自治基本条例検討委員会の名称が「自治KEN」に前回の会議で決まり、今回は『自治基本条例の意義・役割って何?』がテーマでした。

まず、昨年、自治基本条例策定に向け市内の地縁団体110団体と市民活動・ボランティア団体272団体を対象としたアンケートの結果を16の項目について説明を受けました。

こちらのアンケート回収率は55.8%です。(回答213団体)

(((アンケート結果の一部)))

自治基本条例に定めるべき項目として期待されるものは、
・まちづくりの方向性や将来像
・良好な地域コミュニティの形成
・市民と行政による協働のまちづくり

説明の後は、「まちづくり協議会」と「防犯で安心安全なまちづくり」の取り組みについて紹介がありました。

それから、7つのグループに分かれ、グループごとに「市役所など行政」、「自治会など地縁団体」、「NPOなど市民活動団体」、「議会」になりきり、それぞれの立場での自治基本条例の意義と役割を話し合いました。

img_7264

参加した「NPOなど市民活動団体」なりきりのチームでは、
まちづくりの方向性が決まることが大切で、首長の交代でまちづくりの方向性が変わらないなど総合計画策定の根拠になれば、長久手市のなりたい街の姿にあう市民団体は将来にわたって活動を継続できるのではないかといった話をしました。
愛街精神!街を愛し、街で一緒に成長しよう!
この言葉、造語かもしれませんが、素敵な言葉だと思いました。


「議会」なりきりのグループは1つだった上、グループへ役を振る際に「一番難しい」と言っていたので、役になりきりにくかったのではないかと思ってしまいましたが、グループで40分位なりきっていただいたことで「議会」について当事者意識で考えていただけたので、出てきた意見に前向きなものもあり気づきがありました。

3回目ですが、一人一人の委員の方が意見を出し合え、その内容も前向きな意見が多く、初めて話す方の得意なことや性格が見える上、みんな長久手が好きなんだなぁと感じるいい会です。

コメントをして足跡を残す

20日ぶり、2回目の自治基本条例検討委員回が開かれました。

「ふつう1回目は参加者が多いけれど、2回目はこっそり減るんですが・・・。」と。
参加者を数えると前回43人→今回43人。

前回十分に時間をとって、アイスブレイクをした効用か?会のはじめから笑顔の方が多かったです。
前回のレポートは、写真に笑顔があふれ、内容はとてもわかりやすいものでした。

img_6981

今回は、前回7つのグループから会の名称として提案されたものについて、投票と話し合いで名称を決めました。
投票の方法も良かったです。

・一人一人に3つのシールが渡され、会の名称「いいなぁ」と思う「きもちの重さ」に応じて1つでも3つでも名称の書かれたシートに貼っていきました。


結果からさらに、話し合い、言いたいことを出し尽くし、決定した名前は『自治KEN』
理由は主に
・自治を話し合うということで「自治」の語は外せない。
・KENには研究の研、憲法の憲、自治検討の検、権利の権、健全の健…などを含み。
・呼びやすい!わかりやすい!シンプル!

参加者みんなで考え、ほどほど納得して、きもちよく名前を受け入れました。
ここまでの時間がおよそ30分強!すばらしい!

img_6989 img_6987

名前が決まった後は、
「長久手ってどんなまち?」から「こんなまちになったらいいな!」を日曜日から土曜日までの7つのグループで話し合い、発表をして、それぞれのグループの「こんなまちになったらいいな!」を川柳やイラストで発表しました。


ブレスト(ブレーンストーミング(brainstorming))手法で行われました。
成功のコツは
1.質より量。1枚より2枚。
2.笑いと奇抜さを重視。
3.相乗り、横乗り、大歓迎。…妖怪ウォッチのように組み合わせの妙もOK!

