今日は、小学校のPTAのサークルがありました。
前回に続き、ペアレントトレーニングのステップ3へ進みました。

ステップ3では、「無視する!」がテーマ。
いつ無視をするかというと・・・。

  • 《子どもがしてほしくない、あるいは減らしたい行動を始めたら、必ずその行動を無視します。あなたがして欲しいと思う行動を始めるまで、無視し、そしてほめます。
  • (注意)ある行動に無視を始めると、その行動が減り始める前に、あなたの注意を引き戻そうとして、短期間はふえます。負けてはいけません。》

頭でわかったつもりでも、ハードルが高いステップです。

午後は、小学生の次男の個人面談がありました。

夏休みの過ごし方のお話があり、廊下には2学期9月のキャンプ案内が掲示されていました。

image

夏休みの課題、私自身も苦手だった読書感想文ですが、Z会のページで読書感想文4つの鉄則を紹介していました。

鉄則3の第2段落の作り方で、「簡潔にその本のあらすじを書く」と書いてあり、
おぉ!と、小さく感動しました?!

「あらすじは書いちゃダメ」と言われたことがあり、ずっと書くことが苦手でした…。
書いていいんだ〜!(もう大人になってしまいましたが)

コメントをして足跡を残す

今日から7月!

昨日、保育園ではプール開きでした。
ここから2ヶ月、ほとんど毎日プールあそびの時間があります。

いいなぁ〜!

image

持ち物は、水着にフェイスタオルだけ。
家族でプールに行った時は怖がってずっと抱っこでしたが、この夏で水遊びの楽しみに目覚めるかな〜。

コメントをして足跡を残す

保育園のお迎えに行くと、先生が『かんちゃん、可愛いですね〜!』。

image
聞いてみると、外遊びの際にかんちゃんが

『ダンゴムシと競争するね』

と言って…。

そっとダンゴムシを地面に下ろしたそうです。

追いかけっこは、できなかったみたいです(*^^*)
子どもらしく、楽しむことが上手でうらやましいです。

そんな小さな一場面を伝えてくださる先生がたに感謝しています。

コメントをして足跡を残す

三男が、アレルギーの負荷試験のため愛知医大に日帰りの検査入院です。

持ち物は着替え、ゆで蕎麦1人前、つゆ、普通のお弁当。
9時に受付を済ませ、8階小児病棟へ。

image
蕎麦1cmの長さを食べ経過観察。
15分ごと問診、蕎麦を食べるを繰り返して、思いのほかたくさん食べました。
順に、1cm、2cm、5cm、10cm、15cm、30cm、60cmまでがんばりました。

保育園ではお昼寝の時間になり、眠そうだなぁと思って見ていたら、寝てしまいました。

image
食物アレルギーの多くは、食べてから15分くらいで症状が出る即時型ですが、お昼寝から起きて少し体を動かしていると首の後ろ、お腹まわり、脇の下、頭、目頭…と赤く腫れて痒いようです。お腹も痛いと言っています(60cmを食べてから2時間経過後)

薬を飲み、塗り薬を塗って安静にしていると症状が落ち着いてきました。

60cmは限度を超えていたようなので、今後家庭で20cmを週に1回摂取(経口免疫療法)をしばらくつづけていくことになりました。
そばは重症化しやすいアレルゲンなので、健康状態の良い時でチャレンジしていきたいと思います。

3歳児は語彙が増え、コミュニケーションで困ることはほとんどありませんが、体調を表す微妙なニュアンスを汲み取るのは難しいなと感じました。

(追記)
付き添いの心得として、病院内にはコンビニや自販機がありますが、負荷試験の最中は一瞬で状態が変わることもあるので、自分のトイレの時間もはばかられる感じです。
動かずベット脇に待機しているので、体温調節のできる温かな羽織ものや膝回り保温に何か用意があると良いです。
付き添い者もお弁当持参し食べますが、温かな飲み物もあったらよかったです。
負荷試験の終了時刻は、あくまで予定時刻なので体調が戻らない場合など延長、一泊の入院ということもあるので、2人付き添いが理想です。

コメントをして足跡を残す

今日は6月議会で議案としてあがっている案件(認可外保育所への助成のあり方&北保育園新築移転)について、会派で勉強をしました。

一般質問は議長を除く17名全員が通告しました。
私は8番目なので、2日目(6月22日水)午前中かな。
6月10日の議会運営委員会で決まります。

三男復活(*^^*)
午前中は保育参観でした。
長湫西保育園へ通うようになり2ヶ月、お友だちとの様子も、どろんこ遊びの様子も、そしてリズムに歌も楽しそうでホッとしました。

image
おたまじゃくしの101ちゃんの歌も可愛いかったです。

庭の畑にズッキーニが大きな花を咲かせました。
カラーピーマンは上を向いています。

image
image

コメントをして足跡を残す