20日ぶり、2回目の自治基本条例検討委員回が開かれました。

「ふつう1回目は参加者が多いけれど、2回目はこっそり減るんですが・・・。」と。
参加者を数えると前回43人→今回43人。

前回十分に時間をとって、アイスブレイクをした効用か?会のはじめから笑顔の方が多かったです。
前回のレポートは、写真に笑顔があふれ、内容はとてもわかりやすいものでした。

img_6981

今回は、前回7つのグループから会の名称として提案されたものについて、投票と話し合いで名称を決めました。
投票の方法も良かったです。

・一人一人に3つのシールが渡され、会の名称「いいなぁ」と思う「きもちの重さ」に応じて1つでも3つでも名称の書かれたシートに貼っていきました。


結果からさらに、話し合い、言いたいことを出し尽くし、決定した名前は『自治KEN』
理由は主に
・自治を話し合うということで「自治」の語は外せない。
・KENには研究の研、憲法の憲、自治検討の検、権利の権、健全の健…などを含み。
・呼びやすい!わかりやすい!シンプル!

参加者みんなで考え、ほどほど納得して、きもちよく名前を受け入れました。
ここまでの時間がおよそ30分強!すばらしい!

img_6989 img_6987

名前が決まった後は、
「長久手ってどんなまち?」から「こんなまちになったらいいな!」を日曜日から土曜日までの7つのグループで話し合い、発表をして、それぞれのグループの「こんなまちになったらいいな!」を川柳やイラストで発表しました。


ブレスト(ブレーンストーミング(brainstorming))手法で行われました。
成功のコツは
1.質より量。1枚より2枚。
2.笑いと奇抜さを重視。
3.相乗り、横乗り、大歓迎。…妖怪ウォッチのように組み合わせの妙もOK!

今回の話し合い、発表の結果は、12月20日第5回の開催時に条例の前文の素材として大切にしたいというお話でした。



次回
第3回の開催は、10月31日(月)19:00〜21:30西小校区共生ステーション


今回、市民ということで参加させていただき、自己紹介で「りんご狩りに行きたいな」と言ったら、長野のフルーツガーデン北沢を紹介していただきました。
なんと、りんごの木の下でバーベキューもできるようです!
いいところを教えていただきました

コメントをして足跡を残す

自民党の愛知県連政経セミナーに参加しました。

img_6974

石破元地方創生大臣が講演され、長久手市の取り組みも紹介していただきました。(遠い写真です)

img_6969
img_6978
img_6979

大雨の中、名古屋に向かいました。お堀の外からですが、名古屋城が見れ元気が出ました。

コメントをして足跡を残す

西小校区まちづくり協議会準備会に参加しました。
まちづくり協議会を校区の方に広く知っていただけるようにと、内容を紹介する冊子の案が示されました。

img_6937

冊子の案がとても具体的だったこともあってか、今まで以上に建設的な意見、疑問を解消したいという意見が多く出たように思います。

まちづくり協議会は、自治会に入っていない方、この地区であまり繋がりを持たない方が興味をもっていただけるきっかけ作りや校区内の様々な団体のマッチングなどに期待しています。

同時に、自治会はこのまちづくり協議会の骨の部分にあたるのではないかと思っています。

「入っている人も入っていない人も同じ」の部分が強調されていることは、「入らなくていい」と聞こえ心配です。
広くお互いが顔の見える関係を作りたいというのであれば、情報の伝え方もお隣さんにまわす回覧板が一番だと思います。
書類をお金を使って郵送することポスティングすることでは、自宅に届く大量のDMと同じ扱いになってしまうのではないかと思います。もし、郵送、ポスティングという手法を使って広報するならば、相手の名前をきちんと書いて◯◯◯◯様と宛名を書き、「あなたに参加していただきたい」、「あなたに見て欲しい」とわかりやすくすることも大切だと思います。

自治会がまちづくり協議会の骨の部分としてしっかり太くなれば、多様化し生きた情報が回覧板のスタイルで回せると思います。

西小学校区は、打越・久保山・作田平池・塚田・五合池・桜作・仲田・西浦が該当します。
各地区の現在の自治会加入率を一括りで示すのではなく、それぞれがどれだけの加入率か示し、加入されない方にはどの部分が課題となって加入しないのか聞き取り、一つ一つ解決出来ないものかと思います。

次回は
11月27日(日)16時〜
西小校区共生ステーション

img_6938

噂の?!体成分分析装置測定会
10月25日(火)10時〜12時
申し込み不要です(*^^*)

コメントをして足跡を残す

第483回歩けあるけ運動に参加してきました。

img_6880

今回は北小学校グラウンドから出発!


香流川沿いを歩き、図書館・桧が根公園をぐるっとまわり、坂を下りてベンケイの横からまた川沿いを歩き・・・

ちょうど1時間、少し冷たくなった空気が気持ち良かったです。

img_6881
img_6887
img_6888
北保育園の移転新築工事現場

次回の歩けあるけ運動は、東小校区を歩きます。
11月6日(日)7時〜農村環境改善センターです。

コメントをして足跡を残す

「長久手の里山を知ろう」のプログラムがまちセンカフェで開かれました。

ながくて里山クラブの横田氏が、日本の国土が人の影響のなかった時代から、人の手の入り方、土木技術の進歩、燃料が薪や木炭などの身近なものから石油に変わったこと、肥料に化学肥料が登場したことで変わっていった様子をわかりやすく説明してくださいました。

img_6849

Q桃太郎に出てくる「おじいさんは山へしば狩りに・・・」

しば?

Aこのしばは、芝でなく、柴。
柴・・・小さな雑木。
たしかに絵本に登場するおじいさんは、芝生の芝のようなもので無く、背負子(しょいこ)に小枝を担いでいます。
肥料や燃料として利用していた時代は、落ち葉や小枝の需要は高く、田畑が増加すると奪い合いになり、生活圏の山々はハゲ山にという様子を、古い絵(明治期大原の薪売り娘)や写真で見せていただきました。

日本の農業人口比率の推移という資料は、初めて見ました。
農に携わる人の割合が底なし状態で減ってきたことが衝撃です。

img_6845

江戸時代・・・80%
昭和20年・・・40%
昭和35年・・・27%
昭和50年・・・11%
平成28年・・・1.3〜1.5%

ながくて里山クラブさんでは、竹林整備人材育成講座、正月飾り作りなどを予定さています。

img_6851

まちセンカフェは、まちづくりセンター1階の交流スペースで、毎月第3土曜日10時から11時30分にいろいろなテーマで開かれます。事前の申し込み不要、参加費無料です。

次回以降の予定は、
12月17日「子どもと楽しむ家庭英語のすすめ」
1月21日「まちセンカフェ 新年会」
2月18日「落語の楽しみかた」

コメントをして足跡を残す