今日は、長久手中央図書館が休館中のため日進市立図書館へ絵本を借りに行ってきました。

3月3日に小学校で読む絵本選びだったので、お雛様、春、進級に関係するような季節感のある本を探していました。 お雛様の本は一足遅かったのか一冊もありませんでしたが、面白い本をたくさん見つけました!


peropero
『ぺろぺろキャンディー』は、文をパキスタン生まれのルクサナ・カーン。 パキスタン人のお母さんは、お誕生会を知らないようで、お姉ちゃんのルビーナが誘われた誕生会に妹サナが行きたいというと、連れて行くように言います。 サナはわがまま放題、がまん、がまんのルビーナに同情してしまいました。 数年が経って、 サナがお誕生会に誘われると、さらに年下のマリヤムが行きたいといいます。 同じ姿勢のお母さん。 そこに助け舟を出したのは、ルビーナ。 本当に良いお話です。


mouookiikara


『もう、おおきいからなかないよ』は、主人公の5歳になるうさぎくんのお話。
「ぼく、もうなくのはやめる。そんなの あかちゃんのすることだから」といって、自分のお誕生会にお友だちの動物を誘いに行きます。
ところが、お誕生会に誘うとみんながみんな「ときどき泣くんだ」と告白してきます。
アメリカの絵本らしく、絵の中に可愛らしく笑える工夫があちらこちらにあって楽しめます。

コメントをして足跡を残す


入院していた長女が家に戻ってきました。 まだ検査が必要なため、水曜日に病院へ戻る一時帰宅のかたちですが、子どもたちがそろった夕食は当たり前なのに嬉しかったです。

今の病院は、入院患者以外の子どもが病棟内に入れません。
長女と二人の時間。病棟内には意外にたくさんの絵本があり、入院中は、たっぷり読んで楽しみました。

うどんのうーたんは、出前に出かけるうどんの丼のお話です。途中、中身が減ったり、増えたり…。

コメントをして足跡を残す

今朝は、打越久保山防災会会議が共生ステーションでありました。
11月16日の市内一斉防災訓練での役割について確認がありました。
打越久保山地区では、9時のサイレンで一時避難所「西洞公園」へ避難後、倉庫の備品を確認してから、避難所「西小」へ移動することになっています。
西小学校では、全体の備品の展示や給水車からの水の運搬訓練などいろいろ用意されています。
初めての試みとして避難前に無事カードを玄関にかけて出ることになっています。
今後につなげられると良いと思います。

午後は、水草がワサワサと茂りすぎたので、水草のカットなど水槽メンテナンスをしました。
泳ぐところが増えて、プラティも気持ちよさそうです。

IMG_3577.JPG

西小学校を通ると桃色の校舎に、桜の紅葉がきれいでした。
IMG_3564.JPG

夜には、久保山の組長会議がありました。
防災訓練への協力を呼び掛けには、たくさんの組長さんが役を引き受けてくださいました。

1歳の三男は最近指差しできる本が大好きです。
『きんぎょがにげた』『ころちゃん』・・・。
kinngyo
お話を前から普通に読むことはもちろんですが、最後から読んだり、逆さまにして読んだり、転がって読んだり、いろいろな事を私の手をひいて要求してきます。
こんなかわいい本を読んで欲しがるのも、今だけだな~としみじみしました。

コメントをして足跡を残す

今朝、朝読みボランティアで3年生に3つのお話を読み聞かせに行ってきました。
朝読みボランティアは小学校の授業の始まるまでの15分、各クラスに入って本を読みます。
今回は、次男のいるクラスだったので、昨日のうちに、こっそり図書館へ本&紙芝居を借りてきました。

呼んだ3冊はこちら↓

『ルイスがたべられちゃったひ』はアメコミチックな絵がかわいく、怪獣が次々に出てきて、ドキドキしながら楽しめる絵本です。最後、弟ルイスの一言がかっこよくて、こんな弟欲しいな~って思います。
『108ぴきめのひつじ』は、眠れない夜にひつじを数えるお話…、ほっこりします。
『コスモスあげる』はたぬきの兄弟がママの誕生日に人間のお店でコスモスを買ってプレゼントするお話、怪しいおじさん?で登場するパパが優しいんです。
3冊とも一日が楽しい気分でスタートできるように、楽しいお話にしました。来週は、5年生のクラス…。

IMG_3366.JPG
家に帰ると、水槽のグロッソに気泡がいっぱいできていてホッ(^^)


IMG_3372.JPG

 

コメントをして足跡を残す

今日は小学校で長女と次男の面談です(*^^*)
壁の掲示板に次男の作品を見つけました。
『読み聞かせ楽しいな』の題で私が三男を抱っこしながら絵本の読み聞かせをしている様子を描いています。

読んだ絵本は『おっきょちゃんとかっぱ』
夏祭りの日におっきょちゃんという女の子が河童のガータロに誘われて、川の中のお祭りを楽しみ、河童にもらったお祭りの餅を食べて水の外の世界のことを忘れてうまいます、そして河童の子として暮らすけれど…。
何だか暑い夏の川ではそんなこともあるかもしれないと思ってしまうようなお話です。ちゃんと、おっきょちゃんはおうちに帰れるので、安心して読んでみてください(^^)/
同じ著者の『めっきらもっきら どおんどん』は主人公が男の子ですがこちらも不思議感いっぱいです。

次男はあまり自分の気持ちを話す方では無いので、絵を見た時は嬉しかったです。
大仏様のような頭も、魔法使いのような靴もかわいい(*^^*)

1044875_475264539229350_2083733527_n

 

コメントをして足跡を残す