春休みに入ってから丸1日予定のない日は、今日だけ!ということで、子ども4人を連れ京都へ行ってきました。

春休み中とはいえ、平日だったこととお天気がイマイチだったせいか観光の方は外国の方ばかりのように感じました。
大学の3、4年生を京都で過ごしたので、土地勘はそれなりにありますが、一番下の3歳児は坂道は上りも下りも半分抱っこ…、体力を使いました。

まずは、清水寺。小雨が降る中のスタートでした。

image
image
長女が修学旅行で胎内めぐりが一番の思い出だったというので、清水寺髄求堂(ずいぐどう)で、お腹の中へ戻ってみました。
左手に大きな数珠の手すりがあり真っ暗な暗闇(本当に何も見えません)を少しずつ進むと、途中に光りが入り、石が光っています。
ここで、願い事を一つ。

不思議な空間でした。

image
移動して、伏見稲荷大社へ。
千本鳥居を抜け、稲荷山を頂上まで登ってきました。

image
そして、平等院。
前回は大規模改修の前だったので、色鮮やかな平等院を見るのははじめてでした。
たくさんの天女の仕草に次男は、興味津々でした。

源氏の湯という日帰り温泉で一休み。
子連れ旅行に日帰り温泉をプラスしたのははじめてでしたが、私が充電できました。

image
image
最後は、もう一度清水寺。夜の特別拝観でライトアップされた桜が妖しく美しかったです。

今回、お着物を着た外国の方がたくさんでした。女性だけでなく、男性もかっこよかったです。
1日着物のレンタルができるお店をたくさん見かけました、清水寺の参道にも何店舗かありました。
1日レンタル1900円〜と、看板にありました。
雨の日でもたくさんの方が利用していました。

image
着物が離れがすすみ、晴れ着・高価というイメージが定着しているように感じますが、着物は体型の変化にも優しく、帯を変えるだけ、帯揚げを変えるだけで雰囲気も変わります。
思い返すと、娘の七五三の着物は、私(と妹二人にいとこも!)が着た30年以上前のものを使いました。

京都を訪れ、着物は日本人として誇れる文化だと改めて感じました、私も生活に取り入れていけたらいいなと思います。

コメントをして足跡を残す

今日、長男が「YAC伊豆大島スペースキャンプ2016・春」から帰ってきました。

YACの正式名は、公益財団法人日本宇宙少年団。
21世紀の宇宙時代を担う人間として、常に探究心と向上心を身につけることを誓う団体で、宇宙に関する教育イベントを通年で企画しています。

今回は、「伊豆大島でロケットを打ち上げよう!」と講習を受けモデルロケットを打ち上げるという企画で参加は中学生以上でした。

IMG_1914
伊豆大島の裏砂漠で打ち上げの様子

image
お土産に体験で絞った椿油を持ち帰りました

image
刺激を受けて3歳の三男がロケット?


コメントをして足跡を残す

歩けあるけに参加しました。
長女は10回目参加の記念メダルをいただきました。
100回目、325回目のかたの表彰もありました。月に一度の開催なので、何十年も参加されている‼︎素晴らしいです。

image
image
image
image
途中、うぐいすの鳴き声や川のせせらぎに癒され楽しい散歩道でした。

コメントをして足跡を残す

3月1日からの3日間、「病児保育室よつば」に三男(3歳児)がはじめてお世話になりました。

病児保育室は8時から開所しているため8時に電話をすると、初日は医師の診断結果が記入された利用連絡書が必要になるため併設のクリニック受付で病児保育を使いたいと伝えてくださいということでした。
クリニックは9時からですが、8時50分から受付をしているということもお聞きして、主人が三男を連れて出発しました。
病児保育室への持ち物は、着替え、バスタオル、おむつ、タオル、お弁当、おやつ、健康保険証の写し、子ども医療証の写し。

image
image
image
お迎えに行くと、中は数部屋に分かれていて、インフルエンザのお子様たちとは別室で過ごしていました。
着ているシャツには、ビニールテープで「そば」と書いて貼ってありました。
三男はそばのアレルギーがあります。

朝持たせたおやつは、10時と3時に分けて食べたようで、お弁当も完食。お昼寝もしっかりした様子で処方された内服薬も飲ませていただいていました。
熱がまだ下がっていなかったため、翌日の予約希望を伝えると、ちょうどキャンセルが出たところでお願いできました。

二日目・三日目には、クリニック院長の回診もありました。
苦手なピーマンを食べるよう促してくださったり、トイレの誘導もしてくださって紙パンツを汚さずでした。熱を出した子どもを預けることには後ろめたさもありましたが、本当によく見ていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。

よつば病児保育室は、名古屋市と長久手市のお子さん(生後6ヶ月〜小学3年生まで)を受け入れています。
長久手の基準では、普段の生活が、認可・無認可の保育園、幼稚園、小学校のお子さんはもちろん、自宅で保育しているお子さんでも一時預かりをしていただけます。
定員は9名です。

長久手市の病児保育の案内ページ

病児保育室よつばのページ


コメントをして足跡を残す

今日は三男の3歳児検診でした。

数年ぶりで、聞かれることも家でしてくることも、いろいろ変わっていました。

家庭では、問診票3枚の記入と、耳の聞こえの検査、視力検査をし結果を検査の際に提出しました。
耳の聞こえの検査は指こすりの音、ささやき声のチェックをしました。
普段大きな声で話していて、ささやくのも久しぶり?でした。
小さな声で絵の名前を言ったのを聞いて、子どもが絵を指差すテストです。
三男は、一回目。絵の中の馬を馬だとわからなかったので2回検査しました。

image
午後1時〜の受付で、ちょうど1時頃に行って受付すると、待合の部屋には20組以上の親子が保健センターの方の用意した絵本を読んで待っていました。
待っている間に10冊以上のんびりと本を読んであげられて良かったです。
「ひとりでうんちできるかな」の本で、ことりのピィちゃんや、ねこのみけがウンチをしているのに、こいぬのコロはオシッコだけのところが気に入ったようでした。

5102SH2K2ZL._SY416_BO1,204,203,200_
「りんご」の本では、美味しそうなあかいりんご、きいろいりんご、ピンクのりんごに釘付けでした。(帰りのスーパーであかいりんご、きいろいりんごを見つけ、喜んでいました。)

51n7vWB4xNL._SY498_BO1,204,203,200_
今日は検診のため保育所へお昼過ぎに迎えに行きました。普段はお昼寝スタートの時間。
ちょっとふわふわして、いつも以上に甘えん坊でしたが、なんとか最後まで検査ができてホッとしました。

image 今日のお弁当とおやつ

19,066歩

コメントをして足跡を残す