防災減災危機管理展と国際福祉健康産業展が同時開催ということでポートメッセまで出かけました。
長久手からは26キロ。潮風がふいていました。

image
image
最新の機器がところ狭しと展示紹介されていて、勉強になりました。

image
車椅子の方など体位の保持が必要な方のお風呂、2m×2mの床のラインと比べると従来のサイズよりかなり小さいです。このサイズなら設置場所の選択が広がります。

image
マジックテープや工夫満載で車椅子の方でも晴れ着が着れます。
こちらのお店「羽衣スタイル」さんでは、着物をレンタルで利用される方が多いそうですが、オーダーすることはもちろん、思い出の着物のリフォームも可能だと言うことでした。

image
耐震が心配なお宅でリフト付きのシェルターです。
介護保険を使うと月の支払いは3000単位(レンタル)とうかがいました。

image image
誘導版。暗室で実験していただきました。とても明るいです。

image
非常時トイレ。
普段室内で椅子や踏み台として使っても良いようなつくりです。
完成品¥3,000 制作キット¥2,800

image image
2畳弱の安全な個室。
シェルターになる寝室です。2トンの重さに耐えられる総檜造りで、良い香りでした。

国際福祉健康産業展は4日(土)も開催されます。

コメントをして足跡を残す

今夜は『あいち女性議員の会』の勉強会に参加させていただきました。

薬師寺みちよ先生が発起人で、今回の講師は三重短期大学長友薫輝先生です。
『地域で医療保障・介護保障をつくる』についてご講義いただきました。

image
学ぶことが多かったです。
医療費は3割負担が特別な割合だとは思っていませんでしたが、世界では原則無料の国が多いと知り驚きました。
所得の格差と肥満の関係などお金が無いと不健康になるとデータがあることも示していただきどこからかたちを変えていけばよいのか、答えを見つけるのは難しいと思いました。

私が気になっていたことについて2点お尋ねしました。

長久手市は、現在15歳になる年度の末まで医療費助成(県内では窓口負担もゼロ)をしていますが、18歳まで広げることができないか?と、10月議会で私が取り上げさせていただきました。(お隣の東郷町では18歳まで助成しています)この自治体が独自で行う子育て支援「子ども医療費助成」に国が自治体に対しペナルティを行っていることはやはりあまり周知はされておらず、この夏あたりにどうするかの決着がつきそうなお話でした。

また、乳幼児期に発症する疾患の中で、小児慢性疾患と認定される場合がありますが、認定された子どもは病を抱えながら成長しますが、このシステムでは18歳までしか助成が受けられません。
別に、難病の指定がありますが、同じ疾患が対象ではありません。
難病と小児慢性疾患の問題については、今後話し合いしていくということでした。
良い方向に整理されることを望んでいます。

image
image
image

朝からお昼をはさんでは、長男の高校の保護者会に参加しました。空が広く自然豊かな場所で、田んぼに水が入り、フキノトウは花が開ききっていました。

コメントをして足跡を残す

今日は待望の市が洞学童保育所開所式でした。

image
image
image
式次第は一行ずつお子さんが担当されたそうです(*^^*)
竣工式から一週間。
外には一輪車、室内には冷蔵庫、タオルをはじめ色々なものが運ばれ、ロッカーには名前がはられて、暖かな空間が出来上がっていました。
受付では子どもたちの手作りクッキーをいただきました。
一袋にふたつ。かわいいクッキーです。
『幾つ作ったの?』と聞くと、70袋分140個をパッケージしたそうです。
『食べた?』と聞くと、味見をしていなくて
少し心配ですと、大人な受け答えに感動しました。

image
会長さんの紹介にあったように5分でわかる市が洞学童の様子のビデオでは、子どもたちがのびのび笑顔いっぱいで素敵でした。

開所式が始まるまでの時間、吉田一平市長が建物横の林で草笛を披露していました。
子どもたちの羨望の眼差しが可愛いかったです。
市長は率先して、こっちには‼︎と子どもに森を教えていました。

image
子どもたちの豊かな放課後がここでこれから広がるんだなぁと嬉しくなりました。

コメントをして足跡を残す

今日は、打越・久保山地区防災会で、来週の市内一斉防災訓練に向けて役員説明会がありました。

打越・久保山地区では(11月15日)当日の朝、無事カードを出しておいてくださいとお願いしています。

防災委員は、この無事カードの確認で安否確認の訓練を行います。
昨年度は200人以上のかたが避難訓練に参加されました。今年は、どうかな?
一時避難場所は、西洞公園。
こちらで、幾つかの訓練をしたのち、西小学校へ移動します。

小学校での避難訓練では、西小学校PTAからスリッパの新聞工作など、大学生のサークルから炊き出しが初参加してくださいます。

もしもの場合に備えて、いろいろな気づきのある訓練にしたいと思います。

地区からの啓発品は、話し合いの結果、断水時などに使えるトイレセットとホイッスルにしました。
ホイッスルは、閉じ込められた場合などに少ない体力で助けを呼び続けることができます。
トイレの個室においておいたり、持ち歩くバッグに入れていただけると良いと思います。

51bZx1U1x3L
トイレのセットはダンボールを解き、1セットだけの配布になりますが、一度体験していただいて、家庭にあったものを備えていただけるきっかけになれば良いなと思います。


コメントをして足跡を残す

長久手市福祉の家で福祉まつりがありました。

開会セレモニーに続いて、長久手響鼓の和太鼓演奏がステージでありました。

IMG_8496
清流登り打ち、楽と全身を使い動きのある演奏でした。

元気の出る体操では、会派代表佐野尚人さんもステージで体操していました。

IMG_8502
名前の通り元気な音楽です。
元気の出る体操は、ロコモシティシンドローム(骨・関節・筋肉など、体を支えたり動かしたりする運動器の機能が低下し、要介護や寝たきりになる危険性が高い状態)を予防するために作られた運動です。

そのほかにも、
災害時の炊き出しに備え、千人カレー。
「うまれる、ずっと、いっしょ」の映画上映。
30を超える団体の出展がありました。

スタンプラリーといっしょに生活困窮者自立支援事業、障がい者相談支援センターのご案内、包括支援センターのご案内など配布していました。

IMG_8520
長久手市消防署のブースでは、消防署型のペン立てのクラフト作りをしました。可愛くて子どもは大喜びでした。

IMG_8510
IMG_8489

コメントをして足跡を残す