豊田市防災学習センターの見学に行ってきました。
西小学校区防災会の企画行事です。

防災センターでは、5つ(暴風・地震・消火・煙脱出・119通報)の体験がありました。
暴風では風速30mとその風で飛んでくるスポンジボールを体で感じられます。実際に風速30mというとブロック塀を倒すレベルです。目を開ると痛かったです。

地震体験では、日本列島で過去に起きたいくつかの揺れがプログラムされていて、私は新潟中越地震の揺れを体験しました。小刻みな揺れが長く続いた後に大きな揺れが来てこわかったです。

煙脱出体験はハンカチで口元を抑えて非常口を通って出てくるのですが、真っ暗な通路のなかで非常口の表示を見ながら進むのは難しかったです。体験の際に出ている煙は無害ということでしたがひどいにおいで、ハンカチで鼻と口をおさえても煙臭かったです。姿勢を低く保ちながら歩くのもしんどかったです。

防災センターは、長久手から下道で1時間ほどの距離にあり、個人でも見学ができます。
一押しは煙体験です。

我が家の反省としては、大型家具や家電の固定が十分でなかった点を早めに対処すること。
非常持ち出し袋の中身をもう少し充実させたいと思いました。
昨年3月11日の震災の後、防災グッズは品切れが続いていましたが久しぶりに調べてみるとかなり充実しています。
食糧・水を3日分はよく言われますが、『トイレも3日分だ!』と気が付きました。プライベートテントに簡易トイレがあると良さそうです。

コメントをして足跡を残す

保育園では、昨日。一日早く豆まきをしました。
次男は優しい顔の鬼のお面を作って張り切って登園しましたが、自分たちが小さいクラスの子たちを驚かせた後に、大きな鬼が4人も襲いに来て心底驚いた様子でした。『豆を食べると、一年健康に過ごせるんだよ。』と言いながらも、今日になってもまだ恐怖心が残っていてトイレにまでついてきます。

小学校では、午後の時間に鬼が来たようです。
長女は『音楽室に鬼が来たけど、豆をみんな持っていなかったからとっても怖かった(T_T)』と。後から豆をまいたのを拾ったとポケットから落花生を見せてくれました。豆まきには入り大豆と思っていましたが、大豆ばかりではないんですね。
長男は5年生になると、『鬼はどうやら人らしい。』と興味は誰が鬼をしていたかにうつっていて、今年は『どこかの大学生が鬼だった。』と勝手にそういうことになっていました。小学校では、『豆を食べると頭がよくなる。体が丈夫なる。』と聞いてきました。

節分

 

我が家も今夜、父親が鬼になって豆まきをしました。
『鬼は外!』とまいた豆に犬が驚き、大喜びで食べていました。
年の数、豆を食べて1年が健康に過ごせるように願いました。

昨日の雪の写真をフォトギャラリーにアップしました(^^)/

コメントをして足跡を残す

今日は農楽校でした。
冬に入って収穫の続く大根で、今週も切り干し大根を作りました。11月の初めから毎週のように作っています。
寒く乾いた風で乾かすと白くて見た目の美しい切り干し大根ができます。

切り干し大根

 

文句なしで寒かったのですが、今日は少し小雪が舞っていました。

切り干し大根は、醤油と砂糖で甘辛く煮たものしか食べたことがなく、半端な感じの歯ごたえがちょっと苦手だったのですが、3年ほど前の小学校の給食試食会で切り干し大根のサラダを食べてからは、大好物です(^^)/
切り干しは白く綺麗なままで、彩豊富で目にも美味しく、火を使わずに一品作れます。

切り干し大根のサラダの作り方
1.切り干し大根を水で戻す。
2.きゅうり、にんじん、ハムを千切りにする。(ハムの代わりにシーチキンOK)
3.切り干し大根の水を切り、2とあわせ、マヨネーズ、塩コショウ、ごま油、ちょっぴりお酢をお好みで味付ける。

ほかに、お味噌汁の具に使うのも手軽でお勧めです。

年末に漬けた大根が美味しい沢庵になりました。染めていないので、色が薄いですがしっかり沢庵!です。

沢庵


来週は、待ちに待った味噌作り(^^)

