昨日は、一般質問の通告日でした。(受付は本日正午まで)

今回も5項目を質問します。
以下、なかじま和代一般質問通告内容です。

1 認定こども園について

平成29年4月に長湫北保育園が移転新築し、上郷保育園、長湫東保育園が今後は改築となるが、地域の実情や保護者のニーズに応じ、保育所型認定こども園として整備していくことが望ましいと考える。今後の改築に合わせ、市内の保育園を保育所型認定こども園にしていかないか。

2 病児・病後児保育事業について

平成28年第4回定例会の一般質問で、病児・病後児保育の1日あたり4,000円の利用料について所得区分、多子世帯への配慮を提案した。福祉部長は「低所得者世帯の経済的な負担の軽減、そういったこともメリットにはなると思いますので、一度よく中で研究をさせていただきます。」と答弁であった。

⑴ 所得区分、多子世帯への負担軽減策は実施できるか。
⑵ お迎え型体調不良児保育事業についてはどのように研究されたか。

3 国民保護と全国瞬時警報システム(Jアラート)について

保護者宛に教育委員会より10月17日付で「北朝鮮の弾道ミサイル発射に係る授業の取扱い等について(お知らせ)」があり、保護者からは不安の声がある。

⑴ 長久手市国民保護計画に基づく研修はどのように行われているのか。また、啓発はどのようか。
⑵ 11月14日全国瞬時警報システム(Jアラート)避難訓練はどのように行われ、本市での成果はどのようだったか。

4 インターネットの活用と被害防止対策について

急速なインターネット環境の普及にともない未成年の利用が一般的になっている。子どもたちが日常使うLINEを用い滋賀県大津市、長野県ではいじめ相談窓口を開設したところ相談件数には目を見張るものがある。また、神奈川県座間市のSNSを通じた事件では、トラブルに巻き込まれない自衛能力の強化が必要だと考える。

⑴ LINEを用いたいじめ相談窓口を設置しないか。
⑵ 学校などでどのような対策をしていくか。

5 アスリート・文化芸術家の育成について

スポーツ、文化芸術の全国大会などで優秀な成績を収めた市内の児童生徒の活動を知る機会があまり無い。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた気運の醸成をはかるためにも活動を支援していくことが必要だと考える。

⑴ 表敬訪問はどのような基準で受け入れているのか。
⑵ スポーツ、文化芸術で優秀な児童生徒などを地元の星として広く周知し、育成を支援していくべきではないか。


朝8:30の受付開始前に9議員が並び、あみだくじの結果で登壇順を選び、私は8番でした。
登壇順に受付審査があります。

待ち時間に、市役所西庁舎1階カフェピィッツでモーニング(320円)をいただきました(๑˃̵ᴗ˂̵)


瀬戸市議会の伊藤けんじ議員を訪ね瀬戸市役所へ。

トイレルームの洗面台などが瀬戸物で素敵でした(*⁰▿⁰*)

コメントをして足跡を残す

昨日はまちづくり協議会の会議がありました。日曜日16時〜の会議ですが、となりのホールではたくさんの子どもたちが利用しています。


10月21日、22日に開催された防災キャンプに同時開催された「お母さんの応援プロジェクト」の会計報告がありました。

12月3日の市内一斉清掃活動「あいNクリーン」の西小校区での開催方法の報告もありました。

グループごとの話し合いの時間には、「儲けるまちづくり協議会になろう」という意見が2つのグループから出ました。


共生ステーションに岐阜県関市から視察で見えた方からのお土産を出していただきました。

私の参加したグループでは、

・ナイト開催の際の飲酒についてはイベント開催に限れば良いのでないか。

・儲けるまちづくり協議会になるため無くなった子ども会の地区の廃品回収をまちづくり協議会がしたらどうか。

・共生ステーションに古紙回収ボックスを設置したり、サイズアップした洋服のリサイクルコーナーがあれば、今まで共生ステーションに来たことがない人の「はじめの一歩」になるのではないか。

・本を寄付したい方がいるなら、図書館でも街の本屋でもない図書に囲まれるスペースを作ってみるのも楽しい。

などなど、たくさんの意見が出ました。

次回の会議は12月10日16時〜共生ステーションで開催予定です。西小学校区にお住いのご都合のつく方はぜひご参加ください。

また、共生ステーションのルール委員会は今週11月25日16時〜共生ステーションで行われます。

ルール委員会では、キッチンの使い方をはじめ、共生ステーションという場の目的にあったルールづくりをその必要性から話し合っています。こちらも西小学校区にお住いでご意見をお持ちの方はぜひご参加ください。

コメントをして足跡を残す

9時のサイレンが鳴り、市内一斉防災訓練が行われました。



打越・久保山地区防災会では受付から始まり、無事カードの確認、一時避難所(西洞公園)でのトイレ、テントの組み立て片付け、負傷者の救助訓練、啓発品の配布などが行われました。

今年度打越・久保山地区の啓発品は、次の3品でした。
一人100円の予算のため、どれも1つお試しできるように配布しました。

①薄型パンツタイプおむつ
②青汁
③ドロップ


理由は、

① 震災により、自宅のトイレが壊れてしまった場合、長時間戸外にいなければいない場合、夜間家族から離れて屋外の仮設トイレを使う場合などに有効です。大は無理でも…。まずは、1回お試しください。

② 栄養不足、野菜不足を補うために青汁の備蓄を提案します。
野菜ジュース、ウィダーインゼリーなどを備蓄すると水不足の際にも非常に便利です。賞味期限が短いものは、普段から使ったら、買い足すローリングストックがおすすめです。

③ 疲労回復に必要と言われる糖分、クエン酸、ビタミンCを補給できます。甘いものは心の癒しにもなると思います。
非常・携帯用サクマ式ドロップスの賞味期限は5年。


避難所の西小学校では例年の訓練に加え、先日の防災キャンプの発表などが行われました。

ユリの木の葉が色づき、あちらこちらに落ちていました。寒くなりました。

コメントをして足跡を残す

卒業して25年。沼津高専の同窓会に参加しました。

卒業以来ご無沙汰していた先生がたにお会いできて楽しい時間でした(o^^o)



今日の静岡新聞で紹介された第2校歌「夢の彼方で」は富士山、駿河湾が歌詞にあり、メロディーも明るく懐かしい気持ちになります。

作詞作曲の鈴木康博氏が弾き語りで披露してくださいました。


懇親会では、

人柄の良い

技術者になって

世の期待に応えよ

という学校の銅像に添えられた句を紹介されました。

技術者にはなれなかったけれど、せめて、長久手で役に立つよう働きたいと思います。

来週月曜は12月議会の一般質問の通告日です。

身近な問題を解決できるよう、不安が軽くなるように限られた持ち時間の60分で準備しています。

来週24日議会運営委員会で一般質問日程が決定します。

コメントをして足跡を残す

今朝、小学校での朝読みは6年のクラスに入りました。


柿好きを聞いたところ4割くらいが手をあげました。

柿狩りをしたことがある子は3人、そのうち2人は子ども会での体験者です。

絵本の他に新聞から一句紹介。

「鳥わたるこきこきこきと罐切れば」


詩の理解に欠かせない、缶切りを使える子が中学生でも3割ほどだそうです。

西小学校のトイレはリフォームし様式化しましたが、各トイレに一つは和式を残したそうです。

お財布のがま口👛も知恵の輪のようにこねくり回している子がいます。

日常生活から便利さの中で消えたものは情景だけでなく、体力や器用さなど色々あります。あえて不便を選ぶことが豊かさにつながるような気がします。

コメントをして足跡を残す