今日、長久手市議会は一般質問2日目。
5名の議員が質問に立ちました。(私、なかじま和代は朝2番でした)

朝一番は、伊藤祐司議員。

・ため池の管理について
・里山の整備について
・農業用隧道(ずいどう)について

の3項目はどれも、昔からある長久手の長久手らしさへの保全の必要性を訴えた質問だったので、少し紹介します。


ため池で近年アイオウアカウキクサ、ホテイアオイ、ヒシの異常繁殖が起きている。
その原因が夏場に雨が少なく、猛暑日が続いたためなのか、田んぼが少なくなり、ため池の水が使われないことで水の動きが少ないためなのか…といた答弁がありました。

里山整備については、近年イノシシがあぜを壊し、水路の手入れが行き届かなくなっている現状をこのままにしていては取り返しがつかないものになってしまう。
これに対し、農楽校の活用のほか、副市長からは「ジブリパーク構想の近くを荒れたままにできない」と言う答弁がありました。

隧道(ずいどう)とは?トンネルのことだそうです。
長久手にあるものは、水を引くために砂岩を掘ってできたものだそうです。

私の一般質問は次のブログに記載します✨

3番目は、山田けんたろう議員。

3項目質問でしたが、その中で公用車(青パト、N−バス、塵芥収集車をふくむ)へのドライブレコーダー積載率が100%であることを確認し、
①動く防犯カメラ
②運転手のマナー向上
などの面から、名古屋市などで行っている公用車への「ドライブレコーダー作動中」のステッカー掲載を提案していました。

4番目は山田かずひこ議員。
5番目は大島令子議員。
病児病後児保育については、昨日は田崎あきひさ議員、本日は私と大島令子議員が質問しました。それぞれがちがった角度から質問です。

コメントをして足跡を残す

今朝は小学5年のクラスに朝読みボランティアで入りました(o^^o)


おおきなかぶ「どこの国のお話しかな?」のクイズからスタート。内田莉莎子さんの訳つながりで12のつきのおくりものを読みました。

とんでいったおなべは、秋の森へきのこ狩りに出かけた女の子が不思議な鍋を持ったこわいクマに出会います。クマのお嫁さんになるよう脅される女の子が知恵を絞り、「すきなひとと結婚して、今ではたしか、みなさんくらいの子どものお母さんになっているはずですよ。」というハッピーエンドのお話しです。

そして、議会開会日。

全員打合せから始まり、10時開会。

会議録署名議員指名、会期の決定、諸般の報告、議案の上程、説明がありました。

12月22日までの24日間で平成29年第4回長久手市議会定例会が開かれます。

明日は諸般の報告、議案に対する質疑などが予定されています。

三男が絵の束を保育園から持ち帰りました。


鏡文字が💕

コメントをして足跡を残す

昨日は、一般質問の通告日でした。(受付は本日正午まで)

今回も5項目を質問します。
以下、なかじま和代一般質問通告内容です。

1 認定こども園について

平成29年4月に長湫北保育園が移転新築し、上郷保育園、長湫東保育園が今後は改築となるが、地域の実情や保護者のニーズに応じ、保育所型認定こども園として整備していくことが望ましいと考える。今後の改築に合わせ、市内の保育園を保育所型認定こども園にしていかないか。

2 病児・病後児保育事業について

平成28年第4回定例会の一般質問で、病児・病後児保育の1日あたり4,000円の利用料について所得区分、多子世帯への配慮を提案した。福祉部長は「低所得者世帯の経済的な負担の軽減、そういったこともメリットにはなると思いますので、一度よく中で研究をさせていただきます。」と答弁であった。

⑴ 所得区分、多子世帯への負担軽減策は実施できるか。
⑵ お迎え型体調不良児保育事業についてはどのように研究されたか。

3 国民保護と全国瞬時警報システム(Jアラート)について

保護者宛に教育委員会より10月17日付で「北朝鮮の弾道ミサイル発射に係る授業の取扱い等について(お知らせ)」があり、保護者からは不安の声がある。

⑴ 長久手市国民保護計画に基づく研修はどのように行われているのか。また、啓発はどのようか。
⑵ 11月14日全国瞬時警報システム(Jアラート)避難訓練はどのように行われ、本市での成果はどのようだったか。

