今日は、尾張東部衛生組合議会で瀬戸市北丘の一般廃棄物最終処分場とASEC(愛知臨界環境整備センター)に行政視察に行ってきました。

どちらの施設も、長久手のゴミの最終処分場です。

ASECは、知多郡武豊町衣浦の海に、500億円の建設費をかけて作られ、平成22年より愛知県全域の廃棄物最終処分場として受け入れを開始した施設です。
受け入れられる廃棄物の量は496万㎥(東京ドーム約3杯分)。
当初、13年間の受け入れを想定していましたが、平成27年3月末までにおよそ20%に埋めた状態なので、もう少し長く使えそうだと言うことでした。

IMG_9524
IMG_9547
廃棄物の汚染が海に出ないよう、護岸には遮水シートを二重に敷き、ケーソンと呼ばれる鉄筋コンクリートの巨大ブロックが使用されています。

IMG_9537
ASECまでは、片道1時間以上。
長久手のゴミが晴丘センターで燃やされ、遠くまで運ばれていると実感しました。
尾張東部衛生組合(瀬戸氏、尾張旭市、長久手市)からの搬入量は、名古屋市、一宮市に続く第3位、5500tほどで、全搬入量の8%ほどです。
もちろん5500tのゴミの搬入にはお金がかかっていて、年間8,000万円。

最終処分場が長く使えるように、資源にならないゴミ(消却灰)が少しでも少なくなるように。
家庭では、ゴミの分別を徹底し、パッケージの少ないものを買うよう心がけたいと思います。

コメントをして足跡を残す

今日は、議会だより編集委員会で紙面作りについて話し合いをしました。

表紙のイメージアップのために、号数、発行日などの記載事項は必要最低限に抑え、写真を効果的に配置することや、これから迎える10月議会の26年度決算のページ数や取り扱いをどうするかなどを決めました。
発行は12月1日になります。

話変わって、今日、「待機児童5年ぶりに増加」がニュースで取り上げられていました。

長久手市もここ数年保育定員を増やしても、利用希望者がその枠以上に現れ、今年度も0〜2歳児の待機児童が二桁と申し込みに追いついていません。なんとか、保育に欠ける状態の子どもに居場所ができるよう、実情に合わせた整備二向け働きかけていきたいと思います。

10月号の広報ながくて(P10)平成28年度保育所入所案内

6月の一般質問で指摘しましたが、この一斉申し込み・4月入所が一番入りやすいタイミングになっています。

image
入所の基準となる保護者が保育できない事由には、
・保護者が仕事をしている場合
・保護者が病気や障害がある場合
・保護者が長期に介護に手がかかっている場合
・働きたい場合
など

入所案内と申し込み用は、明日10月1日より各保育園と子育て支援課で受け取れます。
提出までに揃える書類もあるので、早めの受け取りをお勧めします。

コメントをして足跡を残す

今日は、10月議会の一般質問を提出してきました。
会派の代表質問が先に入りますが、個人の一般質問では2番目です。
一般質問の順番は提出順に決まりますが、8時半までに集まった人のなかでは話し合いなどで順番を決めます。
今回は、田崎議員、吉田議員、私の三人で順番を決めました。

10月の議会日程で一般質問は3日間。
10月9日(金)9:30〜
10月13日(火)9:30〜
10月14日(水)9:30〜
一日目の後に、3連休を挟んでの開催となります。
28日正午までの提出を待って、10月2日の議会運営委員会で、質問日時が詳しく決まります。

私の質問は、以下の3点です。

1、防災について
長久手市では、南海トラフ地震や東海地震など大きな地震の発生が懸念されており、東日本大震災を上回る被害が生じるとさえ言われている。
⑴ 市内一斉防災訓練で自主防災活動推進のために何をしているか。安否確認のため、無事カード作成など体制作りをしないか。
⑵ 大規模災害時における遺体の搬送、安置場所は考えているか。
⑶ 長久手市市民活動災害補償制度とボランティア活動保険の違いは何か。

2、赤ちゃん駅の設置について
子育て中の親子が安心して外出できる環境の整備を図り、地域で子育てを支えるまちづくりを推進が必要である。
⑴ 公共施設に赤ちゃんの駅となるおむつの交換台、おむつ用ゴミ箱の設置、授乳室、調乳用のお湯、手洗いなどを設置しないか。
⑵ 市内協力施設へ推進事業補助金を交付できないか。

3、医療費助成制度の拡充について
⑴ 子育て世帯の経済負担軽減を図るため、子ども医療費助成制度の対象を18歳までに拡充できないか。
⑵ 子宮頸がん、乳がんは若い世代に多いがんである。また、大腸がんは、近年男女とも中高年に増えているがんである。これらのがんは、いずれも早期発見・早期治療で治る可能性が高いがんである。
 がん検診の機会を増やすため自己負担金を軽減しないか。

image image

コメントをして足跡を残す