昨日は年長二男の保育参観とバザーでした。

保育参観では、30分ずつドッジボール、リズム遊び、泥んこ遊びの3セットを一緒に体験参加しました。ドッジボールでは、久しぶりにボールから逃げて(*_*)楽しかったです。年長さんになるとルールも守れるようになり、鋭い球を投げる子も出てくるのでドキドキしてしまいました。

リズムは『さくらさくらんぼ保育園創設の斎藤公子さん』のリズム運動です。子どもたちの体の発達を促すために行い、0歳児クラスから年齢に応じてだんだん難しくなり、年長さんになると手足の指先にまで意識を向けて音楽に合わせて体を動かすことができます。保育園では運動会、卒業式でも成長を披露します。今日は、一緒に『金魚』、『海』などしました。

ほかに、絵を自由に書かせることも斎藤さんの保育スタイルです。先生たちは子どもたちの絵を見て発達具合を読み取ってくれます。学年末に描きためた絵を持ち帰ってきますが、自由で力強くお友だちがたくさん登場する楽しい絵は見ていて嬉しくなります。

早期教育とは対極を行く保育内容で、小学校へ入学したばかりのころは、少し差を感じますが、保育園育ちの子どもたちは底力を蓄えていて、全体の中でも自分で考え、自分で作ることができる子になっていると思います。町立保育園でこんなに素敵な保育を行っていることは自慢できます(#^.^#)

バザー。
近隣の幼稚園で行われるような、大規模なものではなく、リサイクル市といった感じで北保育園のみ保護者会主催で毎年行っています。出品物は、おもちゃ、食器、タオル、雑貨類、洋服、靴にハンドメイド品です。保育園参観の後30分、お迎えの時間に1時間で合計1時間半の開店。

子どもは心も体も成長が早いので、必要無くなった人から、必要な人へ物が流れるのは環境に優しいことだと思います。

コメントをして足跡を残す

竹の山のカーマで玄関網戸を購入。先ほど取り付け完成しました。風が通るので、エアコンに頼らないで過ごせるかな~と期待しています。

 

玄関の網戸

 

(我が家のパパのお気に入りロイヤルホームセンター長久手店に玄関網戸のキットはありませんでした。ねじ一本からそろうプロ仕様のお店ですが。)

コメントをして足跡を残す

小2の娘が真っ赤なほっぺたのりんご病になってしまいました。

かかりつけの小児科で『ほっぺたが真っ赤になってからは人にうつすこともないけれど、体がだるいようなら休んだ方が良い』と言われたので、学校を休んでいます。母(私)と二人のまったりした時間は、刺激が少ないようでピアノを弾いたりして過ごしています。

追記(6月4日土曜日)です。朝から晴天に恵まれて、西小学校運動会は無事開催されました。午後にはKARAのミスターを踊ると張り切っていた娘ですが、強い日差しを受けて露出していた腕から手にかけてと、ももから足が赤くはれ上がってしまいました。りんご病の赤みがひいてからしばらく経つのですが、どうやら後遺症のようです。こんなこともあるんですね(T_T)

コメントをして足跡を残す

娘の髪が伸びたので、お友だちのところで可愛いヘアゴムを購入しました。同じ北保育園のお母さんなのですが、器用なかたで長持ちする可愛く素敵なヘヤゴムを作っています。今回はたくさん用意してくださっていたので、娘のいとこの分もまとめてたくさん譲っていただきました。見ているだけで乙女な気分です(*^_^*)

YAHOO!オークションで出品者:tagosaku920のIDで出品されています。

ヘアゴム

 

コメントをして足跡を残す

隔週2回の和太鼓練習に息子を送ってきました。私も子どもたちもお祭りが大好き!(^^)!太鼓の心臓に響く音を聞くとそれだけでワクワクしてきます。和太鼓のグループは『長久手響鼓 ながくてきょうこ』息子は1年生の時に始め、5年生になったのでソロ?パートもまかされたり、張り切っています。長久手町内のイベントに呼ばれることも年に数回あるので、見かけた方は声援を送ってくださいね。

別の話題ですが、お祭りつながりで。

長久手の名物『棒の手奉納』が行われる日に景行天皇社では、女の子たちのお神楽奉納が神楽殿で行われています。昨年は間近で見る機会に恵まれ、小さなお嬢さんたちの優雅で幻想的な踊りに感心していましたが、なんと!そのお神楽奉納の笛を練習させていただけることになりました。小学生からフルートを始め中高と吹奏楽部だったので、日本の横笛にとても興味があったので、本当にメンバーに加えていただけて嬉しいです。今月初めて練習に参加しましたが、早く一人前になりたいものです。笛は7つ穴の篠笛しのぶえ。吹き方で高い音も低い音も出すことができ、日本の音がします。笛は景行天皇社のかたが用意してくださったMY篠笛です。

今日はミシンを出したので、袋を作ってみました。

篠笛(お神楽奉納)

篠笛(お神楽奉納)

 

コメントをして足跡を残す