屋根より高いこいのぼり~♪
鯉のように仲良く元気に伸びやかに育ってね。


20130506-172945.jpg

コメントをして足跡を残す

三ヶ月の三男と沼津の実家へ一泊で帰省しました(*^^*)

首がすわり、世界の何もかもに興味津々。クルクルと周りを見ているので、ゆっくり抱っこでお散歩に出かけました。
木苺、卯の花、クワの実。



20130506-173935.jpg

20130506-174346.jpg

20130506-174419.jpg

コメントをして足跡を残す

今日は、小学校の始業式でした。

子どもたちは新しい名札を胸につけ、歌いだしそうな勢いで登校していきました。
春休み中、児童館の開所時間9時から児童館や公園で毎日遊んでいたのに、切り替え上手です。

持ち帰った教科書は、数年前より20%くらいボリュームアップしています。
どの教科もカラーで、写真が多く、いろいろなものが紹介されています。

小4の国語では、『白いぼうし』を見つけ、私も教科書で『これは、みかんのにおいですか。』から始まる物語を暗唱したことを思い出しました。
中1の国語では、『大人になれなかった弟たちに…』がありました。小4だった男の子の目線で、戦争中の生活を淡々と綴っていくお話ですが、配給でもらうミルクを盗み飲みしてしまう場面などは読んでいてつらくなります。

明日、4月10日は教科書の日。無料配布の仕組みができて50年目だそうです。

教科書の日

コメントをして足跡を残す

今日、新生児聴力検査を受けました。
赤ちゃんが寝ている間にヘッドホンを耳に当て、脳波を測る検査です。寝てさえいれば10分もかからず、髪が汚れることもありません。

検査はまだポピュラーでは無いようです。
普通の生活では乳児・幼児期に聴覚の異常を発見することは難しいです。新生児期に検査し、結果によって聴覚に障害が見つかった場合、治療や訓練を早期に始めることで聴力や言葉を獲得しやすくなるということです。

長女は一歳半健診で要精査と指摘されて別の病院で脳波の検査を行ったのですが、睡眠導入剤を飲み白い粘土のような物で脳波測定の機器を頭のあちこちにつけての検査だったので、特別なことでした。

朝晩は、バイタルチェックとして検温のほかに、黄疸計によるビリルビン値の測定もしています。
黄疸計はデジタル体温計を少し大きくした程度の大きさで、おでこと胸にピッとあててビリルビン値の測定をします。採血しないので、ストレスもなく手軽に結果がわかります。

今回使っている母子手帳には新生児期のウンチの色がカラーで紹介されています。胆道閉鎖症の早期発見のためですが、黄疸計のチェックとあわせて観察し、一ヶ月健診にも黄疸計で値をチェックしてもらう予定です。

異常の早期発見は、知識が無いといくら我が子を観察していてもできないので、頼れるところは頼っていきたいと思います。

コメントをして足跡を残す

今まで上三人の時も産後のお食事は楽しみがいっぱいでしたが、こちらも毎食豪華です(*^^*)
作らず、選ばず、食べるだけという事が嬉しいです。
朝8時の朝食、10時のおやつ、12時に昼食、3時のおやつ、夕方6時には夕食が次々と届けられる感じです。
初日の昼食〜今日の昼食までをご紹介☆彡


20130126-122416.jpg

20130126-122427.jpg

20130126-122433.jpg

20130126-122443.jpg

20130126-122452.jpg

20130126-122503.jpg

20130126-122516.jpg

20130126-122532.jpg

20130126-122547.jpg

20130126-122557.jpg

20130126-122610.jpg

コメントをして足跡を残す