

まず、主語をみんな(第3者的)から、私は(自分の責任)に変える。
今日の晩御飯のメニューについて家族会議をする、一人ひとり違う希望を認め、折り合いをつける部分を学ぶ。

マハトマ・ガンディーの言葉
「見たいと思う世界の変化に あなた自身がなりなさい」

最後に、
長久手市は平均年齢が日本一若いまち(39歳)と聞いて、
「日本一、平均余命が長いまちですね!もっと楽しんで」
というメッセージをいただきました。

6歳の子と親子で参加しました。
子どもにはダンボール遊びが刺激的だったようです。

講演後のワークショップでは、よその家庭でどのように子どもと親が接しているのか聞く機会にもなり、学びが多かったです。
私自身が親としては、子どもと一緒にいられる時間をもっと大切に楽しみたいなぁと思いました。

平均余命が長いまち!
夢を諦めない、みんなの願いが叶うまちへ

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

市役所隣の保健センターで「足の健康講座」が開催されました。

〆切前に定員50名に達し、キャンセル待ちが出る人気だったそうです^_^

キャンセルは出ず、残念ながら参加できなかった方がいらっしゃいましたが、お手伝いの方を含め55名の参加者で開催。

講座は、自分自身で足の様子の観察からマッサージ、運動と楽しかったそうです。

健康寿命延伸のために自分の足に力を取り戻す足育が広がっています✨

残念ながら、他の勉強会があり、終了後に担当されている職員さんにお話を聞かせていただきました。

担当されている職員さんのフットワークの軽さと熱心さに感謝です!

コメントをして足跡を残す

今日も日帰り千代田区立麹町中学校へ。


現在アマゾンでもベストセラーにランクインしている「学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革」
工藤勇一校長先生のお話をうかがいに日帰りです。

今回は脳科学者 DAncing Einsteinの青砥瑞人さんの講義がありました。


「脳についてはわからないこともたくさんありますが、仕組みがわかってきた部分もたくさんあるんですよ。」と。
科学的立場から脳の働き方の仕組みについて教えていただきました。

ざっくり言うと、


普段は、おでこの内側が司令塔としてからだに信号を送っている。けれど、極度のストレスを受けるとここの部分が機能しなくなり、信号を出さなくなる。これは太古の昔から人間が自己防衛のために身につけた能力で、端的に言うと頭が真っ白の状態。

真っ白になったら、正常な判断ができない。

問いに答えられず、頭が真っ白になる経験。
仕事が山盛りで、頭が真っ白になる経験。
怒鳴り声に、頭が真っ白になる経験。
・・・
確かにあります。

それを回避するのに必要な力が「メタ認知」。

客観的にみて、整理する力。

良いストレス、適度なストレスによる脳のパフォーマンスアップ効果の話も面白かった!

ストレスを子どもに与えることが否定されているような時風がありますが、その子に必要な良い具合のストレスなら、ストレスがあったほうがいいってこともある。


脳の仕組みを聞いて、現実の体験の中にその仕組みを実感した体験をグループワーク。

一つの話を一緒に聞いても、受け止める部分がそれぞれの体験に基づくので違っていて学びが深まります。



木村泰子先生、工藤勇一先生からも発表があり、お腹いっぱいな気持ちです。

1月26日に西尾市での出会いもふくらみ、大人の本気は面白い!を実感しています。

ご縁に感謝です💕

コメントをして足跡を残す

西尾市まで「麹町中学校工藤校長先生講演会」に参加しました。


学校の持つ本来の目的をゼロベースで考え、チーム医療のように子どもが社会の中でよりよく生きて行ける力をつける学校づくり

「5年前にトップダウンではじめた学校改革、今は職員も生徒も当事者意識を持っている。」

と言い切っていました。

学校の目的を見失い、手段が目的化した例として。

目的「自立した生徒を育成する」

手段「つまづいた所を繰り返させる(自ら繰り返すのではない)」

アフタースクールの多様な取り組みも、正に生徒のため。

購買部では、EYJAPANの支援を受け生徒20人がスタッフ採用から発注、販売、経理まで経営しているそうです。

麹町中学校の目的は「すべての子どもが、世の中ってまんざらでもない。大人ってけっこう素敵だ。」と思える学校にしたい。

本当に楽しそうにお話されている工藤先生のワクワク感が伝わってきました。


後半のワールドカフェでたくさんの方の本音が聞け、またまた刺激的でした。


幸せなことに今週、学校を訪問させていただきます。しっかり学んできます。

コメントをして足跡を残す

昨日は、朝9時から、参議院議員 和田政宗先生の「和田政宗政経セミナー第3回」に参加しました。


国際情勢、安倍政権の今後などについて、わかりやすくお話しいただきました。




次回のCGSシェア会の広報をビデオ撮影をしました。
和田先生は元NHKアナウンサー、流石です!

CGSは「毎日10分おもしろく!!日本人に真の教養を!!チャンネルグランドストラテジー(CGS)」と日本の歴史や信仰、国際情勢や地政学などを識者を招くインタビュー形式で神谷宗幣(龍馬プロジェクト会長)が無料で番組を作っています。
1話あたり10分程度です。

和田政宗先生はシーズン3(6回)に登場されています。

コメントをして足跡を残す