長久手町では、新設中学校開校(平成25年4月)を予定しています。
広報でお知らせのあった、校区に住んでいるので個人的にいろいろ思うところがあります。役場へ意見を出し、賛同してくださる議員のかたにも話を聞いていただきたいと思っています。また、同じ年代の子を持つ集まりでは、いろいろな噂があります。発表されていることが断片的なので噂なのか真実なのか、誰に聞けばよいのかと。それぞれ望むことについて話が盛り上がりますが、盛り上がるだけで終わらせてはもったいないので意見を出し、多くの人が望む学校がかたちになればと思います。

要望1.『校区の子どもを受け入れること』

『そんなこと、今までだってあたりまえに出来てることでしょ』と、思われるかたもいらっしゃると思いますが、実は就学相談の過程で校区の学校へ進みたいという気持ちをあきらめ、町外の支援学校へ行くことになったかたたちがいます。新設中学校では、保護者の意向を尊重し校区の子どもが校区の学校へ進める配慮ある学校づくりが必要だと思います。

要望2.『図書室は冷暖房を完備し、学習室として使えるようにすること』

図書室を学校休業日に、学習室として使えるようにしてほしいと思います。長久手町内の中央図書館、文化の家の机・椅子のあるスペースは、夏休みをはじめ学校休業日は学生の学習の場として使われています。図書館は本来、図書館所蔵の資料を読んだり調べたりするところだと思いますが、問題集などを持ち込んだ勉強のかたで席が埋まっているのは、意欲に感心する半面で座るところをあきらめる結果になっています。新設中学校に限らず、校区の学校で図書室を開放し、『勉強・宿題のためのには学校図書室』をという誘導があればと思います。

要望3.『避難所としての設備を取り入れること』

学校が避難所となった場合、断水の場合に水洗トイレが使えなくなってします、100人が避難してきたと考えても、穴を掘って…、というのは衛生的にも問題があります。名古屋市上下水道局では、いざという時の上水の設置に加え、下水道の蓋の上に仮設トイレを置ける工夫などされています。ぜひ、このような取り組みをしてほしいと思います。また、防災会で勉強したHUGで感じたことは、避難所へは体に不安のある人ほど先に避難してこられるということです。少し考えれば当たり前のことですが、不安を取り除ける避難場所として機能できることを大前提に新設していただきたいと思います。

要望4.『アレルギーへの対応をすること』

アレルギー(ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、食物アレルギー、アナフィラキシーなど)への対応ができるよう、温水シャワーの設置や日陰場所の設置などが必要だと思います。

新設中学校は、町内の北に位置し周りには田んぼが広がっています。北保育園から徒歩で数分のところなので、子どもたちはお散歩で訪れるとイナゴを捕まえたり、山姥の森を怖がったりして過ごしています。自然がたっぷり残った場所に世界一の学校ができたらと思います。

コメントが2件あります♪

昨日は、先日新玉ねぎのレシピを教えていただいたかたに『エビポッキー』を教えていただきました。カリッとした歯ごたえにエビとゴマの風味が豊かで、思わず手が伸びてしまう美味しさです。夏休みに生地作りから形作りまで一緒にすると楽しそうです。

エビポッキー

エビポッキー

レシピは
1.小麦粉(1.5カップ)、プロテイン(0.5カップ)、干しエビ(ひとつかみ)、ごま(0,5カップ)をボウルに入れます。
2.1のボウルに水(150ml弱)を生地がまとまるようにゆっくり入れます。
3.短冊切りにして中温でゆっくり揚げます。
☆味付けなしのプロテインを、持っていないので片栗粉?あたりを足して作ってみようと思います。どうなるかな?
(家にはウィダーのジュニアプロテインココア味があります)

