長久手市議会、総務委員会を傍聴しました。



議案17号「長久手市みんなでつくるまち条例」の審議中にお昼休みをはさみ15時過ぎまで審議されました。

山田けんたろう議員が副委員長を務めています。山田けんたろう議員が第21条の部分を質問し、市長が答弁しましたので、紹介します。私がメモしたものですが長文です。

(けんたろう議員)条例検証の組織には、どういった人間が関わっていくのか?

(経営企画課課長)人数はともかくとして、まずは有識者、条例検討委員会の市民、公募市民に入っていただくことを考えている。

(市長)まったくこのまちは、市民参加、市民主体でいろんなことをやってこなかった。「条例をつくるなら、自分たちで作れ」と「市民に一緒に作ってもらえ」とずっと言ってきまして、で、ここまできたわけです。私もそこに参加していかなきゃいけないし、議員さんも個人として参加していただいて、一緒に作っていく練習をしているところなんですね。おおざっぱに歌があったでしょう。前文の前の歌にほとんど大まかに書いてあるから、これでいいじゃないかという話をしていたんだけど、条例ということだとここまで書かなきゃいけないということでここまできている。今、試行錯誤しながら一生懸命やっている。私が「まち全体を職場にせい」と言うことも私が言った。・・・災害が起きたときこのままではやっていけないだろうと思っている。市民の皆さんに参加してもらって、それが上手くできないんだけど、一緒に作っていくような仕組みを作る段階ではないかと思っている。みなさんがた(議員?)もどう参加していいのかもわかってみえないと思う。私もそうです。で、「※2年か3年伸ばしたらどうだ(この一文は答弁訂正)」と言ったんだけど、なんか約束したことがあるからということなので、大筋のところをわかっていただいて一緒にやっていただいたらいいんじゃないかと思います、それでもダメなら5年後とか…」

※答弁訂正の内容
条例が根付く(?)のに2年3年かかるという意味でお話ししました。今後条例を育てるということで、多くの市民から多様な意見をいただき…。


😊傍聴していて、いろいろな部分で、頭の中に?が湧いてきました。( )内が私の意見です。

・このまちは、市民参加、市民主体でいろんなことをやってこなかった。(え?)
・議員さんも個人として参加。(個人?)
・前文の前の歌にほとんど大まかに書いてあるから、これでいいじゃないか。(誰が条例を作りたかったのか?)
・私(市長)が「まち全体を職場にせい」と言うことも言った。(市民からの意見ではなく、市長の言葉だった→それなら第9条の職員の役割と責務は、服務の原則 上司の職務命令にあたるのだろうか)
・今後条例を育てる。(完成形ではないのか)

この条例については
本会議2日目の質疑
一般質問で取り上げました。

議案第17号「長久手市みんなでつくるまち条例」条例文

第21条 市民及び市は、5年を超えない期間ごとに、この条例に沿ってまちづくりが 行われているかについて、社会情勢及びまちづくりの推進状況を踏まえ、検証します。

2 市は、前項の検証の結果、必要と認めるときは、適切な措置を行います。

 


継続審査の道義が出ましたが、賛成少数。
反対討論、賛成討論があり、総務委員会では賛成多数で可決しました。


今日は市民の方5名の傍聴者がいらっしゃいました。

コメントをして足跡を残す

長久手市男女共同参画審議会を傍聴させていただきました。

愛知淑徳大学 中島美幸先生の歯切れの良いお話しと進行で活発な意見交換がされていました。


ながくて市民まつり用に市の職員さんが手作りされた「カルタ」に委員の方々大絶賛でした。委員の方からは「売って欲しい」「道徳の授業で使ったら」…と意見もありました。

可愛い絵です💕

パパクォーター制を導入している🇸🇪スウェーデン大使館が巡回写真展2017-2018 「スウェーデンのパパたち」 で愛知県には5月可児市、7月名古屋市中区に来るそうです。


長久手市の会議開催のお知らせはこちら(公開・非公開は会議によって違います)

コメントをして足跡を残す

犬山市議会で初の取り組みとなる「市民フリースピーチ」を傍聴させていただきました。


傍聴席には犬山市長もいらっしゃっていて、満席でした。

今回は応募の中から7名の方が登壇し、お一人5分の時間でフリースピーチが行われました。

開会にあたりビアンキ・アンソニー議長からの挨拶がありました。(記憶の限りです)

「民主主義において市民は市民を代表する議会に発言する権利があるが、その場があまりない。今回、議場で行うのが最適である。議場は民主主義の原点だからです。市民の権利の裏に義務がある。例えば投票権があるから投票する義務がある。無関心は民主主義の最大の敵である。意見を言う権利があればそれを活用する必要がある。
今日は市民の発言が中心となります。議員から短いコメントや確認する時間を受けますが短い時間です。なぜなら、今の段階で議員は一人一人自分の意見しか述べないからです。今日は、議会として発言を受け止めて、全員協議会の場で議員間討議で対応を協議します。対応はケースバイケースですが、対応します。いただいた意見は真摯に受け止める事を約束します。
投票数が下がっている、政治に不審を感じている、議会の必要性が問われている、無関心が広がっている時代に市民フリーチは大事な活動だと私は信じています。」

7名の市民のスピーチは、「犬山愛の溢れる提案」から「ダンベルで高齢者の健康寿命を延ばす提案」など面白い提案あり、タメになる提案ありでした。
時間はきっかりで、議員からの質問の時間を含めても全部で1時間かかりませんでした。きちんと時間を守り精査されたスピーチでとても密度が濃いものでした。

素敵な取り組みです‼︎


玄関ホールの立派なお雛様


1階には赤ちゃんの駅

コメントをして足跡を残す

午後、平成29年度第2回長久手市中央図書館運営協議会を傍聴させていただきました。


非公開で3回開かれた長久手市中央図書館管理運営検討委員会からの答申を受け、結論として示された「本市の図書館では直営がふさわしいと考える」の部分は全委員が賛成でした。
これまで協議会で扱われた資料や視察結果などを注記として示し、教育委員会の会議に提出されます。

「第2次長久手市子ども読書活動推進計画(素案)」については、先週2月13日に策定委員会で出された意見などが反映され、現状値と目標値が示され計画の目指す先がわかりやすくなっていました。

第1次の成果を受け、幼児期保護者への周知中高生の読書離れなどが新しいキーワードとして登場したことを確認していました。

司書が選定した良質な図書の、良質とは?

共生ステーションで図書の貸し出しができるようにしたらどうか?

学校教諭と司書さんとの時間の確保の必要性と学校現場の多忙化の現状

などで委員から意見がありました。

また、デジタルコンテンツ、他施設との連携など、第2次で記載のない部分は第3次に盛り込んでいくこと内容になるだろうとのことでした。

先日、西小校区共生ステーション運営委員会では、寄贈図書の扱いなどが決まり、サポートクラブという名のボランティアで図書の管理などをしていくことを確認しました。
各施設がそれぞれの施設の中で話し合いが進んでいるので、中央図書館が音頭をとっていくのであれば橋渡し(意見交換時間)が幼稚園、保育園、学校、児童館でも大切なんだろうと思います。



木に登る仕事‼︎の本を借りました(o^^o)

無機物でなく、命ある一枝一枝に自分を預けながらの作業、雑草を除草したことで植栽がジワジワと枯れていく様子。それに匂いの記憶が度々出てきますが、何か嗅いだことの無い香りまで風にのってきそうな本です。

コメントをして足跡を残す

第2次長久手市子ども読書活動推進計画第2回策定委員会を傍聴させていただきました。




前回の議事録ほか

コメントをして足跡を残す