子ども会で『香道』の文化講座を開催しました。

先生は‼︎香道家元若宗匠の蜂谷宗苾(そうひつ)氏にお稽古していただきました。

香道の歴史からお道具、作法と子ども会では難しい内容かと心配していましたが、子どもたちは真剣な表情で学んでいました。


〈紫のさくら〉

巾着の紐を桜、朝顔、桔梗、蓮などにかたちづくる花結びも楽しく教わりました。


最後に『三種香』という香り当てをしました。

香炉が順にまわってきて、三つの香りが同じか違うかで五つの答えの可能性があります。たと三つの香りが違うなら「緑樹の林」これを棒三本【|||】で表すといった具合です。


温かい香炉から立つ香りを三種順に聞きました。

(香道では、香りを嗅ぐとかではなく、香りを聞くというそうです。こころの耳で香りと話す…)

ほとんどの子どもたちが正解しました。

子どもたちと一緒に初めての経験で楽しかったです。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。