教育福祉委員会に付託された議案は5件。

議案審議後、2件(いじめ防止対策の現状について、がん対策について)の所管事務調査が行われました。

平成28年度、いじめの認知件数は小学校121件、中学校202件。

設明の中で「深刻ないじめはない」という説明に対し、議員から「深刻とは?」と説明を求めたところ、「深刻とは、長久手市いじめ防止基本方針
の重大事案だとの説明でした。

「不登校や孤立は深刻ではないのか?」といった議員からの意見が続いたあとになって、「いじめはいじめだと感じる人がいればどの案件も深刻なことだ」といった説明が出てきました。

初めからそのような説明にならないものかなぁと思いました。
不登校の例一つを取っても、不登校となった本人の気持ち、急にお友達が来なくなってしまったクラスメートの気持ち、まわりで生活を共にする家族の気持ち、離れた祖父母の気持ち…。どの気持ち一つも深刻だと思う。
その気持ちを正面から受け止めないで、解決はないと思う。



夜は、だれもが集える中央図書館の子ども食堂へ。
野菜たっぷりの豚汁、色とりどり野菜の天ぷら…クリスマスケーキまで、ご馳走さまでした。
ママ友さんがお子さんをおんぶしてお手伝いされていて、本当に頭が下がりました。

毎月第2水曜日の夕方〜7時閉店です。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。