今日は、こどもファームで田植えをしました。
我が家の子どもたちは保育園の年長さんで体験しているので2度目ですが、私は初めて(^^)。
小学生のころ通学路に田んぼがあったので、機械植えの様子は実際に見たことがあったのですが、手で植えるところは見たことがありませんでした。

はじめにファームのサポート隊の方から植え方を説明されました。
『苗は3から4本まとめて、人差し指と中指で根を守るようにはさんでつかみ、第2関節くらいまで泥に指を入れて植える。』

せっかく教わったのに、裸足で泥に入ると子どもたちは泥にばかり夢中になって3本が1本になったり、根を守らずに押し込んだりでしたが、その横を上級生や大人がフォローして、なんとか田植えを無事終了しました。
泥に裸足で入るのも初でしたが、楽しかったです。地上のように足がすっと持ち上がらないので、長女を含めしりもちをつく人も転ぶ人も…。

手前2枚がファームの田んぼ(田植え後)


植えたのはもち米です。この2枚の田んぼで30キロくらいの収穫だそうです。

近くで見ると(田植え後)

しりもちをついた後の長女の背中

こども塾に戻ってから泥を流し、サポート隊の方が用意してくださったお米をついて五平餅を作りました。
味噌にはピーナッツとクルミも入って香ばしく美味しかったです。

特製の味噌だれと五平餅

お餅に大小あるのは子どもたちで作ったからです。道の駅などで見かけても頭の中のイメージではもろキュウのごはんバージョンのような気がしてあまり気が乗らず買ったことがなかったのですが、ちょっと焦げたところもカリッとして本当にとっても美味しかったです。ほかのお父さんが『五平餅が意外に簡単そうで家でも作ってみようかと思いました』と感想を話していましたが、バーベキューで五平餅作りも楽しそうだなあと思いました。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。