お風呂掃除は次男がしています。

とにかくきれい好きな上に、任せて安心のスピードと仕上がりなので、ついつい褒めることもおろそかに頼んでばかりいたら、『どうしていつも、僕ばかりなの・・・。』と聞かれるようになりました。

『一番きれいに洗ってくれるからだよ。』といったのですが、ちょっと納得のいかない感じもあったのでスタンプメニューを作ってみました。

お風呂掃除1ポイント、トイレ掃除1ポイント、洗濯ものをたたんでしまったら2ポイントなどお手伝いのポイントと、自立を促すように、はみがき1ポイント、6時に起きたら1ポイント、宿題1ポイント、明日の準備1ポイントなどメニュー表を作ってみせると大張り切りです。しばらく楽しく続けられそうです。

ポイントは50までの点つなぎのプリントをありがたく使わせていただくことにしました。絵が完成したら、何かご褒美を!と話してあります(^^)

お手伝い表で画像検索すると、手作りのものがたくさん出てきてほんわかします(#^.^#)

コメントをして足跡を残す

保育園では、昨日。一日早く豆まきをしました。
次男は優しい顔の鬼のお面を作って張り切って登園しましたが、自分たちが小さいクラスの子たちを驚かせた後に、大きな鬼が4人も襲いに来て心底驚いた様子でした。『豆を食べると、一年健康に過ごせるんだよ。』と言いながらも、今日になってもまだ恐怖心が残っていてトイレにまでついてきます。

小学校では、午後の時間に鬼が来たようです。
長女は『音楽室に鬼が来たけど、豆をみんな持っていなかったからとっても怖かった(T_T)』と。後から豆をまいたのを拾ったとポケットから落花生を見せてくれました。豆まきには入り大豆と思っていましたが、大豆ばかりではないんですね。
長男は5年生になると、『鬼はどうやら人らしい。』と興味は誰が鬼をしていたかにうつっていて、今年は『どこかの大学生が鬼だった。』と勝手にそういうことになっていました。小学校では、『豆を食べると頭がよくなる。体が丈夫なる。』と聞いてきました。

節分

 

我が家も今夜、父親が鬼になって豆まきをしました。
『鬼は外!』とまいた豆に犬が驚き、大喜びで食べていました。
年の数、豆を食べて1年が健康に過ごせるように願いました。

昨日の雪の写真をフォトギャラリーにアップしました(^^)/

コメントをして足跡を残す

小5長男に週末課題と題して、『わたしの好きなもの~』から始まる小作文が宿題でした。

今朝見せてもらうと、
『わたしの好きなものは、自転車です。それは、ぼくが小学校入学のお祝いに沼津のおじいちゃんが買ってくれたからです。・・・』と、自転車への熱い思いを書いていました。
最後には『自転車がパンクしていて乗れないけれど、直ったら伊勢神宮に行きたい。』とありました。

先週、前タイヤの空気が抜け仕舞ったままになっていたのを思いだし、かかりつけ?!の自転車屋さんに慌てて持っていきました。

たくさん乗っていることなどを伝えると、『全部の点検を1000円でしましょうか?』と提案していただいたので、パンクと一緒にお願いしました。

1時間ほどで受け取りに行くと、タイヤ・チューブともにまだまだ現役OKで、虫ゴム交換のみで復活していました。パンクではありませんでした。空気の抜けが早かったのは虫ゴムの劣化からだったそうです。
虫ゴム?と聞きなれなかったので調べてみると、半年~1年と定期的に交換する部品なのですね。(自分でも交換できそうです。)
ベルが鳴らなくて壊れていたところは、廃棄自転車から部品取りした中古ベルをサービスでつけていただいていました。
復活した自転車に大喜びで、『乗って帰るね。』と長男は寒い中ジャンバーも着ずに帰っていきました。ちょっと、自転車が小さくなってきていたけれど直せて良かったです。ちなみにお支払い合計は1890円でした。

コメントをして足跡を残す

今日は長久手市立西小学校(町立から市立になりました)で持久走大会がありました。

初めは少し晴れ間から太陽が顔を出して暖かだったのですが、だんだんと黒い雲が空を覆って寒かったです。長女(2年生)は、長袖を羽織っていても、歯をカチカチ鳴らし寒そうでした。順位は最後のほうでしたが、無事に完走できてよかったです。
家に帰って、『みんなが応援してくれていたよ。』と喜んでいました。

小学校が小高い丘の中腹にあるため、3年生以上は校舎の外周を走ります、トラックを走ってから、急な上り坂→緩やかな上り坂→急な下り坂、それからまたトラックを走ります。
参加した子どもたちは全員が完走できていました。強いなあと感心しました。

コメントをして足跡を残す

2年生の長女が生活科の授業『あしたへジャンプ』で、自分の成長を振り返る調べ学習をしています。

『おうちのかたへのインタビュー』で、生まれた時の様子や名前の意味など答え、様子のわかる写真を数枚用意しました。

長女は、生まれてから年中さんへ入園するまでの間、入院が何度もありました。本人と写真を選ぶと、つらい時期だったはずなのに少し若い私も長女も笑顔の写真ばかりでした。写真を残しておいて良かったです。
毎日の生活で自分だけの時間は持ちにくく、少し焦燥感?!を感じたりしますが、振り返ってみると家族ができたことで自分にエンジンがかかっているんだなぁと、毎日がありがたいと思いました。

日曜日、主人に子どもたちを預けて、小学校の役員で一緒だった数名と女子会をしました。同窓会ののりでたわいもない話ができて、楽しかったです。
長久手に暮らして11年ですが、お友達ができたのは、すぎのこ・保育園・小学校と子どものおかげです。



コメントをして足跡を残す