コメントをして足跡を残す

今日は、保育園保護者会の施設研修会に参加し、福祉の家と晴丘センターを見学してきました。

1階では、ちょうどデイサービスセンターの開所時間と重なって利用者の方が集まっているところでした。広い空間に、現在は10名の方が利用しているということでゆったりとした感じでした。
2階の高齢者・障碍者福祉センターは入り口に『高齢者・障碍者福祉センター』とプレートがかかっていて、一般での利用はできないと思い込んでいましたが、勘違いでした。
歩行浴室は長久手市民12歳以上あったかーどを持っていれば、一回200円で利用でき、教養娯楽室では囲碁や将棋、雑誌を楽しんだり、軽食を持ち込んでの飲食もOKだということです。
利用が始まって10年がたち温泉施設ござらっせでは、予期せぬトラブルも起きやすくなった上、近隣に10年の間に新しく入浴施設が10ほど出来て、入泉者数は減っています。昨年の12月からは営業時間を朝9時からに早めるなど努力していると話していました。
2階のITルームは置いてあるパソコンがWindows2000で、型が古いのが難で利用が広がらないという話でした。ストリートギャラリーは、ギャラリーとしての利用は年に1回程度ということだったので、どちらも工夫が必要だと思いました。

晴丘センターでは、尾張東部衛生組合という瀬戸市、尾張旭市、長久手市の3市のゴミを処理しています。
3市からのゴミは、1日平均200tあり、そのうち約190tは燃えるゴミだそうです。
はじめに、燃えないごみの解体場所を見学しました。
昨年、長久手が4月~、尾張旭が7月~、瀬戸が11月~と3市が燃えないごみを有料化した反動で、今は燃えないごみの量が極端に減ったそうです。
ガラーンとしていました。

燃えないゴミ解体場所

燃えないゴミ

 次に、燃えるゴミの様子を見ました。
収集車で集められたごみは、ごみピットとよばれる場所に行くのですが、30メートル以上の深さのゴミ箱で上からのぞくと目がくらむような高さでした。『間違えて、ゴミに出したけど探したい。』という問い合わせがあっても、探せないそうです。
焼却炉は今日、オーバーホールのため稼働していませんでしたが、稼働中はごみの燃える中にごみを足す形に自動で制御されていて、24時間運転しているそうです。
焼却開始から3~4時間でごみが灰になり、灰は瀬戸市北丘町の最終処分場に埋め立てられます。
地震(震度5以上)が起こると、焼却を止める方向で運転されるそうです。


ごみ出しで注意してほしいことを2点言われました。
1.スプレー缶のガス抜きを必ずしてください。センターが火事になります。
2.アルミ箔は燃えないゴミ。汚れていても燃えるゴミに出さないでください。融点が600度と焼却炉の炉温より低いので、溶けて炉にへばりつき出口を塞いでしまいます。

コメントをして足跡を残す

小5長男に週末課題と題して、『わたしの好きなもの~』から始まる小作文が宿題でした。

今朝見せてもらうと、
『わたしの好きなものは、自転車です。それは、ぼくが小学校入学のお祝いに沼津のおじいちゃんが買ってくれたからです。・・・』と、自転車への熱い思いを書いていました。
最後には『自転車がパンクしていて乗れないけれど、直ったら伊勢神宮に行きたい。』とありました。

先週、前タイヤの空気が抜け仕舞ったままになっていたのを思いだし、かかりつけ?!の自転車屋さんに慌てて持っていきました。

たくさん乗っていることなどを伝えると、『全部の点検を1000円でしましょうか?』と提案していただいたので、パンクと一緒にお願いしました。

1時間ほどで受け取りに行くと、タイヤ・チューブともにまだまだ現役OKで、虫ゴム交換のみで復活していました。パンクではありませんでした。空気の抜けが早かったのは虫ゴムの劣化からだったそうです。
虫ゴム?と聞きなれなかったので調べてみると、半年~1年と定期的に交換する部品なのですね。(自分でも交換できそうです。)
ベルが鳴らなくて壊れていたところは、廃棄自転車から部品取りした中古ベルをサービスでつけていただいていました。
復活した自転車に大喜びで、『乗って帰るね。』と長男は寒い中ジャンバーも着ずに帰っていきました。ちょっと、自転車が小さくなってきていたけれど直せて良かったです。ちなみにお支払い合計は1890円でした。

コメントをして足跡を残す