西小校区まちづくり協議会が共生ステーションであり、出席しました。

4つの部会に分かれて、地域の課題と活動内容について話し合いました。
4つの部会は、防災部会、生きがい部会(福祉部会)、安全部会、子ども創生部会。

準備会として動いていますが、それぞれの部会のリーダーが決まりまとめの発表では具体案も出てきました。

IMG_8355
会の終わりに、「どこも地域のつながり、挨拶が大切だといっているんだから、長久手のオレンジのベストを着よう…」との話があり、協議会参加者の人数分の挨拶運動啓発ベストを用意していただくことになりました。

9月15日の東洋経済記事で吉田一平市長が着ているお馴染みのベストです。
長久手市、「快適度日本一」の街が目指すもの2期目の市長の目標は「わずらわしい街」

子ども創生部会では、朝のゴミ出しや外の掃除を子どもたちの通学時間にしたら…など、子どもたちの通学に合わせて外に出よう。小学校の行事を地域の方にも回覧してはどうかなどの意見が出ました。


コメントをして足跡を残す

雨で1日延期になった長久手北中学校の体育祭へ行ってきました。
選手宣誓は緑・赤・紫・黄・青色の代表5名が、それぞれに宣誓を行いとっても素敵でした。

IMG_8285
「力の限り戦います!」の言葉通り、3人4脚、リレー、騎馬戦など競い合うことを楽しんでいる様子が清々しく、結果を共に分かち合える仲間がいる喜びいっぱいの子どもたちの表情に、良いものを見せていただきました。

IMG_8284
お弁当は、アナトリウムで食べましたが、親子が別々なのでママ友と話の時間が取れ楽しかったです。

IMG_8268
昼食後のクラスパフォーマスンスは選曲からダンスまで見所満載でした。
YDK(明光義塾CM)「Yやれば、Dできる、Kこ」のCMは知りませんでした。

夜は、次男が棒の手の練習でした。昨年に続き太刀の練習をしています。
夜7時〜8時という時間に外を照らしてもらい同年代の子どもたちと一緒に時間を共にするのはそれだけで楽しいようです。お師匠さんはぬかるみがないように、草が邪魔にならないようにと早い時間から子どもたちのことを一番に考えて準備してくださっていて、本当に頭が下がります。子ども神輿の年も、久保山では子どもが棒の手奉納をします。

ながくてカラオケオーディション、一次予選日(全4回)の第一回が10月4日になります。学生の部(小学生〜)、青年の部、シニアの部でエントリー受付中です。

コメントをして足跡を残す

今日は、雨。予定していた長久手北中学校の体育祭が延期となりました。
午後は、長久手市議会会派ながくてグローバルネットから「長久手市まち・ひと・しごと 創生総合戦略策定に対する提言」について市役所の方へ説明の場をいただきました。

IMG_8347
人口減少への危機感。
今のままの出生率で100年後の日本は人口が明治維新の頃と同じくらいになるだろうと予想されています。
「ふ〜ん、明治維新の頃の人口ね。」
と、数にはさほど驚かないかもしれませんが、その時の高齢化率(65歳以上の人口割合)は40%越えと聞くとどうでしょう。ちなみに江戸時代から明治時代の日本人の平均寿命は43〜45歳(今は82歳)。

IMG_8348
国は、人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、まち・ひと・しごと創生本部を設置しました。長久手市からは3月までに総合戦略をたてることになっています。この策定に対する提言です。

長久手市の出生率は1.55。全国平均の出生率1.42に比べると高い値を出していますが、長久手市の平均年齢38歳から考えると効果的な施策でグッと値を伸ばすことができると考えます。

子育て支援、そして出生率を上げるためには女性が産む気になれることが第一です。
そのための支援。
保育料ゼロ。待機児童ゼロ。
2世帯住居への補助。
また、ここに縁のできた大学生が、ここで働き家庭を持ちたいと思える仕組みづくり。
リタイア世代がきちんと報酬をもらえ地域に必要とされる仕組みづくり。
リニモの最終便が藤が丘へ到着の終電に乗ってきても使えるようにすることなど提言させていただきました。
会派長久手グローバルネットのページに PDFを貼るので、ご覧くださいね。

ひと・まち・しごと創生総合戦略策定に対する会派提言

コメントをして足跡を残す

今日は新人議員の勉強会がありました。

新人議員の勉強会は今回3回目になります。
第1回目に公園西駅周辺について、第2回目に文化の家事業について、そして今回は長久手市の予算と予算書の見方、決算カードの見方などについて勉強させていただきました。

びっしり厚い予算書。一つ一つの項目のドラマが少し見えてきた気がします。

IMG_8231
夜は、なでラボDAYを見学させていただきました。

先日の夏フェスでは、カメラ撮影や交通警備、駐車場、ゴミ箱、トイレなどいろいろなところでボランティアとして参加してくださいました。

これからの新しい市民協働について真剣に、楽しく、熱く語り。
幸せの4大元素(愛される、褒められる、役に立つ、必要とされる)を体現した集まりでした。
「コノユビトマレ!」の呼びかけに、できる人やりたい人が手を挙げ、つながりを楽しみ知恵を出し合う。
こんな風に楽しく協力し合えるんですね。


コメントをして足跡を残す

今日は、長久手市消防本部で普通救命講習を受講しました。

2005年に開催された愛・地球博記念公園の特集で当時、医学部生がAEDを使って男性を救命し、10年ぶりに二人は再会を喜んだという記事を最近読みました。

今日のテキストからも、救急車の到着までは通報から日本国内の平均8分(長久手市は6分)。この到着までの間に救命処置をした倍位の命が助かる可能性のグラフからは、救える命がある、近くにいる人にできることがあると強く思いました。

image
また、電気ショックを救急隊が行った場合と市民が行った場合の一ヶ月後の社会復帰率のグラフからも迷わず勇気を持って行動することが心臓の動きを取り戻すことにつながると感じました。

image
救命処置の第一は「胸骨圧迫」。
強く、早く、絶え間なく!
強くの程度は、胸骨圧迫の深さです、少なくとも5cm沈むように。
お人形さんで練習しましたが、できているでしょうか。
たくさんの人がいる場合では2分以内で次の人と交代することで、胸骨圧迫とのクオリティが確保できるそうです。

IMG_8194


長久手市内には24時間営業のコンビニ25店舗にAEDが設置されています。また、公共施設37箇所にも設置されています。AEDマップ



コメントをして足跡を残す