国会の話しですが、本当に身近な話題です。


自転車の子ども乗せ、現行ルールは、運転者は16歳以上、幼児用座席は6歳未満(6歳はダメ)となっています。

幼稚園や保育園の送迎、買い物や病院へお使いの方が多くいますが、年長児の途中で6歳になると違反なんて、何とかなりませんか。



先日、参議院議員 和田政宗先生にお伝えしました。

和田先生は「子育て世代の課題解決は私の最重点課題です。」とおっしゃって。

今日、「自転車の幼児椅子を使っての同乗は6歳未満となっているため、年長児が5歳から誕生日を迎え6歳になる途端に乗せられないルールを規制緩和できないでしょうか。」と、内閣委員会で問題提起してくださいました。


素早い対応、本当にありがとうございます😊

変わると良いな!

動画は39分位から…‬

1115日「内閣委員会」動画

コメントをして足跡を残す

昨日の毎日新聞Yahoo!ニュースです。

色覚障害の子でも見やすいように作られた「アイチョーク」話題 開発した日本理化学工業に話を聞いた

アイチョークは、通常のチョークと同じ値段です。

画像は日本理化学工業より)

全ての人にとってより見やすい(判別しやすい)チョークになるよう、色の明度や彩度に差をつけた4色(朱赤/黄/青/緑)を使用することで、特に色覚特性を持つ方々にとっても色の識別がしやすくなっています。

長久手市内では西小、南小で使用しており、9月議会の一般質問で全小中学校での利用をお願いしました。
前向きなご答弁をいただいています。

コメントをして足跡を残す

第33回長久手市社会福祉大会に参加しました。



地域福祉の向上、人権侵害防止、更生保護事業、戦没者遺族の福祉増進、児童福祉の向上へ尽力された方。多額の寄付をされた方々、顕彰者への表彰が行われました。

児童福祉作文コンクールの表彰、福祉体験発表で11の作文が紹介されました。


長久手にはシンシアの丘があります。
ここは、日本に唯一の介助犬の訓練施設です。

介助犬は手や足に障がいのある方の手助けをするために特別な訓練を積んだ犬のこと。
盲導犬は目の不自由な方の目となって障害物などを知らせる特別な訓練を積んだ犬のこと。

ある体験発表では、盲導犬を家に迎えるまで「きっと大人しくてお利口な犬だろう」と思っていたのが、来てみたら普通のペット同じで家の中でいたずらもするし、暴れる、お金もかかる存在だということを紹介していました。
私も目が不自由な人が外出するための訓練を受け、特別、利口な犬だろうと思っていたので、驚きました。

知らないと助けるための知恵も浮かびません。
知らないと助け合いの心、役立ちたいという心も生まれません。

台本に目を向けず、発表する様子に惚れ惚れしながらも、知らないことをたくさん教えていただき背筋が伸びました。

作文のいくつかは冊子になって社会福祉協議会にあります。ぜひ、読んでみてください。

コメントをして足跡を残す

「第36回大府市 福祉・健康フェア」に伺いました。

足育の取り組み「足指力測定」が1番の目的です。


足指力測定の案内

「歩行機能低下と転倒を防止するために!

人間が二本の足で立ったり、歩いたりできるのは、

足の指が大地をしっかり踏みしめる力を持っているからです。」



足指力測定(右2.1㎏、左3.5㎏)

右足が「がんばろう」判定。

左右差があり、右足で足首をひねることが多いのは、右足の足指力が足りない結果でした。

アドバイスとともに、体操をいくつか教えていただきました。足指測定(右2.1㎏、左3.5㎏)

右足が「がんばろう」判定。

健康推進員さんが、測定やアドバイスをしてくださいました。


健康いろはカルタ「へ」も秀悦でした。

「へんですね。痩せたいと言いつつ、また食べて…」




点字体験をしました。

ローマ字に似ていて、「あいうえお」が基本になります。

「あ」に6番目のポチがあると「か」になります。「い」に6番目のポチで「き」です。

「なかじま かずよ」を打ちました。

濁音は2ます使い、苗字と名前の間は1ます空けます。


私の名刺は印刷後に「ココロスキップ」さんに点字を打っていただいています。ココロスキップさんの点字名刺プロジェクトは、お客様の名刺を視覚障がい者がお仕事として点字を刻印するサービスです。

一枚一枚丁寧に打っていただき、感謝です。

食べ物コーナーも珍しく体験が出来ました。

葛きりをところてんのように押し出します。


味付けは「黒蜜」「きなこ」「マンゴー」「🍊オレンジ」「🍇グレープ」


私はグレープ味にしました💜


屋台の焼きそばも美味しかったです(o^^o)

会場は広く、たくさんの参加者さん、ボランティアさんで大変な賑わいでした。


大府市議の鷹羽琴美議員にお世話になりました。大府市のゆるキャラ「おぶちゃん」、髪飾りは市の花「くちなし」だそうです。

長久手市の健康展は11月11日(日曜日)です。長久手市民まつりと同日で市役所南側駐車場や保健センターでの開催になります。

また、長久手市福祉まつりは10月27日(土曜日)福祉の家での開催になります。

コメントをして足跡を残す

今日はみんなの運動会でした。


みんなの運動会は、年齢、性別、障がい、病気の有無にかかわらずみんなが参加し、体を動かし、交流することが目的に開催されています。年1回の開催で、22回目になります。

今回も、近隣市町の団体個人多くの方が参加してくださいました。

お手伝いをさせていただいて7回目ですが、年々ボランティアの大学生との年齢差が開き(๑>◡今回は事前の会議で、生き生きと提案する様子や一生懸命考える様子に嬉しかったです。

紅白の新聞紙ボールを近所に呼びかけて作り、西小学校へ参加の呼びかけをさせていただき、当日はヘルプマークの啓発活動をされている長尾冨美子さんのお手伝いをさせていただきました。


ご自身が気づいた良いことを全身全霊で広めようとする姿に感銘を受けました。

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など外部からはわからないけれど援助や配慮が必要な方が援助を受けやすくするために作られたものです。
愛知県内の各市町村で窓口で7月20日から配布が始まります。

先の一般質問で、会派代表の佐野尚人議員が必要性を説き、長久手市内のN-バスでは優先席にヘルプマーク表示がされています。

必要とされている方に届き、マークへ理解が広がるよう私も力を尽くしたいと思います。

コメントをして足跡を残す