第4期政二塾の終了式

昨夜は、政二塾の終了式に出席しました。
私は第4期からの参加でしたが、鈴木政二先生のもとで刺激的な学びをいただきました。
それぞれの地域で現職で仕事する仲間、政治を志す仲間と出会うことができ幸せです。
先生には今春の市議会議員選挙に向けてはずいぶん心配いただきました。


講義で型を教わり、質疑はそれぞれの立場で質問する。

自分のまちでの現状と他市町の当たり前の違いに驚くことも多々ありました。

会場が知立市で、夕方から始まる講義。
最初は土地勘の無い場所まで出向くことに不安もありました。
家族の理解がないと出られない時間ですが、快く送り出していただきました。
多くの出会い、そこから始まった活動、たくさんの方に大変お世話になりました。


修了に際し、
弱いものの味方になり、人の間違ったり、世の中の間違ったりしたところを正すという気持ちを持って欲しいと、「義憤」の言葉をいただきました。

義憤は、道義に外れたこと、不公正なことに対する怒りのこと。
「怒る」は悪いことのようなイメージがありましたが、最近の学びを通して見方が変わりました。

怒るは喜怒哀楽の一つ

怒りはパワーを持っていて、周りの人に怒る姿をただ見せるとそのパワーしか見えなくなりがちです。

「あの人怒ってる!(近寄らないようにしよう)」

そこで、怒りの感情と怒りのもととなる事実を切り分け、コントロールする。

喜怒哀楽の一つなので魅力の一つでもある。

義憤という言葉は多分このコントロールできている怒り。

弱い人のために政治をして欲しい、やってやれんことは無い、夢を持ってといつも応援してくださる政二先生に感謝いっぱいです。

コメントをして足跡を残す

令和元年6月23日

龍馬プロジェクト2日目

靖国神社 大村益次郎像前に集合し、昇殿参拝させていただきました。


みたままつり(7月13日〜16日)の提灯の準備が始まっています。



赤いネクタイは米沢織の龍馬オリジナルネクタイです(真ん中は神谷宗幣会長)

研修は場所を移し市ヶ谷の会場です。


高橋史朗先生
「家庭教育支援と地方行政のこれから」
②執行草舟先生
「政治家に必要な哲学と美学」

最後までみっちりと学びの時間をいただき、メンバーの質問に刺激を受けました。

終了後は市ヶ谷から東京、そのまま名古屋、長久手へ帰りました。

例年4月に行われる龍馬プロジェクトの総会、内容は折り紙付きです!
よかったら仲間になりませんか。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

6月22日(土)

龍馬プロジェクト総会へ

龍馬プロジェクト

龍馬プロジェクトは「日本社会の問題を地方政治から変えていく」という理念に基づき超党派の議員、一般の方もメンバーに集まる団体です。

会長は元吹田市議会議員 神谷宗幣氏です。

鈴木英敬三重県知事をはじめ、長野別府市長、千代松泉佐野市長、泉大津市長など政策能力が高い首長がいらっしゃることも特徴です。

私自身は、3年前からメンバーです。入ってみて愛知県内の女性議員とともに学ぶ機会が増えたことが一番嬉しい変化です。

神谷なおこ高浜市議、鷹羽ことみ大部市議、小池ゆきこ碧南市議と私の4名で朝9時台の新幹線で会場に向かいました。

会場は舞浜、ディズニーランドのオフィシャルホテルです。
ホテル内にディズニーショップがあり、一つお土産を購入💕

バスの運転手さんの夢の国モードに癒されつつ、会場では総会、首長対談、記念講演、10周年記念パーティーが行われました。


総会では平成30年度の活動報告、決算報告そして令和元年度役員選任、活動計画、予算計画が承認されました。


首超対談は鈴木英敬三重県知事がファシリテーターになり、長野別府市長、千代松泉佐野市長、泉大津市長からお話を聞きました。

「誰のために政治をするのか」がブレない首長たちの姿に刺激を受けました。


記念講演は「政治家も知らない日本の真実!~あなたの発信が日本を変える~」と題して、ケント・ギルバート(Kent Sidney Gilbert)氏を講師に1時間半お話をいただきました。

日本という国が世界の中でどのような位置にあるのかとの話に始まり、戦後日本人が国益を考えなくなっていること(無関心)は戦争後のペナルティとしてGHQが日本人に自虐史観を植え付けたことが原因で占領政策「WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)」は歴史的事実で今もその影響が続いていることを公開された一次資料から説明いただきました。

