今日は西小校区共生ステーションでDonabe net in あいちの第4回食事会『お餅つき』に初めて参加させていただきました。
Donabe net in あいちは、愛知県立大学の学生さんなどを中心に『地域の方と一緒に食卓を囲みたい!そしてつながりを作りたい!』という気持ちで西小校区共生ステーションを使って人と人との関係づくりをしている集まりです。
子どもと触れ合いたい、大人の話も聞こうという学生さんばかりなので、子どもはもちろんかっこいいお兄さん、素敵なお姉さんとたくさんお話ができ、遊べ、その上おなかもいっぱいになって大大満足だったようです。
私は、愛知県立大学日本文化学部3年のかたに、どんな事を学んでいるのかを聞けて感心しました。
日本文化学部では、歴史を学び古文書を読んだりもでき、古い地図から現代の地図などを比べどう人々の生活が移り変わったかを研究したりすることもあるそうです。
『そういう視点で長久手はどんなところですか?』と聞くと、『長久手は豊かな川が少なかったため、古くは人工池を多く作って農業などに使っていたが近代化の過程では、人工池を埋め立てることで発展している。』ということでした。確かに、池の名前の付いた地名は多いですが、それが人工池だったことや、埋め立てることで開拓が進んだことは知りませんでした。

メインのお餅つきは、小さい子たちがつくときに、みんなも一緒に大きな声でその子の名前の数だけつきました。
お餅つきで、よいしょよいしょというよりも、みんなで一緒に名前を呼ぶのは楽しかったです。

motimoti
つきたてのお餅はきなこと醤油で、鍋も大根人参キャベツがたっぷりでおいしかったです。


今日は、阪神淡路大震災から20年です。
当時、京都で大学生だったので、一人で住んでいた4階の部屋はひどく揺れました。
朝が来て学校へ登校すると、研究室の棚はすべて倒れ、ビンは割れていました。
先生に『何と何が混ざっているかもわからないから、2,3日学校に来ないように』と言われ不安な気持ちで帰ったのを覚えています。

私が育った静岡県沼津市では、小学校から『東海大地震が来るから○○!』と、たびたび地震への備えについて教育を受けてきました。
枕元には懐中電灯、靴、着替えを置くなども何度も言われました。
高専でも、研究室の棚は当たり前のように壁に固定されていて、薬品は落ちないように針金のひもが張ってありました。

阪神淡路大震災では、死者の約8割が、家や家具の下敷きになって即死したと伝えられています。

災害のリスクを減らすためにできること。
日頃の備えで、家を命を守るためのシェルターに考える事が大切だと思います。
そして、地域の中で誰がどこにいるのかがわかることも大切です。
昨秋の長野北部地震でも近隣の人たちが生き埋めになった人を救出し合ったそうです。
さらに、生き延びるためには、自分で考え、自分で判断し、自分で行動する力も大切だと思います。

コメントをして足跡を残す

今朝は、娘がトヨタ高岡工場の社会科見学のためお弁当を作りました。
昨日『お弁当に入れてほしいものは?』と聞くと、『ポテトサラダとソーセージ!』というドイツ人のような?!リクエストだったので、ジャガイモの皮むきからスタートでした。

001


おうちごはん研究会の『お雑煮学会』に作った胸ハムが好評だったので、気をよくして胸ハムづくりがマイブームです(^^)/
作り方も材料もいたってシンプルです。


1.鶏の胸肉1枚に小さじ1の砂糖を両面にふって少し待つ。
2.砂糖のザラザラ感が無くなったら、小さじ1の塩を両面にふり、また少し待つ。
3.ラップでくるっとキャンディー巻→もう一度キャンディーがほどけないようにラップで巻く。

011
4.沸騰したお湯にジャボンとつけ、再び沸騰するのを待つ。

009
5.5分ほど沸騰させたら、火を止めてそのままお湯が冷めるまで待つ。
6.お湯から取り出し、冷蔵庫で冷やすとできあがり(^^)/
005
今日は、2の塩を半分クレイジーソルトにしてみました。

