お正月の広告。
ツヤツヤとした良い紙にカラフルでそのまま古紙にしてしまうのは惜しかったので、コマを作ってみました(^.^)

コマ

 

作り方はとっても簡単。
1.広告を1センチ幅でカットした帯を何本か作ります。
2.つまようじの先をカットし、広告を巻きます。
3.最後の一周は好きな柄の広告でデコレーション。
4.丈夫にするため広告の上下をのりづけしたら、出来上がり!

すごろく遊びの優勝賞品にしました。指先で軸をつまみクルッと回すとよく回ります。

子どもたちは、いとこと楽しいお正月を過ごしました。次に会えるのは春休みかな。

コメントをして足跡を残す

120102_0953~02.jpg

おはようございます。
初夢はいかがでしたか。

コメントをして足跡を残す

あけましておめでとうございます。
昨晩は、紅白歌合戦の紅組優勝、ゆく年くる年で除夜の鐘をラジオでききながら沼津に帰省しました。

今朝は子どもたちと実家の母と一緒に早起きをして、象山へ初日の出登山をしました。
長男が小学生になった年から続けている家族の恒例行事です。
象山は、その名の通り象が寝そべった形をした山で、目指すは頭のてっぺんの部分です。
寒く真っ暗な山道を黙々と登っていくと、下に広がる街の夜景がきれいでした。
汗をかいて、子どもたちのジャンバーや帽子で背中のリュックがたくさんになったころ象の首の付け根あたりまで登れました。
峠なので沼津と山を挟んだ大平はわずかに明るくなっていました。
そこからは、細く岩だらけの急斜面を時々手をつきながら必死に登ります。

山頂につくと、急激に体が冷えるので焚き木で暖をとりながら、日の出を待ちました。

象山の初日の出2012

2012初日の出

 

予報では曇りで初日の出を絶望視していましたが、立派に日の出を迎え、太陽の暖かで力強い光を全身に浴びることができました。

2012年、精いっぱい真面目に、生きていきたいと思います。お付き合いよろしくお願いします<(_ _)>

 

コメントをして足跡を残す

12月の初めから我が家の一員に加わった柴犬の吹雪(ふぶき)。
昼間は外で紐につながって過ごしているのですが、『いない!』

まだ3か月と小さく、寒い中心細いだろうと、行き先もわからずにウロウロ探しました、2時間ほどで無事発見(T_T)
今夜は沼津まで一緒に移動します。

今年もあとわずか。本当にいろいろな方にお世話になりました。ありがとうございます。
みなさま、よいお年をお迎えください。

コメントをして足跡を残す

長男(5年生)。
冬休みの宿題も書初めと思い出のページを残すだけとなって、心に余裕が出たのか、昨日突然に『明日は浜松のおばあちゃん地まで自転車で行くね』と。
20インチの小さなタイヤで町内は乗りなれているにしても、長久手からおよそ100キロ!
長男のやる気?!好奇心?!に圧倒されて送り出すことにしました。

でもそれから現実を考えて、日の短いこの時期、日の出から日没の間に着くかどうか…。
など不安になって途中まで送って行くことにしました。

朝、自転車を車に積み音羽蒲郡ICまで移動、9時35分興奮気味に出発しました。国道一号線をのぼっていきます。目的地までは70キロ弱。
カメラを用意している間にもどんどん遠ざかり、遠くに見える赤いヘルメットが長男です。

音羽蒲郡

自転車(音羽蒲郡)

 

途中、初めての休憩は豊橋のサークルK。
ここで『自転車の前タイヤの空気が減った』というので、お店の人が近くの自転車店を紹介してくださいました。
自転車店では、長男が照れながら『音羽蒲郡から自転車で来た』というと『スゴイね!がんばんな』と自転車の空気を入れて様子を整えてくださったのでモチベーションがぐんと上がりました。

愛知県から静岡県に入り、絶景ポイントで長い下り坂の潮見坂です。気持ちよさそうに下って行きました。

潮見坂

自転車(潮見坂)

浜松市内に入りました。おばあちゃんの家まではあと10キロ!

浜松市内(国道1号線)

自転車(浜松国1)

2時30分到着。

70キロ近くの距離を自転車で移動しようなんて、自分自身が考えたこともなかったので完走した長男はすごい!(親ばかですが)
途中、転んでけがをしたりもありましたが、最後まで楽しそうに走り切って根性を見直しました。

コメントをして足跡を残す