今回の話し合い、発表の結果は、12月20日第5回の開催時に条例の前文の素材として大切にしたいというお話でした。



次回
第3回の開催は、10月31日(月)19:00〜21:30西小校区共生ステーション


今回、市民ということで参加させていただき、自己紹介で「りんご狩りに行きたいな」と言ったら、長野のフルーツガーデン北沢を紹介していただきました。
なんと、りんごの木の下でバーベキューもできるようです!
いいところを教えていただきました

コメントをして足跡を残す

お天気が良くいつもより早く市役所へ到着したので、西庁舎1階の喫茶店ではじめてモーニング!
のんびり出来ないたちで、サクッと食べ次に向かいましたが、贅沢な時間でした。
(家で朝食を食べているのカロリーオーバーです)

img_6508

9時から定例教育委員会を傍聴させていただきました。
教育委員長の挨拶の中で、秋の行事が続いているが出席する際は、子どもたちの様子、役員の活躍を現場確認できる機会と捉えているとお話でした。

img_6509

トップの強い思いで物事は進むが、担当する人によって事業が大きく左右するようでは困るので研修が必要、先を見越した行政を行い、丁寧な仕事を重ね、検証し、生かしていく。一連のことを作業として捉えず、一人一人が当事者として責任を取っていく必要があるというお話をきき、どんな仕事でも同じ姿勢が必要だなぁと改めて思いました。

「平成27年度教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価の結果に関する報告書」では、評価委員2名の方の評価では、「教育(特別支援教育においても)は子ども達を社会に送り出すためのものである」という視点、「現行制度の改変により専門家として取り組むべき」ということが一貫して意見されていました。この評価に真摯に向き合うには覚悟必要だろうと思います。


前回の委員会で問題として上がった、不明本対策としては蔵書点検をした結果、9月末で10冊不明ということでした。
早速、図書館内に不明本としてタイトル表示をし、昨年不明本の多かった人気作家の単行本、文庫本の棚にも注意表示をして対応したそうです。
委員からは人気本は人目のつく場所へ配置換えや職員巡視中の表示など提案がありました。

2階ギャラリーでの展示紹介の方法について質問があり、図書館主催のものは広報するが、貸し部屋なので貸している際の個別案件については周知していないということでした。
貸し部屋として、2階のAVルーム(4時間2,720円〜)、ギャラリースペース(午前9時~午後5時3,140円)で市内在住・在勤・在学の方が利用できます!
詳しくはこちら→

給食センターの報告では、台風の影響で先週は人参、今週に入って三つ葉が手に入れるのが大変だったとお話でした。
確かにスーパーでも1本100円の人参に、手も目もフリーズしました。
11月18日(金)10:30〜12:15の給食見学試食会はシニア対象(市内在住・在勤・在学者で食育などに関心を持っている満60歳以上 の人とその介護者)を初の試みとして行うそうです。

健康づくり推進のための体成分分析装置(平成27年度購入¥759,348)の利用について、教育委員会内では「あんなに高いものを買ったんだからみんなの使えるところに置いて、どんどん使ったらいい」という意見が多数でした。
先日9月27日の地域保健対策推進協議会で健康推進課からの説明では「参加者から好評なので測定会を継続し装置を増やしたい」といった内容や「購入時に保健師が説明を受けたので、マニュアルはないが測定結果にアドバイスをし、半年間隔で受けることをすすめて使っていく。測定と結果に保健師のアドバイスはセット」という説明には縦割り感を感じました。

img_6511

市役所北側では、事務量増加、職員数増加による会議室不足に対応するため軽量鉄骨プレハブ造2階建の建設準備で働くクルマがにぎやかです。(平成28年度予算1,188万円)

