尾張旭市長久手市衛生組合議会で全員協議会ぎ開かれました。


し尿処理、浄化槽汚泥の処理施設として、香流苑(昭和50年供用開始)と昭和苑(昭和55年供用開始)の2施設があり、1日の処理能力は合わせて120KLです。

下水道が整備され、1日の処理量は58KLほどと処理能力の50%量になっています。

解散時期は未定ですが、解散準備として財産処分の検討、資産調査を行なっています。


今年度は昭和苑の資産調査が行われます。

#長久手 #香流苑

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。