農楽校向上コース実習記録
天気 晴れ
気温 23℃

≪実習記録≫
種から育てた夏野菜の苗をトレーからポットへ移植し、ポットで大きくなった苗はポットのサイズアップ・移植をしました。

苗

暖かになったので、大きく育った苗(ナス、パプリカ、トマト)はハウスから太陽の下へ移動しました。
数日、雨が続いたこともあり、苗にあたる太陽の光が不足していたため茎が細く上に伸びています。

プチトマト・アイコの苗(黄色の第一果が咲きました)

トマトには黄色い花がチラホラ…。
トマトは実のなる向きが一緒なんだそうです(@_@)収穫しやすいよう花の向きをそろえて畑に並べることになります。

こちらは、トレーに播いた自家採取種が発芽したものをポットに移しました。子葉の次に、本葉が2枚ほど出たところで移しています。
使った土は育苗土です、水がなかなか浸み込まないので、育苗土の入った袋に直接水を入れてしっかり湿らせてから使います。
トウガラシは100%近い発芽率。次いで千成ほうずき、食用ほおずきの発芽率が高かったです。昨夏、向上コースの畑で種を採っておいたものです。

千成ほうずき(真ん中に青虫が(-_-)/ポイッ)

千成ほおずきは、ほおずきの形をした実が成り、袋の中に隠れている実(トマト)を食べます。実は小粒ですが、丈夫で育てやすく甘くて美味しいです。もとはイタリアの種から育てたものです。

食用ほうずき(こちらにはコオロギの赤ちゃん(#^.^#))

食用ほおずきも同じように食べることができます、長野に昔から育てられていた種です。

移植後は、根が傷ついているので、たっぷり水をあげて太陽の刺激などから苗を守るため白色の寒冷紗をかけました。朝晩の水やりが必要です。
写真の向きがあちらこちら向いて、ちょっと酔いそうですね、すいません。

コメントをして足跡を残す

農楽校向上コース実習記録
天気 晴れ
気温 15~23℃

≪実習記録≫
すくすくと育っているトマト、パプリカも来週あたりには畑へデビューします。今日は畑の準備、土づくりをしました。

1.石灰を撒きます。

石灰

この石灰は見ての通り貝の化石でできています。消石灰、苦土石灰に比べてミネラル分が多く、有機栽培に向いているそうです。石灰の散布量は100g/1㎡を目安にしました。石灰の役目は、酸性に傾いた土壌の中和です。

2.トラクターで耕耘
今日のメイン?!トラクターです。

トラクター

トラクター本体を動かすギア、耕耘させるための羽根部分のギア、クラッチ、踏込のアクセル、手で動かせるレバー型のアクセル…。あちらもこちらも動かすので、自動車教習所に通ったころを思い出しました。『向上コースではトラクター!』と受講の一大目標にしていたので、とっても楽しかったです(^^)/

Q.  間違い探しに挑戦!さあ、2枚の写真はどこが違うでしょう?


 

A. 真ん中あたりにある黄色い2枚の板が離れているか、つながっているか(#^.^#)

この板は2枚ともブレーキです。
連結させて使うと両輪がストップ、連結させなければ、右タイヤだけとめたり、左タイヤだけとめたりができます。
使い方としては、トラクターの大きな車体を旋回させる時に右に回るのであれば右タイヤを止めて、旋回します。

3.マルチ張り
こちら、畝建てとマルチ張りを一気にやってのける優秀な機械です。

今日は、とても暖かで畑の横にはスミレが咲いて素敵でした。

≪番外≫
今日は、あぐりん村5周年イベントをしているというので、娘とお買い物に行ってきました。長久手の新しいキャラクターこめこさんも出迎えてくれて娘は大喜びでした。クイズに答えて、あぐりん村の野菜キャラクターのエコバックもいただきました。

長久手産真菜のソフトクリーム¥350と高めですが、後味さっぱりで、美味しかったですよ(#^.^#)


長久手市内の方で真菜を育ててみたい方には、種を分けていただける場所もあります。地元の種なので播く時期さえ間違えなければ、おいしい真菜が収穫できます。聞いてくださいね。

