今朝は久々に寒〜い朝でしたね。

我が家の柴犬吹雪ちゃんのお散歩で、霜柱と氷を見つけました。ザクザクが、懐かしい(≧∇≦)



(null)

2月も中ごろになると、我が家の長男、次男は、花粉症で毎年涙と鼻づまりの毎日です。
今年は症状を抑えられるよう、かかりつけの小児科に抗アレルギー薬を出していただきました。二人とも、摂取量が大人と同じになっていました。
早速わ今夜から飲み始めました。
鼻づまりの無い、春が迎えられるかな。

コメントをして足跡を残す

今日は、お伊勢詣りとお千代保稲荷に行ってきました。

003
1月も4週目ですが、お伊勢さんの玉砂利を歩く人の列は途切れることが無く、川の流れる音のようでした。
『今年は、ひつじ年。仲良く群れることで運が開ける。家族や仲間に感謝し、みんなが仲良く…。』というお話を聞きました。

お千代保稲荷(おちゃぼさん)は、初めてお参りさせていただきました。
京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷とともに、日本三大稲荷の一つだそうです。
鳥居をくぐると、お供え用に、三角の油揚げに藁が通したものとろうそくが50円。
縁日のように串カツや草餅、お漬物屋さんなど食べ物屋さんがずらーっと並んでワクワクしました。
『ここでは、銀杏がいいよ!』と声をかけていただいて、銀杏と初物の金柑も買いました。
切干大根の名前もかわいく『花切干』。いちょう切りの大根を干したものです。
『おつゆの具や、ハリハリ漬けに良いですよ。』と。

009
帰ってから、朝焼いた2つのシフォンを子どもと飾りつけ、長男と三男の誕生日祝いをしました。

ke-ki

コメントをして足跡を残す

宇多田光さんの『ぼくはくま』に1歳11か月の三男が夢中です。
録画してあったみんなのうたをみたのがはじまりですが、今はどこへ行っても歌っています。お風呂のボディスポンジにも『くま、くま、くま~♪』と口ずさんでいます。
みんなの歌の録画は、歌好きの長女に字幕でひらがなを教えようとしていた時期のものです。

koins_1000833_5
今月放送されている『ゆきだるまかぞく』の歌もとっても良いですよ~!

明日は、小学校の持久走大会です。天気予報では、雨かな~。

コメントをして足跡を残す

今日は西小校区共生ステーションでDonabe net in あいちの第4回食事会『お餅つき』に初めて参加させていただきました。
Donabe net in あいちは、愛知県立大学の学生さんなどを中心に『地域の方と一緒に食卓を囲みたい!そしてつながりを作りたい!』という気持ちで西小校区共生ステーションを使って人と人との関係づくりをしている集まりです。
子どもと触れ合いたい、大人の話も聞こうという学生さんばかりなので、子どもはもちろんかっこいいお兄さん、素敵なお姉さんとたくさんお話ができ、遊べ、その上おなかもいっぱいになって大大満足だったようです。
私は、愛知県立大学日本文化学部3年のかたに、どんな事を学んでいるのかを聞けて感心しました。
日本文化学部では、歴史を学び古文書を読んだりもでき、古い地図から現代の地図などを比べどう人々の生活が移り変わったかを研究したりすることもあるそうです。
『そういう視点で長久手はどんなところですか?』と聞くと、『長久手は豊かな川が少なかったため、古くは人工池を多く作って農業などに使っていたが近代化の過程では、人工池を埋め立てることで発展している。』ということでした。確かに、池の名前の付いた地名は多いですが、それが人工池だったことや、埋め立てることで開拓が進んだことは知りませんでした。

メインのお餅つきは、小さい子たちがつくときに、みんなも一緒に大きな声でその子の名前の数だけつきました。
お餅つきで、よいしょよいしょというよりも、みんなで一緒に名前を呼ぶのは楽しかったです。

motimoti
つきたてのお餅はきなこと醤油で、鍋も大根人参キャベツがたっぷりでおいしかったです。


今日は、阪神淡路大震災から20年です。
当時、京都で大学生だったので、一人で住んでいた4階の部屋はひどく揺れました。
朝が来て学校へ登校すると、研究室の棚はすべて倒れ、ビンは割れていました。
先生に『何と何が混ざっているかもわからないから、2,3日学校に来ないように』と言われ不安な気持ちで帰ったのを覚えています。

私が育った静岡県沼津市では、小学校から『東海大地震が来るから○○!』と、たびたび地震への備えについて教育を受けてきました。
枕元には懐中電灯、靴、着替えを置くなども何度も言われました。
高専でも、研究室の棚は当たり前のように壁に固定されていて、薬品は落ちないように針金のひもが張ってありました。

阪神淡路大震災では、死者の約8割が、家や家具の下敷きになって即死したと伝えられています。

災害のリスクを減らすためにできること。
日頃の備えで、家を命を守るためのシェルターに考える事が大切だと思います。
そして、地域の中で誰がどこにいるのかがわかることも大切です。
昨秋の長野北部地震でも近隣の人たちが生き埋めになった人を救出し合ったそうです。
さらに、生き延びるためには、自分で考え、自分で判断し、自分で行動する力も大切だと思います。

コメントをして足跡を残す

今朝は、娘がトヨタ高岡工場の社会科見学のためお弁当を作りました。
昨日『お弁当に入れてほしいものは?』と聞くと、『ポテトサラダとソーセージ!』というドイツ人のような?!リクエストだったので、ジャガイモの皮むきからスタートでした。

001


おうちごはん研究会の『お雑煮学会』に作った胸ハムが好評だったので、気をよくして胸ハムづくりがマイブームです(^^)/
作り方も材料もいたってシンプルです。


1.鶏の胸肉1枚に小さじ1の砂糖を両面にふって少し待つ。
2.砂糖のザラザラ感が無くなったら、小さじ1の塩を両面にふり、また少し待つ。
3.ラップでくるっとキャンディー巻→もう一度キャンディーがほどけないようにラップで巻く。

011
4.沸騰したお湯にジャボンとつけ、再び沸騰するのを待つ。

009
5.5分ほど沸騰させたら、火を止めてそのままお湯が冷めるまで待つ。
6.お湯から取り出し、冷蔵庫で冷やすとできあがり(^^)/
005
今日は、2の塩を半分クレイジーソルトにしてみました。

コメントをして足跡を残す