議会だよりのくらし建設委員会部分の原稿作りのため、今議会で審議した案件の写真撮影に市内を廻りました。


11月1日にオープン予定の市が洞共生ステーション


「駐車場28台、駐輪場0台」は、共生ステーション建物前に14台分、建物脇の小道を300歩ほどいったところに駐車場が14台ありました。

何点か気になった部分があり、担当のたつせがある課に伝えました。

・遠い駐車場から共生ステーションまでの動線が市が洞学童クラブへ向かう場合とわかりにくい部分がある。
駐車場から続く舗装は学童につながっていて、その奥の小径が共生ステーションにつながっています。




・日暮れ後の街灯が足りないのでないか。
・舗装されていない道の片方が池で落ちる危険がある。(特に夜)






・共生ステーション前の駐車場へ入る場合、出る場合ともに入口左右の木が目隠しになっていて危ない。


駐車場出入り口の木は剪定の予定だということでした。

市営の卯塚墓地では、お彼岸の後で色とりどりのお花が供えられていました。



秋の夕陽は毎日綺麗です。

コメントをして足跡を残す

長久手市議会は、議会運営委員会が開催されました。会派からは山田けんたろう議員が委員として出席し、傍聴させていただきました。


議員派遣、議会報告会、代表質問の取り扱いなどについて議論がされました。


続けて会派代表者会議が開かれ、自治基本条例について意見調整が行われました。
会派長久手グローバルネットから代表の代わりに出席させていただきました。


午後は会派内で勉強会を開きました。
市役所周りの稲刈りが始まりました。

コメントをして足跡を残す

3連休を挟み、くらし建設委員会が開かれました。


平成28年度決算認定は、公共下水道事業、農村集落家庭排水施設、卯塚墓苑事業、公園西駅周辺土地区画整理事業の4つの特別会計について審議しました。

また、市道路線の廃止・認定、公園西駅の駐輪場増設に伴う住所の追記、市が洞共生ステーション開所に伴う住所の追記の4つの議案についても審議しました。

公園西駅の駐輪場増設は、第3自転車等駐車場の名称で、IKEA側に降りる歩道橋の階段下に11台の予定です。
公園西駅周辺には、他に第1、第2の駐輪場がありますが、前熊東交差点の改良工事に伴い第2駐輪場が自転車115台、原付10台から自転車原付合わせて100台へと25台分駐輪場が減少します。
現在の利用は6割ほどだということでしたが、今後住民の増加によりさらに整備が必要になるかもしれません。

市が洞共生ステーションは、11月1日オープン!予定です。
広さは、西小校区共生ステーションと同程度の352.3㎡、玄関脇に須恵器の展示スペースを設け、会議室3部屋、キッチンのあるフリースペースがあり、駐車場28台、駐輪場0台です。
西小校区共生ステーションの使われ方を見ていると、徒歩での利用者ばかりではないので、駐輪場0台はどのような利用者を想定してのことなのか思いますが、須恵器の展示方法、駐車場を減らし駐輪場にするかなどを含めた管理、運営については今後設置される運営協議会で話し合いがされ、決まった内容についてはホームページで周知していくという説明でした。

「道路整備事業にかかる国財政上の特別措置に関する法律」が時限立法で最終年度にあたるため、継続措置を求める意見書をくらし建設委員会から出すことになりました。

また、公園西駅周辺土地区画整理事業のみちづくりの状況について
1 IKEAオープンに伴う渋滞対策について
2 前熊東交差点の右折方法変更に伴う影響について
所管事務調査を行いました。




前熊東交差点は、今月末9月29日(金)22:00〜9月30日(土)6:00まで青色部分が通行止めになります。
夜間とはいえ、主要路線での通行止めなので滞りなく工事が進むようお願いしました。

 

台風18号による長久手市内の被害状況の報告をいただきました。
今回の台風により、市内に大雨洪水・暴風警報は発表されませんでしたが、市役所職員の方は28名で災害対応にあたりました。
物損被害は23件、そのうち街路樹や竹などの倒木が17件もありましたが、対応はほぼ完了し綺麗な街並みが戻っていることに感謝です。



今日の保育園給食

コメントをして足跡を残す

今日は、佐野尚人議員が代表質問で取り上げた「犯罪被害者及び家族の救済について」NPO法人犯罪被害当事者ネットワーク緒あしす 代表の青山氏のお話を会派でお伺いしました。

防災、防犯の取り組みはあるが、いざ被害にあった時どうするのか?

