昨日、9月7日の一般質問の内容を議会だよりの原稿として提出しました。
1時間の内容は、文字に起こすと自分の質問内容だけで8,000文字あります。これを答弁を含めて660字程度におさめるルールになっているので、どの部分を載せるかに頭を悩ませつつ原稿を作ります。今年度は、会派では、山田けんたろう議員が議会だよりの編集委員です。

お時間のある方は、本会議の録画映像がアップ(9月7日分)されましたので、そちらを見ていただけると幸いです。

原稿はこちら・・・→

Q植物の持つ毒性についてはどのように広報するか
A効果的な注意喚起を行う

Q子どもたちの遊びの場、学びの場に毒を持った植物キョウチクトウがあるが対応するか。
A前熊児童遊園、西小学校では伐採抜根を予定している。南中学校では毒性を周知させている。
Q長久手市では「緑を増やそう、緑はよいもの」というメッセージを子どもたちに発信しているが、同時に「毒を持つものがある。口に入れると死んでしまう緑も身近にある」などの情報を教えていくべきだと思うがどうか。
Aホームページで促していく。

Q休日保育の実施時期はいつか
A平成30年度の実施

Qイケアの事業所内保育所の地域枠に本市で課題となっている待機児童などの現状を伝えお願いできないか。
A協議を重ねる。

田園バレー基本計画について
Q田園バレー事業は市長の公約にある幸せを実感する手段になっているが、平成24年まで課として職員がしっかり携わっていたものが、産業緑地課に吸収され人の配置が足りないと思うがどうか。
A農学校受講生OBの協力を得て今後も内容を充実していきたい。

公園整備について
Qトイレを多目的トイレに改修する計画はあるか。
A更新時期に合わせて検討する。

市内在住職員の待遇について
Q市の職員が市内に住むことは、地域で顔がわかり、災害時の即応体制や各種税の納付などの面からもメリットが多い。待遇面で上乗せしないか。
A検討する。

image

コメントをして足跡を残す

今日は決算特別委員会2日目、金曜日に続き平成27年度の決算について審議しました。

賛成多数にて原案の通り認定されました。

image

 

image

 

出産祝い事業として、木のおもちゃのプレゼントがあります。

木のおもちゃは、木曽川の水が結ぶ縁で交流宣言をしている長野県南木曽町との地域間交流事業として、木曽の木材を使用しています。

tsumiki2

こちらは平成27年からの事業で、平成27年4月1日生まれの方からが対象となりますが、出産した世帯へ「出産祝い品申込書」が送られる申込書の提出が必要です。お子さまの出生から1年が期限になっているので申し込み忘れがないよう…。

コメントをして足跡を残す

今日は一般質問3日目。私は午前の2番目に5項目について質問させていただきました。

1 植物のもつ自然毒について
2 長久手田園バレー基本計画について
3 公園整備・児童遊園整備について
4 子育て支援について
5 市内在住職員の待遇について

IMG_5867 (前熊児童遊園のキョウチクトウの花)

1 植物のもつ自然毒については、市内の公共施設内のキョウチクトウの毒性と生えている場所についてお尋ねしました。
西小学校に1本、南中学校に1本、前熊児童遊園に2本のキョウチクトウがあります。
キョウチクトウの毒性についてへ、調べるまで私自身知りませんでしたが、緑は良いものというメッセージを長久手市で続けるなか、葉を摘んで草笛をつくることを教えている様子などを見ると、子どもの自然な行動として、「あの人は木の葉で吹いていたけど、この木の葉ならどんな音が出るだろう!」となることは自然な行動です。
木に罪はありませんし、美しさや薬効から植えている大人と違うので、子どもたちには十分な教育と広報をお願いしました。自然毒についてはおりを見ての教育と、西小学校、前熊児童遊園のキョウチクトウについては伐採・抜根するとの回答でした。また、ホームページで広報はしていただけます。

毒性について知り、木を切りたいという方も不用意な伐採は危険です。
木を切った時に出る汁、低温で燃やした場合の煙など危険ですし、誤って家畜の飼料に混ぜたり、堆肥に混ぜることも大変に危険です。このあたりの広報の仕方については、効果的な広報を検討するという答弁でした。

その他の質問については、また後日報告させていただきます。

コメントをして足跡を残す

昨日に続き2日目も6名の議員が質問に立ちました。
同じ会派からは山田けんたろう議員が次の4項目について質問しました。

1 長久手市の道路交通と交通安全について
2 塵芥収集車(ごみ収集車)を利用した注意喚起について
3 障がい者の生活支援について
4 古戦場再整備基本計画について

2のごみ収集車、市内を回るスピーカーという部分にスポットを当てた質問でした。確かに、朝から物悲しい音楽(夕焼け小焼けの赤とんぼ)が流れてきて、そういう意味でもなぜあの音楽?という部分から疑問です。
4古戦場再整備計画には、会派視察の大阪歴史博物館の視察で難波宮が携帯の画面上で街の中に現れたことに触れながら、長久手の古戦場は野戦であることからARの導入を強く要望しました。

image シルバー人材センターでは、栗が沢山売っていました。

image (今日のお弁当)

コメントをして足跡を残す

今日から3日間は議長を除く17名の議員が一般質問に立ちます。
今日は代表質問ということで、6つの会派から代表質問が行われました。

image
途中、雷がなったりと不安定なお天気でした。

私の所属する長久手グローバルネットでは、佐野尚人代表が次の5項目を質問しました。

1 デジタルサイネージの導入について
2 近隣公園、都市公園等の事故対策について
3 小中学校部活動の種目拡充について
4 市役所等公共施設整備構想について
5 共生ステーションの整備について

4 市役所等公共施設整備構想については、都市計画法など関係法令の認識不足で現構想のままでの実現は困難だということ、調整区域内へ庁舎は作れない。
今ある場所に庁舎をつくる。その後アクティブ構想の体育館、公民館などを調整区域内につくるとの説明でした。
5 共生ステーションの整備については、第一弾としてスタートしている西そして市が洞につづき、北と南のワークショップは同時期に進んでいるのに、北は場所などが具体的に決まっているのに対し、南はどのように整備していくのかを質問しましたが、明快な回答はありませんでした。

同一会派の議員は関連質問を一回でき、1のデジタルサイネージ導入について関連質問をしました。

(質問)
文化の家の大型看板は、図書館通りからよく見え広告効果は高いと考えるが、対象となる催し物の時期によるのか、興行後も長く放置され、次の案内が速やかに行われないことが多い。デジタル案内板にすることで、速やかな情報更新が行われるとともに、日が落ちた後も広告見え、緊急情報を伝えることができるなどメリットがあると思うが、導入しないか。
(答弁)
文化の家の図書館通り沿いの土地を購入したので、その活用を含め、看板のあり方は検討する。

山田けんたろう議員は、2近隣公園、都市公園等の事故対策についてを質問しました。

image (議会中は休憩時間がもったいないのでお弁当持参)

コメントをして足跡を残す