年少クラスの給食で『おはし』がスタートしました。
一番下の兄弟のおはしデビューは、上の子たちの教えたい気持ちが全開で、食卓がにぎやかになりました。

食事の都度、正しい姿勢で食べれるように声をかけていますが、私の出番はなさそうです。

img_6473
可愛いイラストの『はしづかいのタブー』のお手紙をいただきました。
涙ばしは知りませんでした。一つ勉強になりました。

コメントをして足跡を残す

家事貯金、時短料理の道を模索している。

最近のヒットは、「お味噌汁セット」。
勝手に名付け(笑)

food_tonjiru

お味噌汁は食事のたびに作っていたら、次男がお友達の家を話題にして「毎日豚汁なんだって〜!」と本当にうらやましそうに話していた。


美味しいが一番?!

美味しければ、代わり映えしない具でもいいんじゃない?!

誕生した「お味噌汁セット」

image
気に入った具を切るときに、何回分かを袋に小分けして作って、そのまま冷凍してしまうだけ。
使うときには、包丁は使わず、袋から出して鍋に入れ、コトコト煮て味噌を溶くだけ!

きのこや油揚げはもちろん、大根、人参もいい感じで失敗なし。
ジャガイモ、サツマイモは具を切った後に水にさらす一手間が必要になるけれど、何回分かをまとめて切ったり、水にさらしていると、とっても得した気分になるから不思議。
お椀に散らすネギも、まとめて切って冷凍してある。
包丁を出さずに、一品出来るのは嬉しいかも…という方、お試しくださいね。

コメントをして足跡を残す

今日、保育園の給食はカレーライスでした。

image
私は食べたことがありませんが、美味しいと評判のカレーです。
長久手では、市販のルーを使わずにバターに小麦粉、カレー粉、ジンジャー、ガーリックなどを入れてカレーを作っています。

その様子は、長久手市の給食センターのページに詳しく載っていますが、大鍋でルーから作るカレーは混ぜるだけでも大変そうですが、美味しそう‼︎
・・・長久手のカレーライス

入園して初めて食べた子も、中学卒業まで12年食べると故郷の味になるんだろうなぁ…。


今日は風が強かったので、市内のソメイヨシノは半分ほど散って葉が見えていました。

image
立ち寄ったお店の鉢植えが満開でパチリ‼︎

image
image

コメントをして足跡を残す

今日はおうちごはん研究会9回目の楽会でした。

『豆・麦』2種の味噌づくりをしました。

昼食にはブンタンとサラダ、肉おにぎり、飾り巻き寿司などみなさんと一緒に作りました。
庭の畑から長久手特産の真菜も参加‼︎おひたしにしていただきました(*^^*)
計算間違えから煮過ぎた豆は、ジャコと甘辛煮に…。

image
image
image
今日は三男も参加、少し年上のお姉さんを真似てちょこちょことお手伝いをしていて可愛かったです。

味噌仕込みの時期としては、ちょっと遅めですが、麦味噌は3ヶ月ほど先。豆味噌は1年後に出来上がりです。
寝かせておいて、麹の持つ力で味噌になっていくというのがとても不思議で、ワクワクします。
誰が仕込んだかの手も味を左右するというので、奥深い世界です。

西小校区共生ステーションでは、駐車場できず帰られる方が出るほどの混み具合でした。
地域に愛され、たくさんの方が利用していること、雨だったことなども要因だとは思いますが、駐車場のあり方は考えなければいけないなと思いました。
28年度の予算、市が洞小学校区共生ステーションの整備事業では、駐車場などの環境整備に1,500万円の予算が計上されています。整備できる駐車場の数には限りがあるので、コインパーキング制にするなど受益者負担も考えて聞くべきだろうと思います。

コメントをして足跡を残す

明日、1月24日は「給食記念日」、1月24日〜30日までが全国学校給食週間です。

学校給食は、明治 22 年、山形県鶴岡町の私立忠愛小学校で、昼食を持参できない子どもたち のために、おにぎり・焼き魚・漬物を用意したのが始まりとされています。

長久手の学校給食では、学校給食週間にあわせて、地域で採れた野菜や郷土料理が給食に登場します。

food_kishimen
25日(月):ごはん、牛乳、ひきずり、れんこんサラダ、みかん
26日(火):五目ごはん、牛乳、キャベツ入りメンチカツ、愛知の野菜汁、いちじくのタルト
27日(水):ごはん、牛乳、さば八丁味噌煮、切り干し大根のうま煮、のっぺい汁、コーヒー牛乳の素
28日(木):きしめん、牛乳、ちくわのごま天ぷら、大根サラダ
29日(金):ごはん、牛乳、みそおでん、まなのごまあえ、りんご

美味しく地域の食材、郷土料理を食べることで、子どもたちが食べることの大切さを学び、食べ物や作る人をおもって、美味しく楽しい時間を過ごして欲しいと思います。

コメントをして足跡を残す