リニモ(愛知高速交通(株))の経営状況について、長久手市議会全員へ説明会がありました。
リニモは開業以来無事故です。今後も安全・安定輸送を第一に取り組んでいくとのお話でした。


リニモの車両基地がある愛知高速交通株式会社本社で、利用者の状況、経営状況について説明いただきました。

・利用者は近年伸びていて、平成27年度は1日平均20,719人。万博開催後、初の1日平均2万人越えだそうです。

・通学定期は、平成22年に沿線大学への古戦場シャトルがスタートし利用者が増えました。

・通勤定期は平成18年からの9年間で2.3倍利用増えています。

・平成28年3月12日からリニモ全駅にICカード(manaca)を導入しました。これに伴って地下鉄との連絡定期券を発売し、地下鉄との乗り換えなど、利便性向上が図られました。

・平成28年12月にイオンモールのオープン、平成29年秋のイケアオープンによる利用者増加を見据えダイヤ改正をしました。

平成26年度から経営改善計画に基づいた経営をしています。

平成27年度から経営が黒字化しましたが、開業から25〜30年で車両の更新が必要となり、一両2.5億円がかかるそうです。
リニアモーターカーは量産ラインを作るほどの台数でないため、手作りの工程が多く高額になるそうです。
(東京ディズニーランドのモノレール一両2億円)





その後、車両基地内の見学をしました。

コメントをして足跡を残す

長久手恒例のスポーツイベント『長久手新春ふれあいマラソン』が開催されました。



寒〜い朝でした。





大勢の方が朝8時半からの受付に並び、参加されました。

ステージからは長久手響鼓の演奏で元気な太鼓の音が響いていました。

次のコースは、3位までが表彰されました。

・12キロ男子(優勝40分8秒)・女子(優勝47分)
・7キロ男子(優勝21分40秒)・女子
・1.8キロ小学生男子・女子

そのほかに、仮装賞もあり、楽しませていただきました。

ルパン3世とその仲間の次元、五エ門、不二子の4名チームは、五エ門が草履?雪駄?で走っていてびっくりしました。
魔女の宅急便のかわいい魔女3人、キラキラの赤鬼など着ている大人も楽しそうでした。

当日受付OKのジョギング1.8キロコースも大勢の方が参加されました。

走者全員に、協賛企業さんからの飲み物や割引券が配布されました。



今回、長久手市議会で同じ会派の佐野尚人議員、山田健太郎議員はジョグパトスタイルで7キロコースを完走しました。

私は、毎年ジョギングコースで出ているのですが、今年は受付・記念品の配布を受け持ちました。

コメントをして足跡を残す

あいち女性議員の会は、愛知県内の女性議員による超党派の政策勉強会で、薬師寺みちよ参議院議員が、女性が未来に夢を持てる社会をつくり、子どもたちの笑顔あふれる明るく元気なまちづくりを実現していくためにと毎回様々なテーマで開催してくださっています。



今夜のテーマは、『シングルマザーの現状と支援』についてNPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長 赤石千衣子氏を講師にお話をうかがいました。

しんぐるまざあず・ふぉーらむの活動は多岐にわたりますが、無料のメルマガ登録者が増えているということでした。また、入学お祝い金事業(3万円、200名まで)の申し込み受付中だが申し込みは多く、多様な困難の実態があるとお話でした。

申し込みの詳細→2017年新入学お祝い金の申し込み受け付け

問題点としては、



・シングルマザーの就業率は80.6%と世界の中で高いが、その中で非正規の割合が57.0%で、平均年鑑就労収入は181万円と父子世帯、一般世帯と比べ低いこと。

・離婚の理由を聞くと、暴力、精神的な虐待、生活費を渡さないなど…、一概に我慢してでも結婚を続けたほうが良いとは言えない。(DVの自覚が無い加害者)

・シングルになる父、母の中卒率が高い。


・児童扶養手当の支給が、4ヶ月に1度で月別の家計収入に大きな差があること。

・シングル世帯への公的制度を知らない割合が多い。

・日常生活支援(残業対応ができる仕組み)の不足。

就業支援事業の効果検証では、高等職業訓練促進が非正規から正社員への就業移動に積極的な効果があるそうです。

高等職業訓練の対象資格は、看護師・介護福祉士・保育士・理学療法士・作業療法士があたります。

コメントをして足跡を残す

来月、子ども会でいちご狩りを計画。

下見を兼ねて、豊田市のうめこう桃梨苺園にきました。
今日は車で行ったので、片道20分から30分。イオンのあたりが渋滞でした。



ハウスの中は夏の陽気。立派ないちごがズラーッと並んでいました。
暖かいというより、じわっと暑かったですが、45分間楽しみました💕
いくつか摘んでから、涼しいところで食べるのがよかったです。

子ども会では、リニモから愛知環状鉄道へ乗り換え、貝津駅からは徒歩で農園に向かう予定です。



貝津駅までの道のりをチェック。駅には緑色の列車が入ってきました。

持ち物に、脱いだ服を入れる袋、手を拭く濡れタオル(ウェットティッシュ)が必要です。
タッパーにいちごのヘタを入れます。
コンデンスミルクの器もあるので、片手では難しい子もいそうです。
いちごの摘み方指導が必要です。

コメントをして足跡を残す

『ながくてフォトレポ』は、まちの課題に気づいていても、窓口の空いた時間に出向くことも、電話することも難しい方が、課題箇所の写真を撮ってスマホのアプリを使って投稿すると対応してもらえる。というものです。

実証実験ということで、実用化に向けて2ヶ月近く試行されてた『ながくてフォトレポ』ですが、課題の投稿は34件の内27件つまり79%対応済みだそうです!

投稿34件の内訳は、標識13件、道路6件、公園6件、河川2件、ゴミ1件、その他6件。

アクセス解析の報告をうけました。



アクセス数の推移は、土日祝日にアクセスが少ないこと、投稿を促すメールをすると少し動きがある。

『ながくてフォトレポ』のサイトへ、どこからアクセスしたのか?
の結果は、長久手市役所ホームページからの方が1番でした。


9番に私のホームページ nakajima-kazuyo.com のサイトもランクイン!







ワークショップでは『ながくてフォトレポ』に投稿された課題の対応について考えました。

課題解決の主体は自分なのか自治会なのか市役所か?解決までの道のりは易しいのか、難しいのか?
についてふたつの班に分かれ、ワークショップをしました。



『ながくてフォトレポ』の地域課題と地域の魅力集めをすることになった経緯を伺いました。

魅力のフォトレポの活用方法と、フォトレポの事例(富岳3776景、金澤写真アルバム、東浦町画像オープンデータ、下呂市のgerostagramなど)を紹介していただきました。

コメントをして足跡を残す