「脳コラム」のコーナーが面白いです。

img_7061

3歳児ポピーのおまけ、保護者向けの読み物の中で、篠原菊紀先生が実験に基づく脳の特性をさくっと紹介しています。
今回、紹介されていたものは、「やられたら、やられた分、やりかえす」つもりの恐怖についてでした。

圧力センサーを使って手押し相撲の力を調べたところ、「相手に押された分だけ同じ強さで押し返して」といってスタートすると・・・


押し返しの力は、押された力のなんと1.4倍‼︎

押して、押されて繰り返しを続けると、8回目には最初の15倍になるそうです。


これは、脳の持つ損失忌避生(そんしつきひせい)によるそうで、人はやられた分に対して大きく見積もる脳の特性があるそうです。

やられた分、やる返す!
本人同士がそのつもりでも、回を重ねるごとにやり返す量はお互い増え、やり返しが続けば、その先はとんでもないことに!
知りませんでした。

☆・・・・
子ども向けの本誌に、ひらがなの頭(や・ゆ・よ)を探してシールを貼るページがありました。
やかんのや、よろいのよ、ようかんのよ・・・

img_7062

完成!
シールが貼れない3つに私も一緒に悩みました。
「答えがない」という「答え」というのも今時の問題なんでしょうか。

コメントをして足跡を残す

年少クラスの給食で『おはし』がスタートしました。
一番下の兄弟のおはしデビューは、上の子たちの教えたい気持ちが全開で、食卓がにぎやかになりました。

食事の都度、正しい姿勢で食べれるように声をかけていますが、私の出番はなさそうです。

img_6473
可愛いイラストの『はしづかいのタブー』のお手紙をいただきました。
涙ばしは知りませんでした。一つ勉強になりました。

コメントをして足跡を残す

台風16号の影響で給食の中止(先週決定)だったので、今朝は子どもたち4人のお弁当を作りました。

image

3歳の保育園児にもぎゅうぎゅうに詰めて作ったのですが、残さずピカピカのお弁当を持って帰ってきました‼︎

コメントをして足跡を残す

料理を作るのは好きだけど、片付けるのは苦手。
この片付けるのが苦手って、認めたくない気持ちと一緒に、なんだかとっても罪悪感があるんだけれど…。苦手だって気がついてしまった。


今日、家族に自分から「片付けるの苦手」って言ってみた。

帰ってきたのは、「そうだよね」だった。

image
image
防災会で作った新聞紙のつの箱がとても丈夫だったので、この紙の上でジャガイモを剥いてみたら、ちょっと楽だった‼︎

コメントをして足跡を残す

10年前、長女3歳の時。
素敵なお姉さんが踊る友禅さらしを見て日本舞踊(紫泉会)を始めました。

両手にさらしを持って踊るのですが、新体操のリボンを太くしたような感じです。
繊細な薄いリボンは、まだ無理だろうと、まってまって…、
やっと、この演目を踊れることになって本人も母(私)も嬉しかったです。


朝は5時台で美容院へ、日本髪風に髪をアップしていただきました。

地下鉄で移動して中日劇場へ。

お化粧、着付けも優しい言葉と一緒にいっぱい魔法をかけていただいて、本当に素敵に仕上げていただきました。

image

舞台は3人で踊り、後見さんを先輩3人がしてくださいました。
後見さんというのは、舞台上で踊りの途中で小物を足したり引いたり、衣装に手を加えたりをする役です。
緊張した舞台上で、優しい先輩にタスキをかけていただいて、本当に安心します。

舞台でさらしが絡んだ時には、どうなることかと思いましたが、最期までそのことに構わず踊り、踊りのフィニッシュまでにはほどけ安堵しました。

師匠の紫泉先生、一緒に踊ってくれた紫泉会の2人、後見さん、美容師さん、着付け師さん、お化粧師さん、舞台関係者の皆様、紫泉会のみんな、普段の練習で顔の出せない私に連絡や相談にずっとのってくださった保護者の皆様…本当にありがとうございました。


過去の舞台は、手習い子えひがさがYouTubeでご覧いただけます。

帰ってから、一日の終わりに長久手温泉ござらっせへ。
秋まつりは雨で残念ながら中止になりましたが、温泉は大賑わいでした。

image

コメントをして足跡を残す