もう一品、
旬の梅を使った『梅プルーンジュース』

梅プルーンジュース

レシピは
1.梅を洗ってから穴をあける。
2.プルーン5瓶を入れる。
☆毎日、瓶を転がし1カ月で飲めるそうです。4~5倍に薄めて飲みます。

コメントが1件あります♪

先日、二男が保育園で育てている にわとりの卵を一つお土産でいただきました。
『この卵、どうやって食べたい』と聞くと『ケーキ!』という答えでした。
『ピヨコチャン』と名前を付け、私が『持とうか』といっても、自分で持って帰りたがりました。
ところが途中、車に乗る際にバランスを崩して落としてしまいました。
地面に落ちた割れた卵をみて、どうしようかと思っていると『ママ、きれいなところだけ持って帰ろう』というので、地面にふれていないところだけをすくって持ち帰りました。
家についてからは、あと2つの卵をたして、チョコのシフォンケーキを作りました。
割れてしまった卵を見ている二男の顔を思い出すと、卵を持たせたことが良かったのかどうか?答えはありません。

コメントが2件あります♪

6月25日(土)本多京子先生の食育講演会に参加しました。
NHKきょうの料理やはなまるマーケットで丁寧にお料理を仕上げていく様子を見ていたのですが、プロフィールに医学博士・管理栄養士とあったのでどんなお話をきけるのか楽しみにしていました。
ジェスチャーたっぷりのおもしろくわかりやすい講演でした。少しご紹介しますね。

食べる人と作る(食材を作る・食事を作る)人との間に距離がうまれ、『食育』が必要になったのだということ。国としても農林水産省文部科学省厚生労働省で積極的に取り組むようになり、今見えてきた問題点は、子どもだけでなく、その親、そしてその親(祖父母)にも食育が必要だというお話でした。

食事を作るという行為が、番組作りの際に日常から遠くなったと感じたエピソードををいくつか紹介してくださいました。

・スタッフに「シイタケもどしておいて」といったら、棚に戻してあった。
(→干しシイタケを水でもどして)
・調理器具の準備で「めんぼう」とお願いしたら、耳掃除の綿棒が置いてあった。
(→麺棒です)
・「アジの3枚おろし」の際におろし金が用意してあった。
(→魚類を、半身、背骨、もう片方の半身の3つに包丁で分けます)
  など

どれも知っている人はクスッと笑ってしまうような、微笑ましい話だと思うのですが、本多京子先生は調理用語が死語になるという危機感を感じたそうでうす。

先生は、畑に出て年間26種類の野菜を作っているそうです。食べるものをもとから作ることでの発見、加工すると新しい食材に変身することを知る発見もお話もされていました。なかでも、人参の種まきは間引きを繰り返して、無駄な時間が多いと思って、無駄がないよう1粒ずつ間隔をあけて種をまいたところ、ちっとも生えてこなかったのは、種同士が競い合って芽を出し、苗同士がまた競い合って伸びていることで、店に並ぶような一本のニンジンが出来るのではないかという不思議なお話もありました。

2050年に日本の人口比は逆三角形の形が予想されているそうです。昔話のお馴染みのフレーズ『あるところにおじいさんとおばあさんがいました』ではなく、2050年『あるところに赤ちゃんがいました』となるというのです。生活習慣病は、食が原因となる場合が多いので、PPKピンピンコロリの略語、病気に苦しむことなく、元気に長生きし、病まずにコロリと死のうという意味の標語)となるように、自分の食に責任を持ちましょうということでした。

コメントが1件あります♪

6月長久手町にオープンした託児所 花 hana の昼食(2日分)写真にとってもらいました。どちらの日もお野菜たっぷりですね。



1日目 夏野菜カレー

ポテトサラダ・野菜カレー

託児の女の子と一緒に作ったポテトサラダと夏野菜たくさんのカレーです。

2日目 ピザ

ピザ
畑のおばさんにいただいたお野菜で手作りピザを作ったそうです。

託児所hanaブログはこちら→http://ameblo.jp/nagakute-hana/

コメントをして足跡を残す