4 インターネットの活用と被害防止対策について

急速なインターネット環境の普及にともない未成年の利用が一般的になっている。子どもたちが日常使うLINEを用い滋賀県大津市、長野県ではいじめ相談窓口を開設したところ相談件数には目を見張るものがある。また、神奈川県座間市のSNSを通じた事件では、トラブルに巻き込まれない自衛能力の強化が必要だと考える。

⑴ LINEを用いたいじめ相談窓口を設置しないか。
⑵ 学校などでどのような対策をしていくか。

5 アスリート・文化芸術家の育成について

スポーツ、文化芸術の全国大会などで優秀な成績を収めた市内の児童生徒の活動を知る機会があまり無い。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた気運の醸成をはかるためにも活動を支援していくことが必要だと考える。

⑴ 表敬訪問はどのような基準で受け入れているのか。
⑵ スポーツ、文化芸術で優秀な児童生徒などを地元の星として広く周知し、育成を支援していくべきではないか。


朝8:30の受付開始前に9議員が並び、あみだくじの結果で登壇順を選び、私は8番でした。
登壇順に受付審査があります。

待ち時間に、市役所西庁舎1階カフェピィッツでモーニング(320円)をいただきました(๑˃̵ᴗ˂̵)


瀬戸市議会の伊藤けんじ議員を訪ね瀬戸市役所へ。

トイレルームの洗面台などが瀬戸物で素敵でした(*⁰▿⁰*)

コメントをして足跡を残す

第7回長久手市議会議会報告会を開催しました。



1部では、
以下の3つのテーマの議会報告

①市役所庁舎の建て替え
②教育環境・学校へのエアコン設置
③地域共生ステーション整備


休憩をはさんで、

2部では、
3つのテーブルに分かれて参加された市民の方と意見交換を行いました。







最後に、他のテーブルの方たちにいただいた意見をまとめて報告しました。

私のついたテーブルでは、7名の市民の方とくらし建設委員会のメンバーで意見交換を行いました。以下に抜粋を紹介します。

①市役所庁舎の建て替えでは、

・「いつ建て替えなのか、はっきりさせて欲しい」
・「手法の違いによるメリット、デメリットをはじめ、市民が決めるなら決められるだけの材料を市民へ提示して欲しい」
・「市民が50人いれば50の意見がでるけれど、どうまとめるのか」
・「市民に決めてもらうというが、決めたら市長は責任を持って実行してくれるのか」
など。

②教育環境・学校へのエアコン設置では、

・「今の時代、つければいい」と全員一致の意見でした。
・「なぜ、今までつけるに至らず、何度も夏を迎えたかの根底には、市の非科学的(贅沢だ、我慢出来る、木を増やせば…」)な主張がある。温暖化の状況やエアコンの設置率など数字で根拠を示してほしい」
など。

③地域共生ステーションの整備では、

・「北・・・待ち遠しいままに延期され平成31年完成予定になったが、北小校区共生ステーション建設予定地の旧北保育園園舎は放ったらかしで草ぼうぼうになっている」
・「管理費はいずれ地域で…と言われているがそんなことができるのか」
・「待ち合わせできるように、名称、場所、看板設置などはっきりさせてほしい」
・「各小学校区に1つ本当に必要なのか、集会所の利用で良いのでないか」
・「連合会費をもらって連合会は運営されているが、まちづくり協議会は市からお金が出て同じことができるとなるなら連合会はいらないとならないか」
など。

どのテーマについても、共通して出た意見は市長についてでした。
・市長は長久手市のトップ(リーダー)だろうと思っている市民が多いのに、市長本人はトップとして物事を決めていかないので、市民との意識に乖離があること。
・市民市民と市民の意見で決めると言われるが、参加できる市民は限られている中で、市民という言葉を免罪符にして欲しくない。

今回の議会報告会でいただいた意見を議会で共有し、今後に生かしていきます。ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す

今週末10月28日(土)14:00〜(西庁舎3階)議会報告会が開催されます。

午前中は、先日に続きリハーサルを行いました。



当日はテーマについての意見交換もあります。ぜひ、お越しください。

コメントをして足跡を残す