あまり備えていないこの問題について・・・。
明石市の「明石市犯罪被害者等の支援に関する条例」取り組みとともにお話を伺いました。

まずは、被害を受けた本人、家族がその日から1日も早く回復への道のりが歩めるようにサポートする環境が必要です。
長久手市の窓口で支援に結びつくような取り組みをお願いしました。

そして、安心して暮らせる環境づくりと、もしもの時に備え知識を持ってもらえるように、必要なことをしていきます。

平成29年9月定例会の代表質問・一般質問の動画がアップされています。
(9月1日)代表質問:佐野尚人
(9月4日)一般質問:山田けんたろう
(9月5日)一般質問:なかじま和代

9月1日の代表質問では、最後の部分で時間をいただき、関連質問をしています。





今日の夕焼け空、刻々と変わる色がとても綺麗でした。

コメントをして足跡を残す

今日は休会日、長久手市議会は開かれていません。

午前中は小学校のPTAサークルに出席しました。夏休み明けでいろいろな話題が出ました。


(西小学校の畑で3年生が育てている綿花が弾けていました)

午後からは所管のくらし建設委員会の委員長と市役所の説明を受けました。

夜は、自民党長久手の役員会に出席しました。

昨日の一般質問について、スマイルポイントについて議場で答弁いただけなかった部分を連絡いただきましたので、☆部分を追記しました。

答弁いただいた内容から、3項目目、4項目目、5項目目を紹介させていただきます。

3.雷、竜巻、紫外線など気象変化への対策について
参考として、気象庁の出している「自分の身は自分で守る!」大雨・雷・竜巻の子ども向け啓発資料を紹介させていただきました。
いままで市から雷、竜巻などについて啓発は行っていなかったが、市役所からも学校からの情報・対策をしていただけることになりました。
紫外線対策については、プール指導ではラッシュガードなど紫外線対策が必要な方は申し出てくださいという案内が学校からあるため、保護者から着用の申し出がしやすい。それに対し、登下校、体育、部活動中については言い出しにくい土壌があることから、ぜひ、同様の案内をできないかお願いしました。
また、プール上に日除けを設置することなどを要望しました。

4.感染症予防について
平成27年3月策定の長久手市新型インフルエンザ対策行動計画で医療機関受診患者数は約10,960人、そのうち約280人が死亡するという被害を想定しています。

全庁一体になって取り組んでいると答弁がありましたが、この行動計画の中には、対策の推進のための役割分担に市民の役割という項があります。
「市民は何を備え、どのように行動したら良いのか」の指針となる情報を提供するべきだし、備えこそは最大の予防になるので、地震対策と同様に積極的に取り組んでいただきたいと要望しました。

横浜市では、市民向けに行動計画を策定しているためこちらを紹介しました。

家庭の備蓄品としては、防災備蓄がしっかりできていれば大抵のものは兼用できますが、使い捨ての不織布マスク家族数×2週間分が必要です。
腐ってしまうものでないので、ぜひ備えていただきたいと思います。

香流川再整備計画を公開していないと伊藤祐司議員が指摘していましたが、長久手市新型インフルエンザ対策行動計画もホームページ上に公開はされていません。市民にも役割のある計画については、目を通せる環境が整えて欲しいです。

5.AEDの屋外設置について
市内の公共施設41箇所53台のAEDは、使用可能時間が平日などに限定されていることから、屋外に移設もしくは増設を要望しました。

すぐにということではありませんが、契約更新のタイミングで屋外移設が進みそうです。
心停止から5分以内の使用が効果的で、蘇生のためには1秒でも早くAEDを使えることが人命救助に効果的なことからも1日も早く屋外設置が進むことをお願いしました。

コメントをして足跡を残す