岐阜でお正月の花のない時期に、お餅を使って木の枝を飾る花餅(はなもち)作りに家族で参加しました。

本来は、飾ったあとに焼いて食べるそうですが、今回は白、赤、青、黄色の紙粘土を使いヒノキの台座に笹の枝をさし、飾りました。


紙粘土は
赤と黄色を混ぜて・・・オレンジ!
青と黄色で・・・みどり!
赤と白で・・・ピンク!

と色とりどりな飾りになりました。
混ぜすぎて、茶色の塊も・・・。


ワラを使った米俵、どんぐりを使ったトトロも可愛く出来上がりました。


旭高原少年自然の家の見本作品

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。