完成は12月31日予定です。
1階部分には食堂、会議室3つ、倉庫、車庫。2階には会議室5つ、倉庫。
食堂と説明を受けましたが、休憩室といった感じのものでポットや電子レンジを置いた部屋に仕上がります。

img_6521

Nバスで遠足かな?可愛い人たちの列が動いていきました。

コメントをして足跡を残す

第1回長久手市自治基本条例検討委員会を傍聴させていただきました‼︎

びっくりマークを付けたくなる楽しい委員会でした。
自治基本条例は、市民、市長、行政、議会などがどのような役割と責任を持つのかという、まちづくりの基本ルールを明文化したものです。
それぞれの自治体ごとに特色があって、読み比べると、その街が何を大切にしていきたいのか、未来に向かってどう進みたいのかが楽しいです。

長久手市では、これからの1年半、平成30年4月交付施行を目指して7回の検討委員会、ワークショップ、パブリックコメントなどを開催します。

「今回の委員会は市民、自治会連合会、市役所職員の55名が委員です。」
夜7時スタートで9時半までと長時間でしたが、ファシリテーターのアイスブレイク(ときほぐし)によって、ほぐれた笑顔になりとても良い雰囲気の委員会でした。

img_6263

「傾聴」のの字のお話しが面白かったです。
聞くは音を物理的に聞くこと(自然に耳に入る)だけど、聴くはしっかり内容を理解しようとして注意して聴くことで、聴くの字には「耳」、「心」そして「目」が字をカタチ作っていいるので、目で見て、耳で入れ、心に刻むこと…これが傾聴ですとお話しでした。

委員の方から出た条例に期待するものとして、「友達作り」「出会い」「支え合い助け合い」「長久手を知りたい」「まちづくり協議会」「行政と市民の関係」などが参加者全員からそれぞれ出されました。
7つのグループに別れてからは、この委員会の呼び名をそれぞれのグループで提案する課題が出されましたが、どのグループからもセンスのいい明るいものが出ていました。次回名前が誕生するようです。



次回以降も楽しみです。

コメントをして足跡を残す

朝は、地域でお世話になっている方と小1時間お茶の時間を過ごしました。
忙しくなるほどに、物事を一人で片付ける方向へ向かいがちな自分に気づかせていただきました。

10時からは議会運営委員会で、8月31日に始まる9月議会への提出議案が提出されました。
決算9件、予算3件、条例1件、契約1件、その他1件、同意案1件の16議案です。

明日、議案説明会で詳細の説明を受けます。

その他、11月開催の議会報告会の広報の仕方、開催にあたっての合理的配慮の必要性、お子様連れ参加の方への配慮について話し合いました。

また、一般質問のパネル使用について、議事進行上の問題や手元でパネルを見せるだけでは、内容が伝わらない部分があることなどの指摘があり、今までルールが無かったけれどルールが必要ではないかということで、前日正午までに使用するものを事務局へ提出することになりました。
これにより一般質問当日は、傍聴者の方、執行部職員、議員の手元に資料として用意されます。
私は、一般質問で声のやり取りだけでは伝わらない部分で理解を求めるのに有効だと考え使用してきました。今回のルールにより、長久手の一般質問の持つ一問一答方式がよりスムーズになると期待しています。
今回、議会運営委員会の話し合いの中で、パネル使用の問題点として「これ!」では、議事録に残らないという部分、写真などを用いた場合の議事録への残し方への課題を感じました。

午後は、平成28年度第1回障がい者自立支援協議会を傍聴させていただきました。
あいさつの中で、相模原の事件についてのお話がありました。
帰ってから野田聖子さんの記事も読み、大人(建前の大切さ)、社会の成熟について改めて考えました。

各専門部会では、ながふく障がい者プラン(第3次長久手市障害者基本計画・長久手市第4期障がい福祉計画)の重点施策をそれぞれ受け持っていますが、それぞれの部会の取り組みの様子がわかりました。

ながふく障がい者プランの計画が一歩ずつ実現することが、すべての市民が安心して暮らすことにつながると思います。

ゴーヤの佃煮を作りました。
熱湯で茹で、ザルに上げてから砂糖、醤油、お酢を合わせたものに入れて水分が飛ぶまで煮ます。最後に鰹節、ごまを合わせたものです。


 

コメントをして足跡を残す