長久手市立西小学校の読みボラ(読み聞かせボランティア)に出かけてきました。
朝8時25分からの15分間です。

image
4年生のクラスに入りました。

あんまり小さい人向けではがっかりするかな〜?
朝から難しい話より楽しいお話しがいいかな〜?
と、いろいろ考えましたが、

絵本の写真を楽しめる『かゆいかゆい』
笑える昔話『おけやのてんのぼり』
身近な松ぼっくりの不思議『まつぼっくり』


コメントをして足跡を残す

クルマ屋さんで待ち時間に日経womenの手帳の選び方、書き方の特集を読みました。

降りかかる(笑)仕事を確実に処理する女性たち。
ヌケ・モレを防ぎ、ミスやムダをなくして効率アップする秘訣を手帳の活用で楽しく紹介していました。

スマホがあっても基本は手帳依存派なので、今までやっていないけれど、すぐに出来そうな事を発見\(^o^)/

image
1.1時間で終わりそうな作業は1時間15分として設定、何も予定を入れないクッションタイムを入れるなど気持ちの余裕が生まれる工夫。

2.スキマ時間に、5分、10分、15分、30分でできる事をリストアップし、そこから選んで行う。

3.色分けのルールや人へのお礼など覚えられそうなことでも書き出す習慣でミスを減らす。

私は4月はじまりの手帳を使っているので、次の手帳のスタートは半年先ですが、一年がはやいな〜

コメントをして足跡を残す

秋の夜長。
今日は、主人が(長男を残し)子どもたちを浜松の主人の実家へ里帰りしています。少し無口になった長男と二人だと、何だか虫の音も大きく聞こえるような…

買っていて途中までだった「保育園義務教育化」古市憲寿著の本を読みました。

先日アップしたひと・まち・しごと創生総合戦略への会派提言でも少子化による人口減少に保育料ゼロを提言しましたが、この本では、少子化による人口減少について、お母さんの孤立感を主軸に子育て支援は経済成長につながるという内容をわかりやすく紹介しています。

保育園義務教育化
一人子どもを産むとお母さん!
お母さんは、子どもがいて幸せ!
って周りは言うし、それはそうだけど、それだけじゃないっ!

子どもが母乳を上手に飲んでくれない。言葉が遅い。オムツが外れない。肌が荒れている。電車に乗って静かに座っていない。学校でトラブルを起こした。・・・

そんな、すべての原因は家庭?育て方?=お母さんのせい

悪意はなくても、そう思っているひとたちがたくさんいること。

そういうお母さんにばかりに子育ての責任を背負わすのでなく、社会全体で子育てを担う。
保育園義務教育化によって、誰もが無償で、質の高い教育を受ける権利を持つ。

なぜ、労働力不足と少子化の時代に、働きたいという女性がここまで苦労しないといけないのか。
という問題に、こうしたらどうだ。と提案がいっぱいの本です。





コメントをして足跡を残す

今日は西小学校の朝読み(8:25〜8:40)に参加しました。

今回は6年生です。
絵本があまり子どもっぽくてもどうかと思ったりしながら、「ちびくろサンボ」にしようか。「ききみみずきん」、「ちいさいおうち」にしようか。と色々考えました。

結果、読んだ本は

1 たなばた

2 トンガのきいちごつみ

3 もし地球が100cmの球だったら

3冊を読みました。

   

トンガのきいちごつみは、春の野原の絵がとても素敵で、トンガが一人でがんばる様子が微笑ましいです(*^^*)



きいちごを一枝、お土産に持って行きました。

   

コメントをして足跡を残す

今日は2歳の三男と『いかりのぎょうざ』の人形劇(人形劇団どむならん)をみました。

こぶたのぶぶこさんに会うまでの車での移動中、三男は、『ぶたさ~ん!ぶたさ~ん!』と呼びかけていました。

原作絵本はこちら
いかりのぎょうざ
とにかく、関西弁をしゃべるフライパンがとっても元気で強気なところが面白い!
そして、怒りの炎で焼いた餃子が美味しそうで、餃子を食べるとみんな顔が優しい顔になっちゃうのは笑えます。
怒っている人を一生懸命探すところも、面白いです!
暗い部屋の中で劇を見ることになれていないので、はじめ緊張気味の三男でした。
フライパンが怒りの炎を出す時の音楽、ビートが効いていて、急に体を揺らして楽しそうでした。

本当のところ、怒っている人になんか近づきたくないけれど、こんな働き者のフライパンがあったら怒っている人にも「ありがとう!」が言えちゃうかも…。

コメントをして足跡を残す