コメントをして足跡を残す

農楽校向上コース実習記録
天気 雨
気温 15℃

≪実習記録≫
臨時の出校日で、ウリ科のスイカ、小スイカ、プリンスメロン、黄瓜の苗を畑に植え付けました。

ウリ科の植物は、苗の植え付け後にキャップをします。
キャップの役目は、根が安定するまで雨風のストレスから守ること、保温、そしてなんといっても瓜葉虫ウリハムシというオレンジ色の細長い甲虫から守るためです。
ウリハムシはどこからか飛んでくるのですが、葉がオレンジ色に見えるほど集まり、葉の葉脈を残してスカスカになるまで食べつくします。
数年前かぼちゃの苗で被害を受けました(T_T)

雨の中の作業で、油紙のキャップが水をはじく様子を間近かで見ることができました。

ならんだ様子が可愛い

瓜キャップ

コメントをして足跡を残す

農楽校向上コース実習記録
天気 晴れ
気温 18℃

≪実習記録≫
・向上コースの畑へデビュー

farm

今日は初めて、向上コースで実習する有機無農薬の畑へ行きました。
場所は、あぐりん村の川を挟んだ北側。写真の川の向こうに見える菜の花から左側に広がります。見ての通り太陽がよく当たります。菜の花が咲いた畑に立つだけで幸せな気分になります。

ハウスで夏野菜の苗も順調に育っているので、草刈り、草取り、耕耘と次への準備です。

草刈りで使うのは、刈払機

 刈払機

今日は使う燃料から教わりました。刈払機の燃料一般に、混合燃料25:1


Q.何が25?何が1?でしょう。
A.25はガソリン、1はオイルです。

混合燃料はガソリンとオイルを体積比25:1で混ぜたものです。
農楽校では、40:1の混合燃料を作って使っています。オイルの量が少ないこのタイプのほうが、キャビュレターなども汚れにくいそうです。
そしてこちらが、混合燃料作成のための専用容器です。

oil




4台の刈払機を使って黙々と草刈り、そして草取りをしました。
畑で育成中のスナックエンドウとキャベツ
スナックエンドウときゃぺつ

綺麗に咲いたぺんぺん草の下にキャベツがいます、栄養を取られてしまうので草を取り除きました。
例年より3月が1度以上冷えていたそうで、しばらく放置していた割には草が少ないそうです。
草取り後に、耕耘し、追肥しました。おおきくな~れ!

育苗中の夏野菜が大きくなったので朝晩の水やり当番を決めました。明日の朝!行ってきます(^^)/

≪収穫≫
・摘み菜
…基礎コースの畑で採れました。

コメントをして足跡を残す

農楽校向上コース実習記録
天気 雨
気温 13℃

≪実習記録≫
・夏野菜の管理
ナスの苗は、一週間寒い日が多かったですがグッと成長し葉が大きくなっています。

ナスの苗(0411)
なす0411

先週、すじまきした自家採取のプチトマト種が発芽していました。
種屋さんのものに比べて、発芽率が落ちるので、すじまきにしたはずがバラマキのような感じです。

自家採取のトマト種発芽(0411
自家採取のトマト種、種まきから一週間後

種から育てたピーマンを9cmから12センチのポットに移動。
地中に根がはった分、地上の茎や葉も大きく育つそうです。有機農法では、発芽から成長に応じてポットのサイズアップをします、根の力で苗を育てます。

移し替えの際、葉の裏にオレンジ色の卵(ー_ー)!!

テントウムシの卵

クイズ:何の卵でしょう?

→七星てんとう虫(益虫…畑に嬉しい虫です(#^.^#)良かった)

・耕運機を練習
チョークを弾いて、エンジンをかける。前進→後進を体験。

≪収穫≫
・ブロッコリーの脇芽
・摘み菜(菜花)
≪食卓へ≫

菜花のごま油炒め
(菜花と油揚げを炒め、火が通ったところへごま油、塩で味付け)

摘み菜のごま油炒め


今日の実習、半端ない雨でした(T_T)昨日入校し初日の雨、めげないでくださいね。

コメントをして足跡を残す