地域保健対策推進協議会母子専門部会を傍聴させていただきました。
議題は
(1) 特定妊婦への取り組みについて
(2) 5歳児すこやか発達相談の実施について
(3) 産前・産後ヘルパー派遣事業について
(4) 母子保健事業の歯科健診実施状況について

IMG_9340
12名の委員のうち、6名のかたが医師でした。
平成22年から26年までの長久手市の人口動態のデータで、毎年600名〜700名ほど出生していることなどが示されました。
(1)の特定妊婦とは、出産後の養育について出産前に支援を行うことが特に必要と認められる妊婦さんのことです。妊娠期から継続的な支援を、保健師などが行える支援体制の整備が課題と
(2)5歳児すこやか発達相談は支援の必要な発達障がい児を早期に発見し、就学への移行をスムーズに行えるよう支援するためのものです。対象年連のお子さんの保護者に向けて、60項目の内容でアンケートが実施されます。昨年、平成26年10月から開始した事業で、アンケートの回収率向上など課題だそうです。
アンケートへの解答に特典をつけたらどうかと委員から意見が出ていました。
確かに、企業などが行うアンケートではQUOカードがいただけたりするので、金券などでなくても、我が子のためにどう必要なのかが明確にわかるということも大きなメリットだと思うので、必要性をわかりやすく伝えられるともう少し回収に効果があるのかなと思いました。
(3)産前・産後ヘルパー制度派遣事業は、子ども子育て支援支援事業計画の具体策として、産前・産後の体調不良により家事が困難になったなった場合に、ヘルパーの派遣が受けられるよう平成27年4月から始まった事業です。
親子(母子)健康保険交付から生後6ヶ月が利用期間で1時間700円で掃除、洗濯、調理、買い物などの会援助をお願いできます。
子育て支援として、母体を大切に考えるとても良い支援策だと思いますが、事前登録が必要なこと、前例が示せないためなどのせいか、9月末までの6ヶ月間の利用者は2名ということでした。

こちらの部会は年に一度の開催のようです。

コメントをして足跡を残す

今日は、10月教育委員会定例会を傍聴させていただきました。

その中で、運動誘発性のアレルギーについての話しがありました。


数ヶ月前に聞いた、あいち小児保健医療総合センターの伊藤浩明医師の話では、この運動誘発性アレルギーは小学校高学年から中学生、高校生の成長期の子どもに増加していて、今まで大丈夫だったものがアナフィラキシーを起こすほどのアレルギーになることがあるということでした。
運動誘発性というと、走ったり激しい運動をしたりを考えますが、ゆっくり歩いていても起こることがあるそうです。
なんとなく桃を食べると喉がイガイガするという程度だったお子さんが、桃のゼリーを食べ掃除をしていたらアナフィラキシーが起きたなどの事例も聞きました。
エピペンを持っている場合、打った後に症状が治まったからといって歩かせてはいけないなどいろいろな注意点を聞きました。

突然起こることなので、予防には限界があります。まず、正しい知識を大人が持つことが大切です。

コメントをして足跡を残す

午後は、第2次長久手市食育推進計画策定委員会を傍聴させていただきました。
予定時間をオーバーするほど意見が出ていました。

長久手の食育計画(平成19年から23年までの計画)を見ることができますが、今回の計画では新たに3つの視点を加えて計画策定していきます。

1、各ライフステージに応じた食育活動。
2、大学生〜単身者の健康に結びつく食生活。
3、健全な食生活のための安全。

正しい情報が伝わり、食を選ぶ力を子どもたちが育むことのできる地域(牛乳、卵、はちみつなど栄養がたっぷりのイメージのものでも食べてはいけない年齢があること、みんなで楽しく農作業を教育の場に入れる時に落花生の栽培などアレルギーの有無で参加できない人が出てしまうなど・・・)、家族や仲間などみんなで食べると楽しいねって、心の健康にもつながる食で、長久手市がもっと元気になってほしいという話が多く出ていました。

アンケートやワークショップなども今後予定されていて、計画書の完成は3月の予定です。

全国都市緑化あいちフェアの体験プログラムで親子料理教室の参加者を募集しています!
県内在住の小学生とその保護者を対象です、ぜひ!
私は18日で申し込みをさせていただきました。

image

申込先(愛知県農林水産部食育推進課食育推進グループ)
ファクシミリ:052-954-6940    
電子メール:shokuiku@pref.aichi.lg.jp

コメントをして足跡を残す