キッズキッチンインストラクター講座2日目。
今日は子どもたちの料理を見守りながら、サポートに入りました。

身長や学年、性別はグループ分けで知っていましたが、一人ひとりを迎えると性格や経験値が違い、人参🥕をピーラーで薄いリボンのようにする作業一つを見守るにしても、かける声やタイミングが違うんだと実感しました。


4歳から10歳の子どもたちで一汁ニ菜を作りました(^-^)


卵アレルギー対応の代替マヨネーズ

本:もっとひろがる国産米粉クッキングから


卵と小麦粉のミックスの代替に便利なひよこ豆の粉(ペサン)

片付けの後には、アレルギー対応について、代替食の用意なども教えていただきました。

アレルギーは口から食べることによるもの以外にも、皮膚から体内に入ることでの危険性についてもお話しがありました。ちょうど6月議会の一般質問で取り上げた内容もありました。

とにかく、イベント当日までにアレルギーの有無、程度を十分に保護者の方から情報をいただくことが大切です。

子どもに基本をきちんと教えるために必要なことと不必要なこと、もしもに備えた下準備のひと工夫などたくさん教えていただきました。


神戸の中央市場、魚市場内のキッチンスタジオがあります。お昼はお隣の海鮮丼屋さん、赤だし付き691円。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。