コメントをして足跡を残す

今日は、お雑煮楽会を西小校区共生ステーションで開催しました。

長久手のお雑煮は、長久手の伝統野菜真菜と角餅にたっぷり鰹節をかけたシンプルなもの。
また縁起物として一年の健康を願う、小豆粥。
2つを参加のかたと作りました。
三男は昨日一日ゆっくりして、熱も下がり、共生ステーションにあるおもちゃで、存分に遊びました。


IMG_4416.JPG

IMG_4395.JPG

夜、ながベジの定例会も共生ステーションでした。
ながベジは毎月テーマの野菜を料理して参加者が一品ずつ持ち寄ります。

今月の野菜は、ネギ‼︎
私は、レンジで4分の、ネギ焼きそばにしました。


IMG_4422.JPG

ここからは、他の参加者のかたの持ち寄り品(*^_^*)

ねぎ味噌の焼きおにぎり(赤味噌+麦みそ+はちみつ+…)
040
ネギグラタン(豆乳ホワイトソース)
041
ネギ餅(バター醤油)・・・とっても美味しかったのに、スプーンのアップになってしまいました(>_<)
044
味噌煮(ネギ+里芋+人参+大根)
043
人参サラダ(ネギは入っていませんが酸っぱさが絶妙!)
042

コメントをして足跡を残す

本日(1/3)の日経新聞(中部版)に茶和話さんでお雑煮をつくった様子が掲載されました。
1/14(水)に西小校区共生ステーションで開催のお雑煮楽会の事前勉強会として、長久手のお雑煮を作り続けてきた大先輩に教えていただきました。

鰹だしのすまし汁に、長久手特産の真菜と焼かない!お餅を入れて作り、食べる前にたっぷりと鰹節をかけました。さっぱりと美味しく、ご馳走のあるお正月に優しい味のおつゆでした。

IMG_4248.JPG

お雑煮楽会ごあんないとご参加お申し込みはこちらへ→https://www.facebook.com/events/1515193995414826/
まだ、余裕があります。ぜひお申し込みください(^^)/

新聞ではお雑煮椀を持つ手で出演(^^)しました。

コメントをして足跡を残す

先週放送の妖怪ウォッチで給食の揚げパンが出てきました。
長久手の給食では食べたことがない子どもたちは『食べたい!』というので、HBで焼いたパンを小さめにカットして揚げ、きな粉味の揚げパンにしました。
本当はコッペパンのようなものを揚げるのですが、家庭のフライパンには小さめに切ったパンが扱いやすく良かったです。カリっとフワっと甘く、懐かしい味でした。

IMG_3436.JPG

沼津の幼馴染は『今子供たちに大人気だよ~!』と教えてくれ、子どものころの給食を思い出しました。
みんなで食事の時間を過ごすことって大切な思い出ですね。

昼からは、『音楽が持つ力』松本雅隆(ロバの音楽座)の講演を聞いてきました。
途中、ヨーロッパの古楽器バグズパイプを演奏して紹介してくださった時は、雅隆さんの言うとおり、初めてなのに懐かしく、楽しくココロがザワザワする感じがしました。

楽器が調子の悪い時初めのころは、リード部分を曲げてみたり力で治そうとしていたけれど、今は温めたり、しばらく待ってあげたりすることで治ることもあると分かったという話が印象的でした。

音楽の持つ力について、一緒に聞いていた人たちからは、『元気が出る』、『癒される』などいろいろな意見が出ました。私は、質問されたことで、音楽はその空間にいる人たちの気持ちを共感させ、一つに出来るんじゃないかと思いました。
子どもがピアノの練習をしている時、間違いを指摘してイライラするんじゃなくて、一緒に体を動かす方が良い時間だなと改めて感じました。

11月24日(祝・月)ロバの音楽座が文化の家でコンサートします。

夜は、自治会の役員会がありました。
来年度以降、組長・自治会長などをお願いする場合に高齢の方への対応について、話し合いました。年齢で一律でない個々での対応にこの地域の絆の深さを感じました。

 

コメントをして足跡を残す