保育園年長組の三男、雨で延期になっていた保育園の田植えに無事行ってきました。

第一声が

👶「疲れたから、もう田植えはしたくない。」

私「疲れるまで頑張ったなんて、すごいね〜!ママは田植えしたことないんだけど、どうだった?」

と聞くと、

ちょっと気持ちいい泥だったこと、田んぼにいろんな虫や鳥が来ること、お米になること、
リニモを使って、クラスのみんなと移動し、田植えの後、給食までお腹がぺこぺこだったこと…。

次に田んぼに行くのは、秋の稲刈りです。
いいとこ取りの体験ですが、小さなうちにお米作りの一端を体験できることが有り難いです。

コメントをして足跡を残す

保育園の貸出絵本がスタートしました。


毎週、木曜日に子どもが選んだ絵本を持ち帰り、週末を挟んで月曜日に返却をします。

年長さんになって1冊目は!


「エルマーとりゅう」

木、金曜日に長久手を主人に任せていたので、借りてきた絵本が100ページ越えで、絵もそう多くない本なので、気合いが入りました🤗

エルマーシリーズは上の子どもたちも大好きだったので、家に双六があり、なんども遊んでいたので、借りてきたのかなぁ?

コメントをして足跡を残す

今年も4月28日、龍馬プロジェクトのメンバーと靖国神社を参拝いたしました。



国のために戦い、尊い命を捧げられた御英霊に対して、感謝し、日本の安寧と世界の平和を祈りました。

今日から3日、勉強会に参加します。

コメントをして足跡を残す

津島神社、天王川公園(愛知県津島市)へ出かけてきました。

津島神社は、長久手市の市指定有形民俗文化財「前熊の山車」のお祭り、前熊天王祭りの総本社にあたります。

4月27日から5月6日まで「尾張津島の藤まつり」が開催中で、たくさんの人出でした。


津島丸に乗舟しました。


「琴の演奏付き、ガイドさん付きで30分ほど…」と言われて乗ってみました。

ガイドさんのお話は、津島神社が疫病厄難除の神さまとして御利益がある話に始まり、天王祭の紹介では「津島市のふるさと納税」のアピールもあり、最後はガイドさんのご出身、薩摩が治水事業で果たした役割と「ふるさと」の歌を琴の音に合わせ手話講座までしてくださいました(≧∀≦)

乗舟案内「藤まつり 琴イベント舟」津島丸

乗舟時間 朝9時半〜最終は午後3時 大人700円


藤は12種114本。


こちらは一本の木!╰(*´︶`*)╯♡


津島神社


こちらでもガイドさんがいらっしゃったので、お話しいただきました。

提灯の灯りは、ろうそくに火をつけてから一本ずつセットしていくそうです‼︎


大太鼓胴内くぐりも藤まつり期間中できます。


本当に大きな大きな太鼓です。

先日のあいち女性議員の会で、津島市議会の宇藤久子議員に「日本一の藤棚を観に来て」とのお誘いで伺いましたが、長久手と縁ある津島神社を初めて参拝することも出来、ボランティアの方の活躍ぶりに驚いた楽しい一日でした。

電車で1時間🚃、近くに良いところがありますね。

コメントをして足跡を残す

気がついたら、こんな時間。2時です、書いたら寝よ〜☆

なかじま和代レターを配っていたら、「読んで、長久手がだんだんよくなっていると思った」と嬉しいお声をかけていただきました(#^.^#)

いくつになっても、嬉しい気持ちはパワーが出ます!!

なかじま和代レターは、最初のデザインを作ってくださったデザイナーさんいます。
手紙のように。と、素敵なデザインを考えてくださいました。

最初のデザインを作ってくださったデザイナーさんから型をいただいてからは、自分で作っています。

記事の校正は、お友達にお願いしています。
毎回、レイアウトや表現の足りない部分、説明がしつこい部分などを、私の伝えたいことがきちんと伝わるようにチェックしてくれています。

原稿を仕上げるのは楽しい作業です💕

バックナンバーはこちらから「なかじま和代レター」全てご覧いただけます。

記事の内容でわからないことなど何でも、お問い合わせください。

ご希望のかたは、直接お届けに伺います。
携帯電話(090−9379−2332)まで、「なかじま和代レターが欲しい」とメッセージをくださいね。

コメントをして足跡を残す