平和という言葉

どう考えても平和がいいに決まっています。

平和が法律用語でないと言われ、まずびっくりしました。

国際法で日本の安全・平和を保障することはできません。

戦わずに済むために、何ができるのか。
竹島が占領され、北朝鮮に拉致された人は助けに行けないまま…。

日本が自立した国家として役割を果たすことが日本人のためです。

参考図書をたくさん紹介されました。学び行動することを役目として果たしたいです。

10周年記念パーティーは、創立当時からのメンバーの方のお話を聞くことができました。



たくさんのご縁をいただき感謝いっぱいです。


長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

昨夜は、政二塾で参議院議員の橋本聖子先生。


聖子の聖の字は、お父様が東京オリンピックの聖火の聖の字をつけたられたそうです。
小学2年生に札幌オリンピックを観て、ジャンプやスケートという冬の遊びが種目にあることを身近に感じたこと。

そして、小学3年生で発病、高校3年生では医療事故にもあい、治ることのない3つの病気を抱えながら、19歳でオリンピック初出場。
その後は、競技人として最低限の薬の使用にとどめる必要性から運動生理学や食などのチーム医療のお陰で、自然治癒力をあげ、体を疲労させずにトレーニングできるように体質改善をしたそうです。
当時最先端のスポーツ医療は、ソビエト。トップランナーを育てる論文(マサイ族をつくる)、マサイ族は汗をかかない。汗をかくと疲労するので、汗をかかない必要があり、そのための水分の取り方を変えることで身体が変わる。・・・不思議な話でした。

持って生まれた人間の治癒能力を引き出すことで、130%のトレーニングをしても100%と同じ疲労感になる。

ヨーロッパの地域医療は未病対策。
・風邪をひかせない
・怪我をさせない

日本は・・・

ヨーロッパのリゾート地は、その地域医療がバックアップし、介護、スポーツ、食に満足しながら長期の滞在ができる一つの産業となっている。

日本には安全安全な食があり、清潔で移動インフラが整っているので、メディカルツーリズムの需要が海外から高まっている。
山あり、海あり、モノづくりが盛んで、人口の多い愛知は高いポテンシャルがある。

WHO世界保健機関憲章前文に健康が定義されています。ウエルビーイングwell being

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。 ・・・世界中すべての人々が健康であることは、平和と安全を達成するための基礎であり、その成否は、個人と国家の
全面的な協力が得られるかどうかにかかっています。・・・」

健康的で良質な生活と社会福祉が充実した社会となるように!未来への先行投資、失われたコミュニティを復活させ引きこもりをゼロに。外国人労働者をどんどん増やすことはできない。

2020年のオリンピックパラリンピックはただのスポーツの祭典ではない、成熟した国家として、新しいイノベーションで、どこより素晴らしいおもてなしを訪日の4000万人に体感してもらいたい。そのためにはオールジャパンで盛り上げていきたい。

橋本聖子先生はわかりやすく力強いお話であっという間の時間でした。
講義の終了8時半の後、知立駅から電車でご自宅へと帰られました。
母親であることも大切にしているんだと思いました。



長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

自民党女性局が毎年1回主催する女性局全国女性議員政策研究会1日目に出席します。

お昼12時スタート4コマの研修があります。

テーマと講師は

①女性活躍 野田聖子 衆議院議員

②児童虐待防止 馳 浩 衆議院議員

③参議院選挙に向けて 甘利 明 衆議院議員

④日本の出番祖国は蘇る 青山繁晴 参議院議員

今日の研究会は数日前に決まっていたので、新幹線「こだま」を予約しました。

名古屋発→東京行きは、「のぞみ」の利用がほとんどですが、今回は12時スタートで少し余裕があるため「こだま」です。

乗車日の3日前までは、ファミリー早得JRのEX予約で「こだま」の料金は以下のようになります。


今回は声をかけあい、愛知から4名で一緒で、積もる話もあるので「こだま」を選択。

差額は1人2,900円

後から同じこだまにあと2名も一緒だとわかりました💕


待ち合わせは、名鉄からの服部れみか市議(稲沢)、石川ともこ市議(知立)とは「銀の時計」、JR乗り継ぎの鷹羽ことみ市議(大府)とは「新幹線北乗換口」です。

ちなみに、明日5月17日長久手市議会臨時会が開かれるため日帰りです。何時に乗れるかが微妙なので帰りは「のぞみ」です。

座席は富士山側‼︎

見れるかな✨

 

コメントをして足跡を残す